tradeview出金方法を解説!出金拒否や出金理由、手数料や日数などの情報まとめ

tradeviewの出金方法は、シンプルで分かりやすいのが特徴です。しかし、出金方法によって手数料や出金にかかる日数(反映までの時間)が変わってきます。

そのため、tradeviewでおすすめの出金方法も含めて、それぞれの出金方法について詳しく説明していきましょう。

また、tradeviewの出金で気になる「出金拒否」の実態についてや、何気に面倒な「出金理由」の書き方についても分かりやすくお伝えしていきます。

なお、tradeviewで口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです。今ならEA-BANKのEAシステムを利用することができますので、ぜひこの機会にこちらから口座開設をしてみてくださいね。

EA-BANK経由でTradeview口座を開設してEAを入手したい方はこちら>>>

tradeviewの出金方法

画像引用元:https://www.tradeviewforex.com/ja/

tradeviewの出金方法は、大きく分けて「海外銀行送金」と「決済サービス」、「Eウォレット」の種類に分けられます。

tradeviewの出金方法の中でも「決済サービス」に含まれるものとして、

  • bitwallet
  • クレジットカード/デビットカード
  • ecopayz

などがあります。

また、「Eウォレット」の出金方法には、

  • uphold
  • bitpay(ビットコイン出金)
  • sticpay
  • fasapay

などがあります。

このように、tradeviewの出金方法は多彩なラインナップが特徴です。
では次に、tradeviewの出金方法について、さらに詳しくお伝えしていきましょう。

tradeviewのすべての出金方法に共通した出金手順

画像引用元:https://www.tradeviewforex.com/ja/

tradeviewでは出金方法に関わらず、出金を進める手順ははじめの部分が共通しているんですね。
tradeviewの出金方法に共通している出金手順としては、

  1. tradeviewの公式サイトにアクセスする
  2. ページの上側にある「入出金」をクリックする
  3. 入出金ページをスクロールし、下側にある出金・資金移動ページの「こちらから」をクリックする
  4. ページに表示されている「ご出金」をクリックする
  5. 個人情報(氏名・tradeviewの口座番号・電話番号・登録済みのメールアドレス)を入力する
  6. 出金額と口座の通貨、出金理由を入力する

以上を入力後に、具体的な出金方法を選択していきます。

なお、個人情報については、

  • 氏名はローマ字表記で入力すること
  • 電話番号ははじめの「0」を「81」に変えて入力すること

これらにあらかじめ注意して入力するようにしましょう。

また、「出金理由」は書き慣れていないとどうしても苦戦してしまうものです。
この「出金理由」の書き方については、追って詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

そして、tradeviewでは出金方法によって、この後の出金手順が変わってきます。
そのほか、どの出金方法を選択するかによって、手数料や出金にかかる日数や反映時間も変わってくるんですね。

それでは、それぞれの出金方法についてより詳しくお伝えしていきましょう。

tradeviewのbitwalletによる出金手順と手数料、出金にかかる日数(反映時間)

tradeviewでは、bitwalletによる出金を行うことができます。結論からいえば、bitwalletはtradeviewの中でも一番おすすめといえる出金方法です。

なぜなら、tradeviewでbitwalletによる出金方法を選択した場合、手数料などのコスト面で取引しやすい環境が整っているからなんですね。

また、bitwalletによる出金にかかる日数や反映時間も、ほかの出金方法に比べて決して遅いわけではありませんし、むしろ利用しやすいといえるでしょう。

そのほか、tradeviewの出金方法の中でもbitwalletは、非常にわかりやすいためストレスなく出金手順を進めることが可能です。

そんなtradeviewのbitwalletによる出金手順について、詳しく説明していきます。

tradeviewのbitwalletによる出金手順

tradeviewのbitwalletによる出金方法では、共通の出金手順を進めた後、

  1. 出金方法で「bitwallet」を選択する
  2. 「tradeviewの口座を解約しますか?」の質問に対し、「いいえ」を選択する
  3. 氏名(ローマ字表記)と日付を入力する
  4. (共通口座は未入力のままでOK)
  5. 本人確認書類を提出する
  6. 「私はロボットではない」をチェックする
  7. 「送信する」をクリックする

以上で、bitwalletによる出金手続きが完了です。

なお、登録しているメールアドレスに、出金手続きが完了した旨を伝えるメールが配信されています。
出金が無事に確認できるまでは、メールは大切に保管しておきましょう。

補足として、tradeviewに提出することができる「本人確認書類」は、

  • パスポート(本人の写真が確認できる部分)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(本人の写真が確認できるもの・表面のみでOK)

