モーニングレポート 2024.06.21

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米国債利回りが上昇する中でドルに対する買い意欲が強まる流れとなっています。また、政策金利の据え置きを決定した英中銀ですが、2名の委員が利下げを支持しており、ポンドに対する売りの流れが強まったことでドルの下値が支えられる流れも見られました。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台前半、ポンド/ドルは1.26ドル台半ばでそれぞれ推移しています。

円は軟調地合いで推移しています。ダウの上昇やドルインデックスの上昇などを受けてドル/円が上値を拡大する流れとなっています。さらに米財務省が為替報告書で日本を監視リストに追加したとの報道を受けて、円売りの流れが強まる展開となっています。クロス円も全体的に堅調な動きが見られています。現状ドル/円は158円台後半、ユーロ/円は170円台前半、ポンド/円は201円台前半、豪ドル/円は105円台半ばから後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.20

ドルインデックスは小幅下落/strong>
為替相場はドルインデックスが小幅に下落しての引けとなりました。米国祝日のため様子見ムードが強まり、方向感の見えにくい流れとなりました。そうした中で欧州債利回りの上昇などを背景にユーロに対する買いが展開され、ドルの上値が抑えられました。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円は軟調地合いで推移しています。円売りの流れが継続しており、ドル/円は158円台を回復しています。欧州株は下落したものの、市場全体にはリスク志向の動きが強まっており、さらに米国の金融政策に対するタカ派的な思惑からドル/円がしっかりとした動きが継続する中でクロス円も全体的にプラス圏での推移となっています。現状ドル/円は158円台前半、ユーロ/円は169円台後半、ポンド/円は201円台前半、豪ドル/円は105円台半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.19

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての推移となっています。米国債利回りの低下などを背景に、ドルに対する売りの流れが強まる展開となりました。ただ、米国の金融政策に対するタカ派的な思惑から積極的にドルを売る流れにはなっておらず、大きな動きにはなりませんでした。欧州の政局に対する警戒感も若干和らいでいるとはいえ、先行きに対する不透明感は根強く、ユーロの上値を抑えています。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.18

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての推移となっています。米国債利回りは上昇したものの、ユーロに対する買い戻しの動きが強まったことでドルの上値が抑えられる展開となりました。ただ、FOMCや米CPI、PPIを通過したことで様子見ムードが継続しており、大きな動きにはなりませんでした。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台前半から半ば、ポンド/ドルは1.27ドル前半でそれぞれ推移しています。

円は軟調地合いで推移しています。米株の上昇などを背景に、円に対する売り圧力が強まる展開となっています。ドルインデックスは下落しているものの、ドル/円はプラス圏での推移となっており、クロス円も全般的に上昇しています。円は主要通貨に対して売られやすい地合いとなっています。現状ドル/円は157円台半ばから後半、ユーロ/円は169円台前半から半ば、ポンド/円は200円台前半から半ば、豪ドル/円は104円台前半から半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.17

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての引けとなりました。米長期債利回りが低下する一方、欧州の政局不安が強まる中でユーロに対する売り圧力が強まっており、ドルは底堅い動きを展開しました。米国債利回りが下げ渋る展開となったことも好感されています。ユーロ/ドルは1.07ドル台前半、ポンド/ドルは1.26ドル台後半でそれぞれ引けました。

円はまちまちでの引けとなりました。ドルインデックスの上昇を眺めてドル/円がしっかりとした動きとなる一方、ユーロに対する売りの流れが強まり、ユーロ/円の上値が抑えられる流れとなりました。ただ、全体的にはFOMCや米国のCPI、PPI発表を通過したことで、材料出尽くしとなったことを背景に、大きな動きにはなりませんでした。ドル/円は157円台半ば、ユーロ/円は168円台半ば、ポンド/円は199円台半ば、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ引けました。






モーニングレポート 2024.06.14

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米PPIを受けて米国債利回りが低下しており、ドルの上値が抑えられる場面もありましたが、欧州議会選挙を受けて政局不安が懸念されており、ユーロに対する売り圧力が強まる中、反射的にドルに対する買いが強まる流れとなりました。ユーロ/ドルは1.07ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台半ばでそれぞれ推移しています。

