バックテストのやり方・その2~ヒストリカルデータのダウンロード~

MT4の設定

それでは、バックテストをする為のMT4の設定していきます。

まずは使わないウィンドウを閉じていきます。

  • 気配値表示
  • ターミナル
  • チャート

上記のウィンドウが開いている場合、「×」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

 

MT4がスッキリしましたね。

 

MT4画面の左上にある、「ツール」⇒「オプション」とクリックします。

 

「チャート」タブをクリックします。

「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」に「9999999999999999」と入力します。(「9」が入力できなくなるまで入力します)

そうして、「OK」ボタンをクリックします。

 

再度、「ツール」⇒「オプション」⇒「チャート」をクリックします。

「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」に「2147483647」と表示されていればOKです。

 

「ツール」⇒「オプション」⇒「エキスパートアドバイザ」をクリックします。

  • 自動売買を許可する
  • DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)
  • WebRequestを許可するURLリスト:

こちらの3つにチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

左上の「ファイル」⇒「データフォルダ」クリックします。

 

「history」⇒「FXDD-MT4 Demo Server」とクリックします。

 

「.hst」の拡張子の付いているファイルを右クリックして「削除」します。

 

データフォルダタブの右上の「×」ボタンをクリックしウィンドウを閉じます。

 

MT4の右上「×」ボタンをクリックして一度MT4を閉じてください。 そして、再度、MT4を起動させます。

以上でMT4の設定は終了です。

 

ヒストリカルデータとは

「ヒストリカルデータ」とは、為替レートの過去のデータのことを示します。

MT4はヒストリカルデータを使ってバックテストをすることができます。しかし、MT4の初期状態はバックテストをする為の為替データが少ししか入っていません。

その為、長期間のヒストリカルデータを新たにMT4へ読み込ませる必要があります。

 

ヒストリカルデータのダウンロード

FXDDのこちらのページからヒストリカルデータをダウンロードします。

赤枠がダウンロードできるヒストリカルデータです。 FXDDでは21種類の通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードできます。

 

バックテストしたい「通貨ペア」を選択します。 今回は「EUR/USD」を選択し、ダウンロードします。 ZIPファイルが開きますので、「名前を付けて保存」をクリックします。

 

分かりやすいように、デスクトップに保存します。

 

ZIPファイルがデスクトップに保存されました。

 

ダウンロードしたZIPファイルをダブルクリックして解凍します。 もしくは、ZIPファイルの上で、右クリックし「解凍」⇒「デスクトップに解凍」をクリックします。

 

「EURUSD.hst」ファイルが解凍されていればOKです。

 

以上で、ヒストリカルデータのダウンロードが完了です。

「hstファイル」には、過去数年間分の「1分足の4本値データ」が入っています。

4本値データとは「始値、高値、安値、終値」のことを示します。 FXDDのhstファイルは通貨ペアによって違いますが、「2005年~現在まで」 「2007年~現在まで」 のデータが入っています。

 

ヒストリカルデータのインポート

ヒストリカルデータのダウンロードが完了したら、MT4でヒストリカルデータを使える状態にします。

MT4画面の左上にある「ツール」⇒「ヒストリーセンター」とクリックします。

 

ヒストリーセンターのタブが開きますので、「EURUSD」⇒「1分足」とダブルクリックします。

MT4の初期状態では1分足で、3日分ほどのデータしかありません。 そこで、先ほどFXDDからダウンロードしたヒストリカルデータを読み込ませますので、「インポート」をクリックします。

 

インポートのタブが開きますので、右上の「参照」をクリックします。

 

右下の「ALL Files」を選択し、「EURUSD」ファイルをダブルクリックします。

 

「EURUSD.hst」ファイルをクリックし、「開く」をクリックします。

 

これで2005年~現在までの「EURUSDの過去データ」を読み込みました。 そうして、「OK」ボタンをクリックします。

 

右側のスクロールバーを動かしてデータがしっかり入っていることを確認し、「閉じる」をクリックします。

 

MT4の右上「×」ボタンをクリックして一度MT4を閉じてください。

その後、再度MT4を起動させます。

以上でヒストリカルデータのインポートが完了しました。

 

まとめ

今回まででMT4の設定と長期間のヒストリカルデータの準備ができました。

しかし、ヒストリカルデータはまだ1分足のデータまでしかありません。そのため、次回はバックテストに必要な各時間足の生成をします。

バックテストを行えるようになるまでもう一息ですので、がんばりましょう!