となっています。

いずれについても、「顔写真が確認できること」が本人確認書類では重要となります。
また、これらの書類は口座開設時の住所証明書類とは別に必要となりますので注意しましょう。

そして、これらの本人確認書類はtradeview側で有効期限もチェックされています。
そのため、あらかじめ確認の上でアップロードすると、再提出などの二度手間を省くことができるでしょう。

tradeviewのbitwalletによる手数料と出金にかかる日数(反映時間)

tradeviewの出金方法でbitwalletを利用した場合、tradeviewが徴収する手数料は無料となっています。
手数料が無料というのは取引を重ねていく上で、コスト面で大きな意味合いをもつといえるでしょう。

ただし、bitwalletから日本の銀行口座へ日本円で出金を行う場合は、824円がかかります。
しかし、ここでかかる手数料は、ほかの出金方法と比べても割安の手数料となっています。

なお、米ドルやユーロで出金を行う場合は、さらに手数料が上乗せとなってしまうため注意が必要です。
そして、tradeviewからbitwalletへの出金反映時間は、即日中(1営業日)に対応してくれます。

また、bitwalletからご自身の銀行口座に出金が反映されるには、出金依頼をしてからおよそ3営業日を要します。その後、着金されるまでに1営業日かかりますので、実際に出金が行われるまでにかかる日数としては4〜5日程度はかかる見込みです。

出金にかかる日数が5日程度といっても、これは決して出金が遅いわけではありません。
tradeviewではbitwalletによる出金がとても扱いやすいため、ぜひ利用してみましょう。

tradeviewの海外銀行送金による出金

tradeviewの出金方法では、海外銀行送金を利用することも可能です。
しかし、海外銀行送金による出金は手数料が高くつくため、結論からいえばあまりおすすめすることはできません。

一方で、tradeviewの出金方法で海外銀行送金を利用する場合、出金にかかる日数や反映時間は遅いわけではありません。

ですから、その点では利用しやすいといえるでしょう。
そんなtradeviewの海外銀行送金による出金手順について、詳しく説明していきましょう。

tradeviewの海外銀行送金による出金手順

tradeviewの海外銀行送金による出金方法では、共通の出金手順を進めた後、

  1. 出金方法で「銀行送金」を選択する
  2. 出金先となる銀行情報を入力する
  3. 「tradeviewの口座を解約しますか?」の質問に対し、「いいえ」を選択する
  4. 氏名(ローマ字表記)と日付を入力する
  5. 本人確認書類を提出する
  6. 「私はロボットではない」をチェックする
  7. 「送信する」をクリックする

これらの流れで、出金手続きを進めていきましょう。
なお、本人確認書類はbitwalletによる出金と同様の内容になります。

また、出金先の銀行情報は、具体的に

  • 銀行口座の名義人の氏名
  • 銀行口座の名義人の住所
  • 銀行の名称
  • 銀行の住所
  • スイフトコード
  • 銀行の口座番号

これらを半角の英数字を用いて入力していきます。
しかし、住所などを英語表記で入力するのは少々面倒に感じてしまうかもしれません。

そういった場合は、住所を英語表記に自動変換してくれる無料サービスがありますので、ネットで検索してみるのも良いでしょう。

また、「スイフトコード」とは、金融機関ごとに割り当てられた見分けコードのことを指します。
このスイフトコードは、国際標準化機構によって認可されているものです。

しかし、一部の銀行(セブン銀行やジャパンネット銀行)では、このスイフトコードを所持していないため、利用することができません。そのため、あらかじめ利用したい銀行がスイフトコードを割り当てられているか確認しておきましょう。

