EAのバックテストレポートの見方・その7~まとめ~

おさらい

バックテストポートの見方について6回に渡り、ポイントを解説してまいりました。

バックテストの結果から確認できることは、

  • 定められた期間のなかで
  • EAがどのようなトレードをして
  • 損失や利益になったか

です。

EAを稼働させる前に、しっかりバックテストの結果を確認するようにしましょう。

 

バックテストレポートの見方

それでは、あらためて実際のバックテストレポートを使って、見るべきポイントを確認していきましょう。

  • 通貨ペア:EURUSD

 バックテストに使用した通貨ペア

  • 時間軸:1時間足

 バックテストに使用した時間軸

  • 期間:2005年1月~2018年4月(13年4か月)

 バックテストした期間
 バックテストの目安は10年以上が望ましいです

  • ロット:0.13

 運用ロットが0.13ロット

  • スプレッド:1.5pips

 バックテストで設定したスプレッド
 スプレッド1は0.1pipsを表します
 スプレッドの差で成績は大きく変わりますので、現実的な数値であるかを確認しましょう

  • 純益:11,744.55($)

 バックテストした期間の中でトータルの利益

  • プロフィットファクター:1.38

 一般的には、1.0~2.0前後が理想的な数値といわれています

  • 総取引数:2,032回

 バックテスト期間中にトレードした回数で、総取引数が多いほど信頼性は上がります
 目安は1,000回以上(大数の法則により)

  • 最大ドローダウン:934.41($)

 バックテスト期間において一番資金が減った額

  • リカバリーファクター:12.56

 リカバリーファクター = 純利益 ÷ 最大ドローダウン
 損失に対してどれくらいの利益が期待できるかを示す指標
 数値が高いほど損失に対する利益が大きくなります

  • 勝率:66.39%

 総取引数における勝ちトレードの割合

  • 平均勝トレード:31.55($)

 勝ちトレードの平均利益額

  • 平均敗トレード:-45.12($)

 負けトレードの平均損失額

  • リスクリワードレシオ:0.69

 リスクリワードレシオ = 平均利益 ÷ 平均損失
 リスクリワードレシオを確認することで、「損小利大」「損大利小」といったタイプが判断できます
 勝率との関係性を見て、期待値のあるEAかどうかを判断します

 

ポートフォリオと運用ロット

EAの自動売買はポートフォリオを組むことで安定度が増していきます。

運用ロットを誤ればどんなに優秀なEAでも破綻してしまいます。
運用ルールをお持ちでない方や決まらない方は、こちらを参考に運用ルールを決めてみましょう。

運用ロットに関しては慎重すぎるぐらいが丁度良いです。
決してギャンブルにならないよう、しっかり資金管理を心がけましょう。

 

まとめ

EAを稼働する前には、必ずバックテストレポートを確認するようにしましょう。
バックテストの結果から得られるEAの特徴や性能を把握することが非常に大切です。

EA-BANKの全EAはすべてにバックテストレポートが掲載されていますので、オリジナルのポートフォリオに挑戦してみてください!

EA一覧