モーニングレポート 2022.5.16

米経済指標の悪化でドル軟調
為替相場では、ドルインデックスが下落して引けています。米国債利回りは上昇したものの、ミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を大幅に下回る結果となったことなどを背景に、ドル売り圧力が強まる展開となっています。対ユーロや対ポンドでのドル買いに対する調整の動きが意識され、ドルは上値を抑えられています。ユーロ/ドルは1.04ドル台を回復する動きとなり、ポンド/ドルは1.22ドル台中盤での推移となりました。また、オセアニア通貨に対してもドルは売り優勢の展開となりました。円は軟調地合。ドルインデックスは下落しましたが、ドル/円はここまでの下落に対する調整の動きにより129円台を回復、底堅い動きが展開されました。また、クロス円も買い優勢の流れとなっており、ユーロ/円は134円台半ば、ポンド/円は158円台前半までの持ち直しとなりました。特にポンド/円は2円近い上げ幅となっています。

モーニングレポート 2022.5.13

米株不調を背景に、円買い圧力強まる
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を強める展開となっています。米国債利回りは低下していますが、リスク回避的な動きがくすぶる中で安全資産としての買いや、利上げ加速に対する思惑などから上値を拡大する展開となっています。ユーロ/ドルは1.04ドルを割り込む展開となるなど下値を拡大する展開となっています。ポンド/ドルも1.22ドルを割り込んでの推移であり、対円を除きドル買い意欲が強まる流れとなっています。円は堅調地合いでの推移。ドル/円が128円台前半から中盤での動きとなるなど下値を拡大する展開となっています。リスク回避的な動きが意識れる中でここまでの円安の流れに対する修正の動きが強まり、円に対する買い戻し圧力が強まっています。クロス円も軟調地合いであり、ユーロ/円は133円台前半にまで押し込まれています。豪ドル/円も88円を挟んでの動きとなっており、売り優勢の流れとなっています。

モーニングレポート 2022.5.12

リスク回避による動きで、円買い優勢
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合いを維持。米消費者物価指数が市場予想を上回り、利上げ加速に対する思惑が強まっていることでドルに対する買いの流れが維持されています。ただ、大きな動きにはなっておらず、材料出尽くし感なども意識される局面となっています。ユーロ/ドルは一時1.05ドル台半ばまで上昇したものの、その後は抑えられて1.05ドル台前半での推移となっています。ポンド/ドルも一時上昇したものの、ドルの買い戻しの動きに抑えられて1.22ドル台半ばまで押し込まれました。円は全体的に堅調地合いでの推移。ドル/円が上値の重い展開から130円を割り込む動きとなっており、クロス円もつれ安となっています。欧州時間帯に一時上値を拡大する場面もありましたが、リスク回避的な動きが強まる中で円買い圧力が強まっています。クロス円も全般的に上値の重い展開となっており、豪ドル/円は一時90円を割り込む動きとなっています。

モーニングレポート 2022.5.11

思惑が錯綜、様子見ムード継続
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合いを維持。米国の金融引き締めに対する思惑などからドルに対する買い意欲は根強く、堅調地合いでの推移が継続しています。ただ、米CPIを控えて様子見ムードも強まっており、NY時間帯は大きな動きにはなっていません。ユーロ/ドルなどは1.05ドル台前半へと下落してきていますが、ポンド/ドルは1.23ドル台前半での動きであり、方向感の見えにくい状況となっています。円は全体的に小動き。ドル/円はドルインデックスの堅調などを眺めて堅調地合いとなりましたが、クロス円は株安を眺めてやや上値の重い展開となっています。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムード強まる展開となっています。ドル/円はNY時間帯に持ち直す動きを見せましたが、前営業日付近での動きが継続しました。ユーロ/円はやや上値の重い展開となりましたが、137円台前半での推移であり、大きな動きにはなっていません。

モーニングレポート 2022.5.10

調整の動き長引くも、円安一服か
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合い。米国債利回りは大幅低下となっていますが、全体的には調整の動きが意識される中で方向感の見えにくい展開となっています。前営業日終値を挟んでの動きであり、様子見ムードが強まっています。プーチン大統領が戦争を宣言しなかったことなどを受けてユーロなどが買われ、ユーロ/ドルが1.05ドル台半ばでの推移となる一方、オセアニア通貨などは調整の動きから上値を抑えられる展開となっています。円はまちまちでの推移。ドル/円が一時131円台を回復するなど円安基調となりましたが、米国債利回りの大幅低下などを背景にドルインデックスが上値を抑えられたことでドル/円の上値も抑えられました。ドル/円は130円台前半から中盤での推移となっています。ユーロ/円も一時138円を突破する動きとなりましたが、そこからは抑えられています。また、豪ドル/円は91円を割り込み90円台半ばまで下落する展開となりました。

