マーケットレポート 2021.7.6

~ 米株市場休場により様子見ムード ~
円は小幅まちまちでの推移。ドル/円やユーロ/円などは小幅に上昇しての推移となっていますが、NZドル/円などが小幅に下落する流れとなっています。全体的には円も米雇用統計を通過したことで材料出尽くし感が意識される状況となっており、様子見ムードが強まっている状況といえます。






マーケットレポート 2021.7.5

~ 株高を背景に円売りの流れに ~
円はまちまちでの引け。ドルインデックスの下落などを背景にドル/円の上値が抑えられ、111円を挟んでの推移となりましたが、株高などを背景に円売りの流れも強まっており、クロス円はユーロ/円などを除き全般的に円安基調となっています。NY時間帯にドル/円は下値を拡大しており、ポンド/円などはポンド/ドルの上昇を背景に上値を拡大する動きとなっています。ドルの動きが意識されやすい局面が展開されることとなりました。






マーケットレポート 2021.7.2

~ リスク志向の動きから円は売られやすい地合い ~
為替相場では、ドルインデックスが上昇。全体的には大きな動きとはなっていないものの、英国の金融政策がややハト派的なものとなるとの思惑からポンドに対する売りが意識される一方、リスク志向の動きを受けてドル/円が堅調地合いとなっており、ドルの下値が支えられる展開となっています。ポンド/ドルは1.38ドルを割り込む動きとなっており、上値の重い展開となりました。






マーケットレポート 2021.7.1

~ ADP雇用統計の結果を受け円売り優勢 ~
為替相場では、ドルインデックスが上昇しての推移となっています。ADP雇用統計を受けてドルに対する買いが意識される一方、新型コロナウィルスの変異株の感染拡大を懸念したユーロやポンドに対する売りの流れが意識されたことで、ドルの下値が支えられる展開となりました。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まる展開となっています。