円はまちまちでの推移となっています。ドルインデックスの上昇を受けてドル/円が堅調地合いとなる一方、クロス円はユーロ/円を中心に上値の重い展開となっています。ダウがマイナス圏での引けとなったことも円に対する買い戻しの動きを強める流れとなっています。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムードから方向感の見えにくい流れとなっています。現状ドル/円は157円台前半、ユーロ/円は168円台半ば、ポンド/円は200円台前半から半ば、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.13

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての推移となっています。米CPIを受けて米国債利回りが大きく低下しており、ドルに対する売り圧力を強める展開となっています。その後のFOMCやパウエルFRB議長の発言などを受けて持ち直す動きを見せていますが、上値は重く抑えられています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.27ドル台後半でそれぞれ推移しています。

円はまちまちでの推移となっています。ドルインデックスの下落を受けてドル/円が軟調地合いとなっており、157円を大きく割り込む動きとなっています。ここまでの上昇に対する調整の動きも意識される流れとなっています。一方、クロス円は全体的に底堅い動きとなっています。米株の上昇などを受けて円売りの流れが強まっています。現状ドル/円は156円台半ば、ユーロ/円は169円台前半から半ば、ポンド/円は200円台半ば、豪ドル/円は104円台前半から半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.12

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米国債利回りは大きく低下する流れとなりましたが、ユーロに対する売りの流れが継続しており、ドルの下値を支えました。ただ、FOMCを控えていることもあって様子見ムードが強まっており、大きな動きにはなりませんでした。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台半ばでそれぞれ推移しています。

円はまちまちでの推移となっています。ユーロに対する売りが強まる中でユーロ/円が下落する一方、ドルインデックスの上昇を眺めてドル/円は底堅い動きが維持されています。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、FOMCを控えていることもあり様子見ムードが強まる局面だと言えます。現状ドル/円は157円台前半、ユーロ/円は168円台半ばから後半、ポンド/円は200円台前半、豪ドル/円は103円台後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.11

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米10年債利回りの上昇などを背景に、ドルに対する買い意欲が強まる流れとなっています。ドルインデックスは105を回復する動きとなっており、堅調地合いで推移しています。現状ユーロ/ドルは1.07ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半から半ばでそれぞれ推移しています。

円は軟調地合いでの推移となっています。ドルインデックスの上昇を眺めてドル/円がしっかりとした動きとなり、クロス円も全体的には円売りの流れが強まっています。欧州議会選挙の結果を受けてユーロ/円がマイナス圏での推移となる場面もありましたが、株高などを受けて円売りの流れが強まり、プラス圏での推移に転じています。FOMCなどを控えて大きな動きにはなりにくいものの、円は全般的に売られやすい地合いとなっています。現状ドル/円は157円台前半、ユーロ/円は169円台前半、ポンド/円は199円台後半、豪ドル/円は103円台後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.06.10

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての引けとなりました。米国の早期利下げ観測が後退する中で米国債利回りが大幅上昇となっており、ドルインデックスも上値を拡大する展開となりました。ただ、FOMCを来週に控えていることなどからドル買い一巡後は様子見ムードが強まる展開となり、NY時間帯は積極的に上値を拡大する展開にはなりませんでした。ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ引けました。

円はまちまちでの引けとなりました。ドルインデックスの上昇を背景に、ドル/円が1円超の上昇となる一方、クロス円はまちまちでの引けとなっています。米株の下落などを眺めた円買いの流れが強まりました。ユーロ/ドルの下落を眺めてユーロ/円がマイナス圏での下落となるなど、全体的に円に対する買いが優勢となりました。ただ、ポンド/円などはドル/円の上昇を眺めてプラス圏での引けとなりました。ドル/円は156円台半ばから後半、ユーロ/円は169円台前半から半ば、ポンド/円は199円台前半から半ば、豪ドル/円は103円台前半でそれぞれ引けました。






