TwinTurbo

 

EA名 TwinTurbo
作者 sankiti
通貨ペア ドル円(USDJPY)
時間軸 5分足(M5)
取引スタイル スキャル・デイトレ
最大ポジション数 最大4ポジ(両建ての場合あり)
バックテスト期間  14年5カ月
両建て/ナンピン/マーチン あり/なし/なし

バックテスト(クリックで詳細確認)

 

EA説明

《  EA・ツインターボの特徴  》

・ドル円5分足で稼働するシンプルでベーシックなロジック設計のEAです。

FXでは、トレンド方向を見極めエントリータイミングを計ることが勝利への早道です。

長期的に利益を出し続けるロジックを実現するために、

ベーシックなインジケーターに独自のフィルターを施し組み合わせ、勝率を高め勝てるEAに仕上げました。

・2つのロジックをバランスよくひとつのEAに組み込みました。

”ツインターボ”は性格の違う2つのロジックを組み合わせたEAです。

じっくり利益を狙っていくメインのロジック1と比較的短期間の取引の多いロジック2をバランスよく組み合わせました。

それぞれのロジックの最大ポジションは2個で、合計最大4個のポジションを持ちます。まれにロジック1と2で逆のポジションを持つ(両建て)ことがありますので、両建てのできる口座をお使い頂きますようお願いします。

・高頻度・高勝率のエントリーを実現しました。

このEAの最大の特徴はエントリー頻度の高さにあります。

2005~2018のバックテストでは、12420回のエントリー。1か月で887回、1週間では17回、1日で約3.4回のエントリーになります。

最大ポジション数は4個、1回のエントリー期間が数時間~数日であることを考え合わせると、かなりの高頻度でエントリーがあるのをお分かりいただけると思います。

・ナンピンやマーチン等の、破綻した場合ダメージの大きい取引は行いません。

<パラメータ説明>

〈共通パラメータ〉

許容スプレッド。ポジションを取る時のスプレッドの最大値です。

「MaxSpread 」

許容スリッページ。スリッページがこの値より上の場合はポジションを取りません。

「Slippage」

〈ロジックごとのパラメータ〉

ロジックが2つありそれぞれは独立しているため、マジックナンバーやロット数はそれぞれ記入する必要があります。

EAのマジックナンバーです。1と2は別の値にしてください。また、他のEAとも被らない任意の値を設定してください。

「MagicNumber1」

「MagicNumber2」

ロットの設定です。推奨は同ロットです。最小値最大値は使用ブローカーを参照してください。

「Lots1 」

「Lots2 」

 

 

 

 

EA~BANKの規定によりロットを調整しています(MagicNumber1=0.08  MagicNumber2=0.04)が、開発時には両方を0.1ロットで設計していました。

↓ MagicNumber1=0.08  MagicNumber2=0.04

 

↓ MagicNumber1=0.1   MagicNumber2=0.1

どちらが正しいということではありませんが、バックテストで確認いただければと思いますm(__)m

 
 

 

 

 

EA開発者に問合せ

※お問い合わせフォームから送信いただけない場合はinfo@ea-bank.comへお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


カテゴリー: EA