XM(XM Trading)の銀行振込(国内銀行送金)で実行する際にかかる反映時間や日数まとめ

XMではいくつかの入金方法が用意されていますが、その中でもおすすめの入金方法が「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法です。
そんなXMの「銀行振込(国内銀行送金)」にについて、この記事では具体的な入金のやり方や実際に口座に反映されるまでの時間・日数などを詳しくお伝えしていきましょう。

また、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」を行う際に、あらかじめ注意な銀行などについてもご紹介していきます。
そのため、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」について詳しく知りたい、といった方はぜひこの記事を参考にしていただけますと幸いです。

なお現在、口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです
今ならEA-BANKの会員登録と指定の口座開設のみでEAシステムを利用することができます。

EA-BANKの無料会員登録はこちらからどうぞ>>>

それではさっそく、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」の入金方法について、まずは特徴をお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)の入金方法について

ここではまずはじめに、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」という入金方法の特徴についてお伝えしていきます。
冒頭でもお伝えしたとおり、XMではいくつかの入金方法が用意されているのですが、そのなかでも一番おすすめの入金方法は、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法です。

その理由として挙げられるのはまず、「銀行振込(国内銀行送金)」からの入金であれば、特別な登録などを行うこともなく、すぐに入金作業を行うことができるからです。
もちろん、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金をXMで行うためには、国内銀行の口座を持っている必要があります。

しかし、一般的な日本人の方であれば、この点はとくに心配する必要はないことですし、特段に大きなハードルとなって前に立ちふさがることはないでしょう。
とはいえ、XMで取引を行うために専用で国内銀行の口座を用意したい、といった方の場合は例外となります。

ですが、そのような「XMでの取引のために新たに国内銀行の口座をもちたい」という方の場合であっても、同様に問題なく準備することが可能といえるでしょう。
ただし、XMで「銀行振込(国内銀行送金)」を行う国内銀行の口座を用意する場合は、一点だけ注意しておきたいことがあります。

それは、XMで利用している口座と、XMへ入金するための国内銀行の口座の名義人が一致している、ということです。
こちらについては、マネーロンダリングを防止する観点からも重要視されています。

そのため、たとえご家族が名義人となっている国内銀行の口座であっても、利用することはできませんのであらかじめ注意しておきましょう。
万が一、XMで利用している口座と、国内銀行の口座の名義人が異なっている場合は、入金作業が停止されて反映されない状態となり、XMからのチェックが入ることになります。

また、先ほどお伝えしたように、XMで利用している口座と、XMへ入金するための国内銀行の口座の名義人が一致するように修正を促されてしまうことになります。
そのため、結果的にXMへ入金するまでに大きな労力や時間を消費してしまうこととなりますので注意しましょう。

しかし、そのような特徴をもつ「銀行振込(国内銀行送金)」によるXMへの入金ですが、気になることの一つとしては、「入金の反映時間や日数がどれだけかかるのか?」といったことではないでしょうか。
そこで次に、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」から入金を行なった場合の、入金の反映時間や日数について詳しくお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)の反映時間や日数について

XMへの入金で「銀行振込(国内銀行送金)」から入金を行なった場合、実際のところ、入金が反映されるまでの時間や日数はどれだけかかるのでしょうか。
その疑問に対して結論からお伝えすると、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金の反映時間や日数は、「銀行振込(国内銀行送金)」を行う銀行の営業時間内かどうかによって異なってきます。

これについてもう少し具体的に説明すると、「銀行振込(国内銀行送金)」を行う銀行が営業時間内の場合は、XMへの入金手続きを行ってから、早くて30分程度、遅くても1時間以内に反映されることになります。
しかし一方で、「銀行振込(国内銀行送金)」を行う銀行が営業時間以外となっている場合には、入金の反映が翌営業日まで先延ばしされてしまいますので注意しましょう。

そのため、たとえばですが、「銀行振込(国内銀行送金)」によるXMへの入金手続きを土曜日に行った場合は、だいたいのケースが月曜日に入金が反映されるということになります。
ですから、この場合でいえば、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金の反映日数は2日ということになります。

つまり、すぐには入金できない状態となりますので、あらかじめ認識しておくことが大切です。
そのほか、ゴールデンウィークなどの長期休暇の場合は、とくに「銀行振込(国内銀行送金)」による入金手続きを行ってからの口座への反映日数が長くなりますので注意しましょう。

また、念のためお伝えしておきますと、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」以外の入金方法であるクレジットカードを利用した入金方法であったり、bitwalletによる入金方法の場合は、口座への反映が即時反映となっています。
ですから、入金の反映時間の面では、クレジットカードを利用した入金方法であったり、bitwalletによる入金方法の方が、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法よりも優れている、といえます。

ただし、bitwalletなどを新規で利用する場合は、登録作業などが必要となり、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法よりも手間が発生してしまうことは理解しておきましょう。
そして、XMへの入金方法で「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法を利用する場合は、もう一点気になることがあります。

それが、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法で発生してくる手数料です。
XMで入金する場合、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法を選択すると、どれくらい手数料が発生してしまうのでしょうか。

それでは次に、XMで入金する場合、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法を選択した場合に生じる手数料について、詳しくお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)の手数料

ここでは、XMへの入金方法で「銀行振込(国内銀行送金)」による入金方法を選択した場合に発生する手数料について解説していきます。
実際のところ、「銀行振込(国内銀行送金)」でXMに入金した場合に発生する手数料は、入金する金額によって変わってきます。