モーニングレポート 2024.05.31

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての推移となっています。米国債利回りが低下する中でドルに対する売りの流れが強まり、105を割り込んでの推移となっています。ただ、ドルの先高観は根強く、売り一巡後は下げ幅を縮小する展開となっています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台前半から半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円は買われやすい地合いとなっています。ドルインデックスの下落を背景に、ドル/円が上値を抑えられる流れとなっています。また、クロス円も米国の株安などを受けた円に対する買い戻しの動きが強まり下落する流れとなっています。ただ、ドルインデックスの下げ渋りを眺めてドル/円が下げ幅を縮小しており、円に対する買い戻しの動きに対し修正の動きが強まりました。現状ドル/円は156円台半ばから後半、ユーロ/円は169円台後半、ポンド/円は199円台半ば、豪ドル/円は104円台後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.30

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが続伸しての推移となっています。米国債利回りの上昇などを眺めてドルに対する買い意欲が強まっています。米国の早期利下げ観測が後退する中、ドルの先高観が高まる流れとなっています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円はまちまちでの推移となっています。ドルインデックスの上昇を眺めてドル/円が上昇したものの、米株の軟調地合いを受けて円に対する買い意欲が強まり、クロス円が全体的に軟調地合いとなっています。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムードとなりました。現状ドル/円は157円台半ば、ユーロ/円は170円台前半、ポンド/円は200円台前半、豪ドル/円は104円台前半で推移しています。






モーニングレポート 2024.05.29

ドルインデックスは小幅上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが小幅に上昇しての推移となっています。米国債利回りの上昇などを背景に買い戻される動きとなっています。ただ、欧州債利回りの上昇などを背景にユーロ/ドルが下げ渋る流れとなっており、ドルインデックスも上値の重い展開となりました。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台半ばでそれぞれ推移しています。

円は全体的に軟調地合いとなって推移しています。米国債利回りの上昇などを眺めてドル/円が底堅い動きとなって157円台を回復しており、クロス円も全体的にプラス圏での推移となっています。円は主要通貨に対して売られやすい地合いが継続していますが、ここまでの円売りに対する調整の動きも意識されており、積極的に上値を拡大する展開とはなっていません。現状ドル/円は157円台前半、ユーロ/円は170円台半ば、ポンド/円は200円台半ば、豪ドル/円は104円台半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.28

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての推移となっています。大きな動きにはなっておらず、方向感の見えにくい流れとなっています。ただ、ここまでの上昇に対する調整の動きから、小幅に下落する展開となっています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台半ばから後半でそれぞれ推移しています。

円は全体的に軟調地合いとなって推移しています。ドルインデックスが下落していることを眺めてドル/円はやや上値の重い展開となりましたが、クロス円は全般的に買い優勢の流れとなっており、リスク志向の動きから円売り優勢の流れが維持される展開となっています。ユーロ/円が170円台へ、ポンド/円が200円台へと上昇する展開となりました。現状ドル/円は156円台後半、ユーロ/円は170円台前半から半ば、ポンド/円は200円台前半から半ば、豪ドル/円は104円台半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.27

ドルインデックスは下落/strong>
為替相場はドルインデックスが下落しての引けとなりました。米長期債利回りが低下する中でドルの上値が抑えられました。ここまでの上昇に対する調整の動きが展開され、105を割り込んでの引けとなっています。連休を控えていたこともあり、ユーロ/ドルなどでポジション調整の動きが強まり、下値が支えられました。ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半から半ばでそれぞれ引けました。

円は軟調地合いとなって引けました。ドルインデックスの下落を眺めてドル/円の上値は抑えられましたが、介入に対する警戒感の後退などを受けた円売りの流れが根強く、ドル/円も前営業日比プラス圏での引けとなっています。また、クロス円も概ね上昇する流れとなりました。キャリートレードが活発化する中で円売りの流れが継続しており、ユーロ/円は170円を突破しての引けとなっています。ドル/円は156円台後半、ユーロ/円は170円台前半、ポンド/円は199円台後半、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ引けました。






モーニングレポート 2024.05.24

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米国債利回りの上昇を眺めてドルの下値が支えられる展開となっています。ドルインデックスは105を回復しての動きで、堅調地合いとなって推移しています。ただ、調整の動きが強まっており、積極的にドルを買い進む展開にはなっていません。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.26ドル台後半でそれぞれ推移しています。

