[モーニングレポート EB]2.5 NY時間

先週金曜日のNY市場は、米株が上昇しての引け。米国の雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を下回り、前回分も下方修正されるなど警戒感が強まる流れとなりました。その一方で失業率が市場予想寄りも良いものとなったことでリスク志向の動きが維持され、米株は堅調地合いでの引けとなっています。

[モーニングレポート EB]2.4 NY時間

昨日のNY市場は、米株が上昇しての推移。米国の新規失業保険申請件数が市場予想よりも良かったことなどを受けて週末の米雇用統計に対する楽観的な見方が強まり、リスク志向の動きが強まっています。ダウは一時300ドル超の上昇となるなど、上値を拡大する展開となっています。日中も大きな動きにはならず、底堅い推移が展開されています。

20210204

[モーニングレポート EB]2.3 NY時間

昨日のNY市場は、前日の上昇に対する調整の動きとなり、ダウは一時160ドル安水準まで下落。しかし、ADP雇用統計をはじめとする米国の経済指標が市場予想を上回ったことで、足もとの経済に対する楽観的な見方が強まり、日中は買い戻しの動きに支えられ、プラス圏に浮上しての推移となっています。

[モーニングレポート EB]2.2 NY時間

昨日のNY市場は、米株が大幅上昇となって推移。米国の経済対策に対する期待感やコロナワクチンの普及を受けて経済の先行きに対する悲観的な見方が後退したことなどが好感されました。ダウは一時600ドル超の上昇となるなど、買い意欲は強まっています。朝方から買い優勢の流れであり、上昇一巡後も底堅い動きから高値圏での推移を維持。

[モーニングレポート EB]2.1 NY時間

昨日のNY市場は、米株が上昇しての推移。アジア市場の上昇を受け、欧米株に対する買いの流れが意識されました。ゲームストップ株の乱高下は相場のかく乱要因として警戒されているものの、経済の先行きに対する楽観的な見方は根強く、底堅い動きが展開されています。ダウは30000ドルを回復しての動きであり、日中も底堅い動きから上値を拡大する展開となっています。一方、米国債利回りは前営業日終値を挟んでの小動き。ただ、米株の堅調地合いを眺めて債券に対する売りが意識されています。

[モーニングレポート EB]1.29 NY時間

週末のNY市場(1/29)は、米株が下落しての引け。ジョンソン&ジョンソンのコロナワクチンの試験結果に対する失望感が意識されて警戒感が高まっています。また、ゲームストップの乱高下を受けて市場の混乱が懸念されており、先行きに対する不透明感を高めています。S&P500指数が週間ベースで去年の10月以来の下げ幅となるなど、調整売り圧力が強まる展開となっています。