そのほか、出金先として選んだ銀行によっては、電話などで「送金目的」や「今後の送金予定」について確認が行われる場合があります。

この場合、予想外のことにちょっとあせってしまうかもしれませんが、そのまま「海外fx業者による送金」である旨を伝えればOKです。

このように、銀行からの念のための確認が行われる可能性があることは覚えておくと良いでしょう。

しかし、こういった銀行からの確認が面倒だと感じる場合は、はじめから確認が行われない銀行を選ぶというのも一つの方法です。

具体的には、住信SBIネット銀行であったり、ソニー銀行などであれば送金目的を確認するための電話は行われていません。出金先の銀行として、参考にしてみてくださいね。

なお、出金手続きの完了後は、登録してあるメールアドレス宛に出金手続き完了の連絡メールが届きます。
確認後、出金が無事に行われるまではしっかり保管しておきましょう。

tradeviewの海外銀行送金による手数料と出金にかかる日数(反映時間)

tradeviewの海外銀行送金にかかる手数料は、tradeview側が4,000円ほど徴収することになっており、これだけでも相当のコストといえます。

さらに、送金を行う銀行によって、2,000円から4,000円ほどの手数料がかかるため、最大で8,000円程度の手数料がかかることになります。

tradeviewでbitwalletを利用した場合、

  • tradeview側で無料
  • bitwalletから銀行口座への反映時に824円

これらの手数料で済むことを考えれば、tradeviewの海外銀行送金による手数料はかなり高めであるといえます。

ですから、できればtradeviewの出金方法ではbitwalletを利用し、なるべく海外銀行送金は行わない方がおすすめといえるでしょう。

なお、どうしても海外銀行送金で出金したい場合は、できるだけ一度に大きい金額を出金するようにし、出金回数は抑えるようにしたいものです。

そして、tradeviewの海外銀行送金にかかる日数や反映時間は、3営業日から5営業日程度となっています。
最大でも一週間程度の日数で反映可能なので、そこまで遅いとはいえないでしょう。

tradeviewのビットコインによる出金

tradeviewでは、ビットコインによる出金方法も利用することができます。
ちなみに、tradeviewでビットコイン出金を希望する場合は、bitpayを経由することになります。

なお、tradeviewの出金方法でビットコインを利用する場合は、ビットコインによる入金額以上に出金することはできませんので注意しましょう。

しかし、tradeviewでビットコインによる出金方法を選択した場合、手数料や出金にかかる日数、反映時間などは比較的利用しやすいのが特徴となっています。

それでは具体的に、tradeviewのビットコインによる出金手順を説明していきましょう。

tradeviewのビットコインによる出金手順

tradeviewのビットコインによる出金方法では、はじめに共通の出金手順を行います。

なお、「出金額」は金額分に相当するビットコインでの出金となります。
そして、ビットコイン出金独自の出金手順を進めていきましょう。

  1. 出金方法で「bitpay」を選択する
  2. 「tradeviewの口座を解約しますか?」の質問に対し、「いいえ」を選択する
  3. 氏名(ローマ字表記)と日付を入力する
  4. 本人確認書類を提出する
  5. 「私はロボットではない」をチェックする
  6. 「送信する」をクリックする

以上で、ビットコインによる出金手続きが完了です。

ちなみに、本人確認書類や出金手続きの完了連絡メールは、tradeviewのほかの出金方法と同様となっています。

次に、tradeviewのビットコイン出金にかかる手数料や出金日数、反映時間などについて説明していきましょう。

tradeviewのビットコインによる手数料と出金にかかる日数(反映時間)

tradeviewの出金方法で、ビットコインを選択した場合にかかってくる手数料は、tradeview側では無料となっており、手数料が発生しません。ただし、bitpayからビットコインを利用する際に手数料が発生します。

なお、bitpayの手数料は、手数料のレートや承認時間などを確認し、その時々によって手数料を選択できるという少しユニークな方法をとっています。

また、tradeviewのビットコイン出金にかかる日数は即日中となっており、反映時間がとても早いのが魅力といえるでしょう。

tradeviewのクレジットカード・デビットカードによる出金

tradeviewでは、クレジットカードやデビットカードで入金した場合、入金額分まではクレジットカードやデビットカードで出金となります。

ただし、クレジットカードやデビットカードで出金を行う場合は、覚えておきたい細かい注意点がいくつかありますので、それらについてご紹介していきましょう。

tradeviewでクレジットカード・デビットカード出金を行う場合は「返金扱い」となる

tradeviewでクレジットカードやデビットカードの出金を行う場合は、「返金」という形がとられます。

というのも、クレジットカードやデビットカードを利用してtradeviewに集金した場合、ショッピング枠を利用しているため「商品を購入」している状態となります。

ですから、クレジットカードやデビットカードで購入した分に対して返金、ということになるんですね。また、こちらも当然といえるのですが、クレジットカードやデビットカードで入金した以上の金額を出金することはできません。

