EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.30

~ リスク志向の動きが強まる ~
昨日のNY市場は、米株が大きく上昇しての引けとなっています。ダウは新規失業保険申請件数やGDP速報値が市場予想よりも悪かったことなどが警戒され、一時マイナス圏に沈む場面もありましたが、売り一巡後は米国の金融政策に対する思惑から買い戻しの動きを強め、米経済の先行きに対する楽観的な見方が強まり引けにかけて上値を拡大する展開となりました。ダウは200ドル超の上昇となり、34000ドルを回復しての引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.29

~ FOMC受けてダウは軟調 ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引けとなっています。FOMCを控えてポジション調整の動きが意識され、朝方から上値の重い展開となっていましたが、FOMCを受けて一時下げ幅を縮小する展開となりました。ただ上値は重く、再度売り圧力に下値を拡大しました。FOMCにおいて景気の現状認識を上方修正する一方で政策金利はゼロ付近で維持し、さらにパウエルFRB議長がテーパリングについて話し合うのは時期尚早と発言するなどハト派的な姿勢を維持しましたが、ほぼ予想の範囲内との思惑からリスク志向の動きは継続しませんでした。ダウは160ドル安での引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.28

~ FOMCを控えて株式市場は様子見ムード強まる ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引けとなっています。朝方はポジション調整の動きからやや上値を抑えられましたが、日中は底堅い動きから買い戻しの動きに支えられる展開となっています。全体的にはFOMCを控えて様子見ムードが強まる展開となりました。ダウは前営業日終値とほぼ変わらずの水準で引けています。NASDAQがやや下落していますが、方向感の見えにくい流れとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.27

~ ダウが軟調地合い ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引けとなっています。朝方は経済指標の堅調や企業決算の好調などを背景に全体的に底堅い動きとなりましたが、富裕層対象のキャピタルゲイン税の税率引き上げとの報道などが嫌気され、ダウがマイナス圏に転じて引けています。ダウは60ドル超の下落となり、34000ドルを割り込んでの引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.26

~ 米株が買い戻される ~
週末金曜日のNY市場は、米株が上昇しての引け。バイデン大統領の富裕層に対するキャピタルゲイン税の増税を提案との報道を受けた売りが一服し、買い戻しの動きが展開されています。共和党が反対する動きを見せていることも買い戻しの動きを強める展開となっています。さらに米国の経済指標が概ね堅調となっており、足元の経済に対する楽観的な見方が強まっていることも相場を下支えする要因となっています。ダウは34000ドルを回復して引けています。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.23

~ 米株が大幅下落 ~
昨日のNY市場は、米株が下落しての引け。朝方は新規失業保険申請件数やECB理事会を受けた欧州株の上昇などを背景にしっかりとした動きが展開されましたが、バイデン大統領が富裕層対象のキャピタルゲイン税の増税を提案といった報道を受けて売り圧力が急激に強まる展開となっています。ダウは300ドル超の下落となり、34000ドルを割り込んでの引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.22

~ 買い戻しの動きにダウが34000ドルを回復 ~
昨日のNY市場は、米株が上昇しての引け。コロナウィルスの感染拡大に対する懸念は根強いものの、ここまでの下落に対する調整の動きが意識され、押し目買いに下値を支えられる展開となっています。ダウは300ドル超の上昇となり、34000ドルを回復する展開となっています。NASDAQなども買い優勢の流れから上値を拡大しての引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.21

~ リスク回避的な動きが継続 ~
昨日のNY市場は、米株が下落しての引け。コロナウィルスの感染拡大やコロナワクチンの普及の遅れに対する警戒感などが意識される局面となっており、リスク回避的な動きが意識されています。ダウは一時400ドル近い水準まで下げ幅を拡大し、そこからは持ち直したものの250ドル安水準で引けました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.20

~ コロナワクチン普及に懸念 ~
昨日のNY市場は、米株が下落しての引け。『J&Jワクチン、委託工場での製造中止を、FDAが要請』との報道を受け、コロナワクチンの普及に対する懸念が台頭して売り圧力が強まる展開となっています。ただ、日中は経済の先行きに対する期待感などから底堅い動きとなり、引けにかけて若干買い戻される展開となりました。ダウは一時34000ドルを割り込む動きとなりましたが、そこからは持ち直しての引けとなりました。






EA-BANK・マーケットレポート – 2021.4 第3週

~ ダウが史上最高値更新 ~
先週末金曜日ののNY市場は、米株が上昇しての引け。経済指標の改善傾向の継続や予想を上回る決算発表などが好感されてリスク志向の動きが強まり、ダウは史上最高値を更新する動きとなっています。NASDAQなども底堅い動きを見せており、市場には楽観的なムードが強まる展開となっています。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.19

~ ダウが史上最高値更新 ~
先週末金曜日ののNY市場は、米株が上昇しての引け。経済指標の改善傾向の継続や予想を上回る決算発表などが好感されてリスク志向の動きが強まり、ダウは史上最高値を更新する動きとなっています。NASDAQなども底堅い動きを見せており、市場には楽観的なムードが強まる展開となっています。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.16

~ 米株が上値拡大 ~
昨日のNY市場は、米株が大きく上昇しての引けとなっています。米企業決算の好調や、米国の経済指標の堅調などを受けて買い意欲が強まり、引けにかけて上値を拡大する展開となりました。ダウは300ドル超の上昇となって34000ドルを突破しての推移となっています。NASDAQなども引けにかけて買いの流れが強まる展開となりました。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.15

~ 米国債に対する買い意欲が強まる ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引け。ダウは足元の経済に対する楽観的な見方が強まったことやパウエルFRB議長が2024年までの利上げを予想していないなどと発言したことを意識して底堅い動きが展開されています。一方、NASDAQは米国債利回りの上昇基調を意識して売り圧力が強まる展開となっています。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.14

~ 米国債に対する買い意欲が強まる ~
昨日のNY市場は、米株がまちまちでの引け。米当局による米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンの使用を一時的に見送る勧告が出されたことに対する警戒感が意識されて上値を抑えられました。ただ、その勧告も一時的との見解が示されたことで買い戻しの動きが意識されました。一方、NASDAQは米国債利回りの低下を受けて上昇して引けています。






EA-BANK・マーケットレポート 2021.4.13

~ 様子見ムードの中で株式市場に調整売り ~
昨日のNY市場は、米株が下落しての引け。手掛かり材料に欠ける中で大きな動きとはなっていませんが、調整の動きが意識されて上値を抑えられています。市場の楽観的なムードが行き過ぎとの思惑から、利益確定売りが出やすい局面となりましたが、積極的に売られる展開にもならず、ダウは50ドル安水準での引けとなりました。