EA-BANK・マーケットレポート 2021.3.24

~ 手掛かり材料難からポジション調整の動き ~
昨日のNY市場は、米株が下落しての引け。朝方は買い戻しの動きなどが意識されてダウが360ドル高水準にまで上昇しましたが、引けにかけて失速し、結局ダウはマイナス圏に転落しています。手掛かり材料難が指摘される中でポジション調整の動きが強まる局面となっています。パウエルFRB議長やイエレン米財務長官の発言などに注目が集まりましたが、大きなサプライズは無く通過しています。

EA-BANK・マーケットレポート 2021.3.23

~ 米2年債入札順調で債券に対する買い意欲強まる ~
昨日のNY市場は、米株が大きく下落しての引け。コロナウィルスの第3波に対する警戒感や米国の新築住宅販売件数が市場予想を大幅に下回ったことなどを受けてリスク回避的な動きが強まりました。パウエルFRB議長の発言などはそこまで材料視されませんでしたが、足元の経済に対する不透明感は根強いところとなっています。ダウは300ドル超の下げ幅となって引けており、NASDAQなども軟調地合いとなりました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.22 NY時間

~ 米国債市場に調整の動き ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての引け。バイデン政権が3兆ドル規模のインフラ投資計画を検討などといった報道が意識され、リスク志向の動きが展開されています。ただ、これに関してはホワイトハウスが時期尚早と打ち消す発表をしています。一方、米国の長期金利の上昇が一服し、ハイテク株を中心に買いの動きが強まり、NASDAQを押し上げました。

EA-BANK・マーケットレポート – 2021.3 第4週

~ バイデン政権のコロナ対策に期待感 ~
先週末のNY市場は、米株が大幅上昇しての引け。450ドル高水準となり、終値ベースでの史上最高値を更新する動きとなっています。バイデン大統領が就任100日目までに2億回のワクチン接種を目指すと発言していることなどを背景に、リスク志向の動きが意識されました。米国債利回りの上昇が嫌気されてNASDAQが上値を抑えられる場面もありましたが、引けにかけてしっかりとした動きが展開されました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.19 NY時間

~ 金融株を中心に下げ幅拡大 ~
先週末のNY市場は、米株がまちまちでの引け。FRBが銀行の資本規制に関する特例措置を延長しないことを発表したことで、金融株を中心に売り圧力が強りました。一方、ハイテク銘柄に買い戻しの動きが強まったことで、NASDAQがプラス圏での引けとなっています。米国債利回りの上昇が一服し、短期債を中心に買い戻しの動きが強まったこともハイテク銘柄への買い戻しの動きを支えました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.18 NY時間

~ 新規失業保険申請件数発表を受けて懸念広がる ~
昨日のNY市場は、米株が軟調地合いとなって引け。FEDの緩和的な金融政策やフィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を上回ったことなどを眺めてダウがプラス圏での推移となる場面もありましたが、新規失業保険申請件数が減少予想に反して増加したことなどを受けて労働市場に対する警戒感が強まり、引けにかけて売り圧力が強まる展開となっています。また、米国債利回りの上昇を受けてNASDAQが下げ幅を拡大しています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.17 NY時間

~ FOMCはハト派姿勢を維持 ~
昨日のNY市場は、米株が堅調地合いとなって引け。FOMCは市場予想通り政策金利の現状維持が決定されています。また、FOMCは23年までのゼロ金利維持の方針を改めて示しており、ここ最近の足元の経済のしっかりとした動きにも関わらず緩和的な政策を継続することを表明しており、リスク志向の動きが強まる流れとなっています。ダウは200ドル弱の上昇となり、NASDAQなども堅調地合いを維持しました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.16 NY時間

~ FOMCを控えて様子見ムードが意識 ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引け。米国の小売売上高などが市場予想を下回ったことなどを背景にダウに調整の動きが入っています。ただ、FOMCを控えていることもあり、積極的に売り込む展開にはなっていません。また、ここまでの上値の重い展開に対する修正の動きが意識され、NASDAQなどは堅調地合いとなっています。全体的には様子見ムードが意識される局面ということができそうです。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.15 NY時間

~ 依然として米株に買い意欲が根強い ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての引け。朝方はポジション調整の売りに上値を抑えられる場面もありましたが、米経済の先行きに対する楽観的な見方は根強く、買い意欲が強まる展開となっています。ダウは170ドル高水準となるなど上値を拡大しています。ただ、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、安全性への懸念から使用を見合わせる動きが欧州で広がっており、やや警戒感が意識される状況となっています。

EA-BANK・マーケットレポート – 2021.3 第2週

~ リスク志向の動きも米国債利回り大幅上昇に警戒感 ~
先週末のNY市場は、米株がまちまちでの引け。米国の追加経済対策案の成立などを背景に米経済の先行きに対する期待感が強まり、ダウは最高値を更新する動きとなっています。一方、米国債利回りの上昇を受けてハイテク銘柄に売り圧力が強まり、NASDAQが下落しての引けとなっています。ダウは300ドル弱の上昇となるなど、全体的にはリスク志向の動きが意識される局面ということができそうです。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.12 NY時間