これについても、返金という形で出金できることを考えれば、購入金額以上の返金をすることは不可能なので理解しやすいといえるでしょう。

tradeviewのクレジットカード・デビットカード出金は優先的に行われる

tradeviewのクレジットカードやデビットカードによる出金は、優先的に行われます。そのため、tradeviewへの入金をクレジットカードやデビットカードで行なった場合は、入金した金額分を出金(返金)するまでは、ほかの出金方法を利用できないので覚えておきましょう。

また、複数のクレジットカードやデビットカードからtradeviewへ入金していた場合は、入金履歴が早い順から出金が行われます。入金している金額は出金順に関係しないため、注意が必要です。

なお、tradeviewの取引で利益が出た場合は、クレジットカードやデビットカードでは出金できません。あくまで、クレジットカードやデビットカードで出金できるのは入金金額分だと考えておきましょう。

tradeviewのクレジットカード・デビットカード出金の手数料や出金にかかる日数(反映時間)

tradeviewのクレジットカードやデビットカード出金にかかる手数料は、tradeview側が負担してくれるため無料となります。

考えてみれば、クレジットカードやデビットカードで入金した金額を返金のたびに手数料が発生していては、返金してもらえる金額がなくなってしまいます。

ですから、手数料を負担してもらえるのは当然であるともいえるでしょう。しかし、そうはいっても手数料が無料なのはやはりうれしいですよね。

一方で、tradeviewからクレジットカードやデビットカードへの出金にかかる日数は、早い場合は1営業日から2営業日程度で口座反映となります。

しかし、出金にかかる日数は利用しているカード会社の影響が強いため、反映までの時間が遅い場合は最大で1ヶ月程度かかってしまうこともあります。

そのため、tradeviewでクレジットカードやデビットカードへの出金を行う場合は、あらかじめ時間がかかる可能性があるということを理解しておきましょう。

tradeviewのその他の出金(sticpay/uphold/fasapay/ecopayz)

tradeviewでは、ここまでご紹介してきた

  • bitwallet
  • 海外銀行送金
  • ビットコイン
  • クレジットカード/デビットカード

以外にも、複数の出金方法が用意されています。

具体的には、そのほかに利用できるtradeviewの出金方法として、

  • sticpay
  • uphold
  • fasapay
  • ecopayz

などがあります。

tradeviewで利用できるそれぞれの出金方法の特徴についても、ご紹介しておきましょう。

tradeviewのsticpayによる出金方法

tradeviewのsticpayによる出金方法は、bitwalletのように利用できるサービスです。しかし、bitwalletよりも手数料が高く、出金額の約3%ほどにプラス300円ほどの手数料が発生します。

ですが、sticpay特有のカード機能を利用すれば、ショッピングの際にも便利ですし、セブン銀行のATMからは日本円で出金することも可能です。

また、sticpay出金にかかる日数は比較的早いため、反映時間が遅い出金方法は避けたい方におすすめといえます。

tradeviewのupholdによる出金方法

tradeviewのupholdによる出金方法は、幅広い通貨に対応している点で使いやすいといえます。

たとえば、upholdでは、

  • ユーロ
  • 米ドル
  • 日本円
  • 英ポンド

などの主要な法定通貨で利用することが可能です。

そのほかにも、upholdではビットコインなどの仮想通貨にも対応していることがポイントです。

しかし、upholdは英語での利用が基本となりますから、その点がデメリットと感じる方には、やはりbitwalletがおすすめといえるでしょう。

upholdの出金による手数料は、日本円で400円ほどとなっています。

また、uoholdの出金にかかる日数もそこまで反映時間が遅いわけではないため、利用しやすいと環境が整っているといえますね。

tradeviewのfasapayによる出金方法

tradeviewのfasapayによる出金方法は、インドネシアが大元となっているためあまり耳馴染みがない決済サービスかもしれません。

また、fasapayで利用できる通貨は、米ドルとインドネシアルピアとなっています。
ですから、必要に応じて利用する、選択肢の一つとして理解しておくのがよいでしょう。

なお、fasapay出金による手数料は、出金額に対して0.5%ほどと非常に良心的なのが特徴です。
また、出金にかかる日数は即日中なので、出金反映時間が遅いと困る方には打ってつけといえますね。

tradeviewのecopayzによる出金方法

tradeviewのecopayzによる出金方法は、オンラインカジノなどでよく利用される決済サービスです。
ここでもやはり、tradeviewの出金方法は幅広いラインナップであることが伺い知れますね。