モーニングレポート 2022.5.9

様子見ムード強まり、ドル買い円売りの流れ一服
為替相場では、ドルインデックスが小幅に下落。朝方はユーロに対する買い戻しの動きが意識される中でドル売り圧力が強まりました。しかし、米国債利回りが大幅上昇となる中でドル買いの流れに転じ、下げ幅を縮小しての引けとなりました。全体的に小動きとなりましたが、オセアニア通貨がやや売られる展開となり、豪ドル/ドルは0.71ドルを割り込んでの引けとなりました。円はまちまちでの推移。ドル/円は堅調地合いとなり130円台半ばまで上昇しています。米国の金融引き締めに対する思惑などから底堅い動きが展開されています。また、ドル/円の上昇を眺めてユーロ/円やポンド/円も底堅い動きが展開され、ポンド/円は161円台を回復しています。一方、豪ドル/円やNZドル/円などは上値を抑えられての引けとなっています。ただ、全体的には材料出尽くし感から様子見ムードが強まり方向感の見えにくい展開となりました。

モーニングレポート 2022.5.6

ドルインデックスは大幅上昇
為替相場では、ドルインデックスが大幅上昇。米国債利回りの上昇などを背景に、ドルに対する買い戻しの動きが強まっています。また、英国の金融政策やベイリー英中銀総裁の発言などを背景にポンドに対する売りの流れが強まり、ドルの下値を支える展開となりました。ポンド/ドルは1.23ドル台中盤まで押し込まれる展開となっています。また、ユーロ/ドルは1.05ドル台半ばでの推移となっています。一方、円はまちまちでの推移。ドル/円は大きく上昇して130円台を回復する動きとなっていますが、クロス円は方向感の見えにくい展開となっています。ドル/円の上昇が下値を支える一方、米株の大幅安を背景に円買い圧力を抑える展開となっています。ポンド/円は161円割れの水準まで押し込まれていますが、全体的にクロス円は大きな動きにはなっていません。

モーニングレポート 2022.5.5

ドルインデックスは大幅下落
為替相場では、ドルインデックスが大幅下落。米国の短期債利回りが大きく下落する展開となる中でドルに対する売りの流れが強まっています。ユーロ/ドルは1.06ドル台を、ポンド/ドルは1.26ドル台をそれぞれ回復しています。米国の金融引き締めに対する警戒感が後退したことでドルに対する調整売り圧力が強まっています。ドルは対主要通貨で独歩安となっています。円は対ドルで大きく買われる一方、米株の大幅上昇を眺めてクロス円は売られる展開となっています。ドル/円は一時129円を割り込む動きとなるなど大幅下落となって推移しています。目先は129円台を回復していますが、上値は重く129円台前半での推移となっています。一方、クロス円は全体的に底堅い動きで、特にオセアニア通貨に対する買いが意識されたことで豪ドル/円が1円以上の上昇となるなど上値を拡大する展開となっています。また、ユーロ/円が137円台、ポンド/円が163円台をそれぞれ回復しています。

モーニングレポート 2022.5.4

FOMCを控え、様子見ムードの中での調整
為替相場では、ドルインデックスが下落。米国債利回りの上値の重い展開が意識されドルは軟調地合いとなっています。また、FOMCを控えてドル買いに対する調整の動きも上値を抑える要因となっています。ただ、全体的には方向感の見えにくい様子見ムードであり、ユーロ/ドルは1.05ドル台前半、ポンド/ドルは1.24ドル台後半での推移となっています。円はやや売られやすい展開。ドル/円はNY時間帯に向けて円高が進行する場面もありましたが、NY時間に入り米株の堅調やFOMCを控えてポジション調整の動きが意識されたことなどを背景に130円台前半での小動きとなっています。また、クロス円も小幅に上昇する展開となっていますが、様子見ムードが強まり方向感の見えにくい流れとなりました。