具体的には、「銀行振込(国内銀行送金)」で10,000円以下の金額でXMに入金した場合は、一回の入金につき980円の手数料が発生します。
そのため、発生する手数料のことを考えると「銀行振込(国内銀行送金)」でXMへ入金する場合は、10,000円以上の金額で入金することが望ましいといえるでしょう。

ちなみに、XMのそのほかの入金方法のなかでは、クレジットカードによる入金方法の場合ですと、入金の際に生じる手数料は無料となります。
また、bitwalletによる入金方法を選択した場合は、XM側が徴収する手数料は無料となっていますが、入金の仲介役であるbitwallet側が徴収する手数料が発生します。

具体的には、クレジットカードからbitwalletへ入金を行なった場合で、手数料として入金額の約5%が手数料として発生します。
また、銀行振込によってbitwalletへ入金した場合は、入金額の0.5%が手数料としてbitwallet側から徴収されますので注意しましょう。

そして、XMへの入金方法で「銀行振込(国内銀行送金)」を利用する場合は、注意が必要な銀行があります。
それでは次に、XMへの入金方法で「銀行振込(国内銀行送金)」で注意が必要な銀行について、詳しくお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)の入金で注意が必要な銀行とは

XMで「銀行振込(国内銀行送金)」による入金を行う場合は、注意が必要な銀行がいくつかあります。
具体的に、なぜ注意が必要なのかといえば「入金は可能だが、出金はできない」という条件が付くためです。

そのようなXMで「銀行振込(国内銀行送金)」による入金を行う際に注意が必要な銀行としては、以下の銀行が挙げられます。

  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行(ネット支店の場合)

XMで「銀行振込(国内銀行送金)」による入金を行う場合で、先に挙げた5つの銀行(ネット支店を含む)を利用する場合は出金ができないため注意が必要です。

なお、楽天銀行などの場合は上記の例にはあてはまりませんので覚えておくと良いでしょう。
そのほか、XMへ「銀行振込(国内銀行送金)」で入金を行う場合は、銀行振込の名義人名に注意を払う必要がありますので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

具体的には、銀行振込を行う名義人の「ローマ字氏名」に加えて、「MT4/MT5口座番号」も入力することがポイントとなります。
この内容で「銀行振込(国内銀行送金)」を行わないと、正常に入金が行われず、口座への反映が遅れてしまうので注意しましょう。

それでは次に、実際にXMへ「銀行振込(国内銀行送金)」によって入金を行うやり方について詳しくお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)の入金手順・やり方について

ここでは、XMへ「銀行振込(国内銀行送金)」で入金を行う具体的な方法・やり方についてお伝えしていきます。
そんなXMで「銀行振込(国内銀行送金)」で入金を行う手順は、以下のとおりです。

  1. XMの公式ホームページにアクセスする
  2. パスワードやMT4またはMT5のアカウント情報などを入力し、XMのマイページにログインする
  3. マイページのメニューから、「資金を入金する」を選択する
  4. XMで利用できる入金方法のなかから、「Local Banks(銀行振込のことを指す)」の入金方法を選択する
  5. 「入金ボタン」を選択する
  6. 「銀行振込(国内銀行送金)」を行う名義人の「ローマ字氏名」に加えて、「MT4/MT5口座番号」も入力する
  7.  「銀行振込(国内銀行送金)」を行う銀行の情報や名義人の情報が誤っていないかをチェックする
  8. 入金したい金額を入力する
  9. XMに登録してあるメールアドレスに、入金の確認メールが届くので内容をチェックする

XMで「銀行振込(国内銀行送金)」によって入金を行う場合のやり方は、このような流れで手続きを進めていくようにしましょう。

なお、ネットバンキングを利用すると、「銀行振込(国内銀行送金)」はさらに便利ですので、そちらの利用を検討してみるのもおすすめです。
それでは最後に、XMの「銀行振込(国内銀行送金)」についてここまでご紹介してきた内容や、「銀行振込(国内銀行送金)」を行うことのメリットなどをまとめてお伝えしていきましょう。

XMの銀行振込(国内銀行送金)のまとめ

XMの入金方法としては、「銀行振込(国内銀行送金)」を利用することがおすすめです。
その理由としては、この記事のはじめにもお伝えしたように、面倒な登録作業なども必要なく、普段利用している銀行振込と同じようにXMへの入金を行うことができるからです。

そのため、海外FX業者への入金だからといって特別な手間を感じる必要もありません。
もちろん、XMへの入金方法として「銀行振込(国内銀行送金)」を利用する場合は、あらかじめ注意が必要な点も多いですし、10,000円以下の入金の場合は手数料も発生してしまいます。

そのほか、クレジットカードによる入金やbitwalletによる入金と比べると、口座への反映時間や日数がかかってしまうことも事実です。
しかし実際のところ、XMを利用しているトレーダーにとって、一番多く利用されている入金方法が「銀行振込(国内銀行送金)」であることも事実なのです。

やはり、その理由としては「銀行振込(国内銀行送金)」の手軽さ・使いやすさが挙げられるでしょう。
また、XMから出金する際にとても便利な点からも、「銀行振込(国内銀行送金)」は多くの人に支持されている入金方法であるといえます。

そのため、XMでどの入金方法が良いか悩まれている場合は、「銀行振込(国内銀行送金)」による入金をぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

なお現在、口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです。

今ならEA-BANKの会員登録と指定の口座開設のみでEAシステムを利用することができます。