しかし、ecopayz出金による手数料は、ほかの出金方法に比べて高いのが印象的です。ですが、ecopayz出金にかかる日数は即日中に対応してもらえることが多く、反映時間が遅いのを避けたい方にはよいかもしれません。

そうはいっても、tradeviewではより使い勝手の良いbitwalletを利用できますから、あえて利用する必要はないといえます。

tradeviewの出金手数料と出金にかかる日数(反映時間)、出金限度額の一覧

tradeviewの出金手数料は、tradeview側が受け取る手数料としては、海外銀行送金以外は実質発生しないといえます。しかし、利用する出金方法によっては、決済サービス側から手数料が発生することがあるため注意が必要といえるでしょう。

そこで、ここまでお伝えしてきたtradeviewの出金方法ごとの手数料や出金にかかる日数、反映時間や出金限度額などを一覧にしました。

tradeviewの出金方法を考える上で、ぜひ参考にしてみてください。

tradeviewの出金理由

tradeviewでは、出金を行う際に出金理由を入力しなければいけません。
この出金を行う際に提出しなければならない出金理由が少し厄介というか、「どのような理由を挙げればよいのか?」という点で悩んでしまうことが多いものです。

しかし、結論からいえばtradeviewの出金理由はそこまで難しく考える必要はありません。

次の英文を利用して、簡潔に出金理由を入力していきましょう。

  • I need my funds for personal use.(個人的用途に資金が必要になった)

  • I want to withdraw my profits.(利益を出金したいだけ)

  • I would like to withdraw my funds.(私の資金を出金したい)

もしくは、日本語で「資金が必要だから」等の記述でも問題ありません。
要は、出金する理由が伝わればよいので、簡潔に出金理由を述べるようにしましょう。

tradeviewの出金拒否

tradeviewでは出金拒否もなく、世界的にも非常に評判の良い海外fx業者です。

日本ではまだまだ馴染みが薄い海外fx業者ではあるものの、出金拒否がないという実績や評判の良さ、世界的な信頼度の影響から徐々に人気が上がってくるのは必然的といえるでしょう。

それもそのはず、tradeviewは海外fx業者の中でも運営期間が長い”老舗”の部類に入る海外fx業者なんですね。信頼されている業者でなければ運営も長く続けることはできませんから、これはtradeviewは安心して取引ができる業者であることの裏付けともいえますね。

そのため、tradeviewで出金が遅いと感じた場合は、出金拒否を疑う前にサポートに問い合わせをしてみることがおすすめです。

出金拒否のないtradeviewで取引を行い、ぜひ利益を拡大させていきましょう。

tradeviewの出金における注意点

tradeviewの出金では、注意しておきたい点がいくつかあります。
出金に関するルールを理解していないと、出金できない状態につながることもあるため、事前に把握しておきましょう。

具体的なtradeviewの出金に関する注意点は、

  • どの出金方法であっても、「出金依頼フォーム」を利用した出金を行う
  • 入金方法と出金方法は同じ方法を選択する必要がある
  • 出金の際に本人以外の口座は利用することができない
  • クレジットカードやデビットカードで入金した分は、返金の形で出金が優先される

これらを認識した上で、tradeviewでの出金を行いましょう。

とくに、入金方法と出金方法を合わせることや本人の口座のみを利用して出金することは、マネーロンダリングを防止する観点でも重要視されています。

もし、これらの点で不正とみなされる行為があれば、tradeviewの口座が凍結されてしまう可能性もありますので、確実に押さえておきましょう。

そして、念のためお伝えしておきますと、

  • 国内銀行への振り込み出金
  • ペイパルを利用した出金
  • ネットのみで利用することができるVISAのプリペイドカード

これらによるtradeviewの出金はできませんので、注意しておきましょう。

ここまでご紹介してきたように、tradeviewの出金方法は基本的にかかってくる手数料も少なく、非常にスムーズに出金することが可能です。

また、選択できる出金方法が豊富であることもtradeviewの特徴ですので、こういった使い勝手のよさがtradeviewを利用するメリットといえるでしょう。

なお、tradeviewで取引を有利に進めるには、EA-BANKのEAを利用するのがおすすめです。

現在、EA-BANK経由でtradeviewの口座開設を行いますと、EA-BANKのEAを効果的に使うことができます。tradeviewの口座開設を考えている方は、ぜひこの機会にこちらから口座開設を行いましょう。

EA-BANK経由でTradeview口座を開設してEAを入手したい方はこちら>>>