~ リスク志向の動きも米国債利回り大幅上昇に警戒感 ~
先週末のNY市場は、米株がまちまちでの引け。米国の追加経済対策案の成立などを背景に米経済の先行きに対する期待感が強まり、ダウは最高値を更新する動きとなっています。一方、米国債利回りの上昇を受けてハイテク銘柄に売り圧力が強まり、NASDAQが下落しての引けとなっています。ダウは300ドル弱の上昇となるなど、全体的にはリスク志向の動きが意識される局面ということができそうです。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.11 NY時間

~ 労働市場の先行きに楽観的な見方広がる ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての推移。米国の新規失業保険申請件数やJOLT労働調査などが市場予想よりも良かったことなどを背景に、リスク志向の動きが維持される展開となっています。米国の追加経済対策に対する期待感も依然として根強く、米株の下値を支える展開となっています。ダウは一時360ドル高水準まで上昇するなど上値を拡大しています。そこからは調整の動きも見られていますが、堅調地合いは維持されています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.10 NY時間

~ 米追加経済対策法案が下院で可決 ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての推移。米追加経済対策法案が下院で可決されたことなどが好感され、リスク志向の動きが強まっています。ダウは一時550ドル高水準まで上昇するなど上値を拡大する展開となっています。OECDが2021年世界経済の成長見通しを引き上げたことも依然として買い安心感を強めるところとなっています。NASDAQは調整の動きなどもありやや伸びを欠いていますが、プラス圏での推移は維持しています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.9 NY時間

~ OECDが2021年世界経済の成長見通しを引き上げ ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての推移。OECDが2021年世界経済の成長見通しを引き上げたことなどが好感され、リスク志向の動きが強まっています。さらに米国債利回りが下落したことを受けてNASDAQに対する買い戻しの動きが強まっています。ダウは一時340ドル高水準となるなど、上値を拡大する展開で32000ドルを突破しての推移です。NASDAQも13000を突破するなど、市場には楽観的なムードが強まっています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.8 NY時間

~ 米国債利回り上昇を受けてハイテク株軟調 ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの推移。米国の追加経済対策に対する期待感が強まる中でダウに対する買い意欲が強まる一方、米国債利回りの上昇を受けてハイテク銘柄に対する売り圧力が強まり、ダウが大幅高となる一方、NASDAQが大幅安となる展開となっています。ダウは一時650ドル高水準にまで上昇しており、32000ドルを突破する動きを見せています。

EA-BANK・マーケットレポート – 2021.3 第1週

~ 米雇用統計が市場予想を上回る ~
週末のNY市場は、米株が大幅上昇となって引け。米雇用統計は非農業部門雇用者数、失業率がともに市場予想よりも良い結果となったとなったことを受け、市場にはリスク志向の動きが意識される展開となっています。ダウは一時650ドル超の上昇となるなど上値を拡大しています。ただ、米国債利回りが一時上げ幅を拡大したことで警戒感が強まる場面もあり、マイナス圏に転じる時間帯もありました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.5 NY時間

~ 米雇用統計が市場予想を上回る ~
週末のNY市場は、米株が大幅上昇となって引け。米雇用統計は非農業部門雇用者数、失業率がともに市場予想よりも良い結果となったとなったことを受け、市場にはリスク志向の動きが意識される展開となっています。ダウは一時650ドル超の上昇となるなど上値を拡大しています。ただ、米国債利回りが一時上げ幅を拡大したことで警戒感が強まる場面もあり、マイナス圏に転じる時間帯もありました。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.4 NY時間

~ パウエルFRB議長の発言受けて米国債利回り急騰 ~
昨日のNY市場は、米株が大幅下落となって推移。朝方はダウが前営業日終値を挟んでの動きとなるなど、落ち着いた動きを見せましたが、パウエルFRB議長の発言を受けて売り圧力が強まる展開となっています。パウエルFRB議長の発言はこれまでのものを踏襲しており、上昇している米国債利回りを巡る懸念を和らげるものではなかったとの見方がリスク回避的な動きを強める結果となっています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.3 NY時間

~ NASDAQが大幅続落 ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの推移。ダウが底堅い動きを見せる一方、NASDAQが大幅続落となっています。米経済の先行きに対する楽観的な見方が意識される一方、ADP雇用統計やISM非製造業景況指数が市場予想を下回ったことで足元の経済に対する警戒感が強まる展開となっています。調整の動きもあり全体的には上値の重さが意識される展開ですが、原油価格の上昇などを受けて関連銘柄に対する買いがダウを支えている状況となっています。

EA-BANK・マーケットレポート – 3.2 NY時間

~ 米株まちまちで方向感を探る展開 ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの推移。ダウが前営業日終値を挟んでの動きで方向感の見えにくい展開となる一方、NASDAQなどは下落しています。ワクチン接種のペースが加速するとの思惑が世界的な経済の先行きに対する楽観的な見方を強める一方、史上最高値圏での動きが継続する中で利食い売りも意識される展開となっています。欧米の金融当局は緩和的な金融政策を維持する見込みであり、株価の下値を支えやすい局面は維持されています。