モーニングレポート 2022.5.3

米株安で、ドル買い円売りの巻き戻し
為替相場では、ドルインデックスが上昇。米国債利回りの上昇などを背景にドルに対する買い意欲が根強い状況です。ドルは対主要通貨で独歩高となっており、利上げ加速に対する思惑などからドル買いの流れが継続する展開となっています。ユーロ/ドルは1.05ドル台前半で、ポンド/ドルは1.25ドルを割り込む動きとなっています。一方、円はまちまちでの推移。ドル/円は底堅い動きから130円台での推移となっていますが、クロス円はやや上値を抑えられる流れとなっています。全体的には大きな動きにはなっておらず、FOMCを控えて様子見ムードが強まる局面となっています。ユーロ/円は一時137円台後半まで上昇したものの、結局押し戻されて137円割れの水準で推移しています。上値の重さが意識されやすい展開となっています。

モーニングレポート 2022.5.2

米株安で、ドル買い円売りの巻き戻し
為替相場では、ドルインデックスが下落して引けています。米国債利回りは大幅上昇となりましたが、米株安を受けてドルに対する調整売り圧力が意識される展開となりました。米経済指標の悪化や月末のロンドンフィキシングに絡んだ動きなどもドルの上値を抑える展開となっています。ユーロ/ドルは1.05ドル台半ば、ポンド/ドルは1.25ドル台中盤から後半での動きが展開されました。一方、円は堅調地合いで引けています。ドルインデックスが下落する中でドル/円が130円を割り込む水準まで下落し、クロス円も全般的に売られる展開となり、ユーロ/円は137円を割り込んでの引けとなっています。ここまでの円安に対する調整の動きが強まっており、円に対する買い戻しの動きが大きく強まりました。

モーニングレポート 2022.4.29

引き続きドル堅調、円独歩安基調
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を維持。米国債利回りの上値は抑えられたものの、米国の金融引き締めに対する思惑は根強く、ドルの下値が支えられる展開となっています。ユーロ/ドルは1.05ドルを割り込む動きとなっており、ポンド/ドルも1.25ドルを割り込み1.24ドル台半ばでの推移となっています。ドルに対する買い意欲が継続する展開となりました。一方、円は軟調地合い。ドルインデックスの上昇を背景にドル/円が大幅上昇となっており、一時131円台での推移となっています。目先は1321円を割り込み130円台後半での動きを維持しています。リスク志向の動きが強まる中で円売りの流れが強まっています。ユーロ/円やポンド/円も大幅持ち直しとなっており、対主要通貨で独歩安基調となっています。

モーニングレポート 2022.4.28

調整一服、ドル高円安再燃
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を維持。米国債利回りの大幅上昇などを背景に、ドルに対する買い意欲が強まる展開となっています。ドルは対主要通貨に買われる展開となっており、ユーロ/ドルは一時1.05ドル台前半まで押し込まれました。一方、円は軟調地合い。米株が底堅い動きを見せる中で円に対する売りの流れが強まっています。ドル/円が大きく上昇して128円台半ばでの推移となる中でクロス円も底堅い動きが展開されています。米株の上昇が一服した後は円も買い戻され、クロス円を中心に上げ幅を縮小しました。ただ、全体的には前営業日比でプラス圏での動きが維持されています。

モーニングレポート 2022.4.27

買い戻しにより円安一服
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を維持。米国債利回りは大きく低下したものの、米国の金融引き締めに対する思惑からドル買い優勢の流れが継続しています。ドルは全般的に買われる展開となっており、対円を除く主要通貨に対して堅調となっています。ポンド/ドルは1.26ドル台を割り込む動きであり、オセアニア通貨も売られやすい地合いとなっています。円は買い優勢の展開。円は対主要通貨で独歩高となっています。リスク回避的な動きが強まる中で円に対する買い戻しの動きが強まる展開となっています。円安対策における岸田首相の発言なども円の下値を支える展開となっています。ドル/円は127円台前半まで下落、ポンド/円は160円を挟んでの水準まで下落しています。

モーニングレポート 2022.4.26

ドルインデックス上昇基調、円底堅い
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を維持。米国債利回りは大きく低下したものの、米国の金融引き締めに対する思惑からドルの先高観が強まる展開が継続しています。特に対ポンドなどでのドル買いの流れが強まる展開となり、ポンド/ドルは一時1.27ドルを割り込む動きとなりました。また、ユーロ/ドルも一時1.07ドルを割り込むなど警戒感が強まっています。円は全体的に買われやすい地合い。朝方の米株安などを眺めて円に対する買い戻しの動きが強まる展開となりました。その後米株の持ち直しを眺めて円買いに対する修正の動きが見られ、ドル/円は128円を回復しています。クロス円も全体的に上値が重く、円高基調が維持される展開となりました。