円は小幅に下落する展開となっています。米国債利回りの上昇などを受けてドル/円が上昇し、クロス円も全般的に底堅い動きが展開されています。ドル/円は一時157円を回復する動きとなるなど、買い優勢の流れとなっています。ただ、円安基調が継続する中で介入に対する警戒感も意識され上値を抑えられる流れとなっています。ドルインデックスの上値が抑えられたことも円に対する買い戻しの動きを強めました。現状ドル/円は156円台後半、ユーロ/円は169円台半ばから後半、ポンド/円は199円台前半、豪ドル/円は103円台半ばでそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.23

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。FOMC議事録公表を受けてタカ派的な金融政策に対する思惑からドルに対する買い意欲が強まる流れとなっています。欧州の利下げ観測が根強く意識されていることもドルの下値を支える展開となっています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円はまちまちでの推移となっています。全体的にはドル/円の上昇を受けてクロス円もしっかりとした動きとなっており、円に対する売りが根強い状況となっています。ただ、豪ドル/円などは上値を抑えられており、マイナス圏での推移となっています。為替介入に対する警戒感は後退しているものの、ここまでの円売りの流れに対する調整の動きも強まっており、積極的に円を売る流れにはなりませんでした。現状ドル/円は156円台半ばから後半、ユーロ/円は169円台半ば、ポンド/円は199円台前半から半ば、豪ドル/円は103円台半ばから後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.22

ドルインデックスは小幅上昇/strong>
為替相場はドルインデックス小幅に上昇しての推移となっています。欧州の利下げ観測が高まる一方、米国の金融当局関係者の利下げに対する慎重な見方が示される中、ドルに対する買い意欲が強まりました。ただ、ウォーラーFRB理事の発言などを受けて積極的にドルを買い進む展開にはならず、小動きとなっています。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円は小幅まちまちでの推移となっています。方向感の見えにくい流れとなっており、様子見ムードが強まる展開となっています。介入に対する警戒感が後退する中で円に対する売り圧力は根強いものの、ここまでの円売りに対する調整の動きが強まる流れとなりました。クロス円も全体的に小動きとなっています。現状ドル/円は156円台前半、ユーロ/円は169円台半ば、ポンド/円は198円台半ば、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.21

ドルインデックスは上昇/strong>
為替相場はドルインデックスが上昇しての推移となっています。米国債利回りが上昇する中でドルに対する買いの流れが強まる展開となっています。欧州の早期利下げに対する期待感も根強く、ドルに対する先高観が根強い状況です。ただ、米国のインフレに対する警戒感が後退しており、積極的にドルを買い進む展開にはなっていません。現状ユーロ/ドルは1.08ドル台半ば、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ推移しています。

円は全体的に軟調地合いとなっています。ドルインデックスの上昇などを背景に、ドル/円が底堅い動きとなり、クロス円もしっかりとした動きが展開されました。政府日銀の介入に対する警戒感が後退していること等も背景に、円売りの思惑は根強い局面となっています。現状ドル/円は156円台前半、ユーロ/円は169円台半ば、ポンド/円は198円台半ば、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2024.05.20

ドルインデックスは小幅下落/strong>
為替相場はドルインデックスが小幅に下落しての引けとなりました。米CPIを受けてドルに対する売りの流れが強まる展開となりました。ただ、米国債利回りの上昇を受けてドルの買い戻しの動きもあり、前営業日終値を挟んでの動きが展開されました。ユーロ/ドルは1.08ドル台半ばから後半、ポンド/ドルは1.27ドル台前半でそれぞれ引けました。

円は全体的には軟調地合いで引けました。ダウの上昇などを眺めてドル/円がプラス圏での推移となり、クロス円も堅調地合いとなりました。イエレン財務長官の発言を受けて為替介入への警戒感が和らいだことも円売りを支援しました。ただ、週末ということもあって全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まりました。ドル/円は155円台半ば、ユーロ/円は169円台前半、ポンド/円は197円台半ばから後半、豪ドル/円は104円台前半でそれぞれ引けました。