モーニングレポート 2022.4.25

ドルは上昇基調を強める
為替相場では、ドルインデックスが上昇基調を強める展開となって引けました。米国債利回りはやや上値の重さが意識されましたが、米国の金利引き上げに対する思惑が強まる中でドルに対する買い意欲が強まる展開となっています。特にドルは対ポンドで大幅上昇となっており、ポンド/ドルは1.28ドル台にまで下落しました。ドルは対主要通貨で独歩高となって推移しました。一方、円は全体的には買われやすい地合いとなりました。ドルの上昇を受けてドル/円は小幅上昇となりましたが、クロス円は軒並み大幅下落となり、ポンド/円は2円以上の下落となりました。欧州の金融引き締めに対する思惑からユーロ/円は大きな動きにはならなかったものの、マイナス圏での引けとなっています。豪ドル/円やNZドル/円なども1円以上のマイナスとなって引けました。

モーニングレポート 2022.422

円安傾向継続も、調整の動きで方向感失う
為替相場では、ドルインデックスが底堅い動きとなっています。朝方はドル売りの流れが継続する展開となっていましたが、米国債利回りの上昇などを背景にドルに対する買い戻しの動きが巻き戻され、プラス圏での推移となっています。ユーロ/ドルは1.08ドル台前半から中盤、ポンド/ドルは1.30台前半でそれぞれ推移しています。一方、円はまちまちでの推移。ドルインデックスの上昇を受けてドル/円は底堅い動きとなっており、クロス円も下値を支えられる流れとなっています。ただオセアニア通貨に対する売りの流れが強まり、豪ドル/円などは上値の重い展開となっています。ドル/円は128円台中盤、ユーロ/円は139円台で推移しています。

モーニングレポート 2022.421

日銀の口先介入で、円安に歯止めか
為替相場では、ドルインデックスが大きく下落して推移。米国債利回りの低下などを受けてドルに対する売り意欲が強まる展開となっています。ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.30ドル台半ばまで持ち直す展開となっています。ドルは対主要通貨で売られやすい地合いとなっており、ここまでのドル買いに対する調整の動きが強まりました。一方、円は堅調地合い。ドル/円が128円を割り込む動きとなっており、クロス円も底堅い動きが展開されています。日本の金融当局からの円安に対する懸念などが意識され、ここまでの円売りに対する調整の動きが意識されています。ドル/円は目先は128円を目指して動き、ユーロ/円は138円台後半で、ポンド/円は167円台前半での推移となっています。

モーニングレポート 2022.420

ドル堅調、円売り加速
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合いを維持。米国債利回りの上昇などを背景にドル買い圧力が強まっています。ただ、ユーロなども金融引き締めに対する思惑から底堅い動きを見せており、ドルインデックスの上値を抑えました。ユーロ/ドルは1.07ドル台後半で、ポンド/ドルは1.30ドルを挟んでの動きとなっています。一方、円は軟調地合い継続。ドル/円が128円台後半まで上昇するなど、円売り圧力が強まっています。ドル/円の上昇を眺めてクロス円も堅調地合いとなっており、ユーロ/円は139円台へ、ポンド/円は167円台中盤へと上昇しています。円は南ア・ランドなどの一部の通貨を除いて売られる流れとなりました。

モーニングレポート 2022.419

ドル高円安継続、ドル/円は127円突破
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合いを維持。米長期債利回りの上昇などを背景に買い意欲が強まっています。ただ、市場全体の様子見ムードが意識される中でドルも方向感の見えにくい展開となり、日中は様子見ムードが強まりました。ユーロ/ドルは1.07ドル台後半で、ポンド/ドルは1.30ドル台前半での推移となっています。一方、円は軟調地合い。ドル/円が一時127円を突破し、現状も127円を挟んでの動きが展開されていることなどを眺めて円売りの流れが強まっています。クロス円はオセアニア通貨などが小幅に下落する展開となったものの、全体的には底堅い動きとなっています。ユーロ/円は一時137円台を突破する動きを見せており、円売りの流れが意識されやすい状況となりました。