TitanFXはスキャルピングが利用できる業者としてオススメな理由と注意事項まとめ

TitanFXは海外FX業者の中で、スプレッドがEUR/USDは0.2pips・USD/JPYは0.33pipsとかなり狭くスキャルピングも禁止されていません。スプレッドが狭く日本人に人気のあった海外FX業者にPepperStoneという会社がありました。

こちらの記事ではTitanFXでスキャルピングをする場合にオススメな理由と注意事項をまとめました。これからTitanFXでスキャルピングを検討中の方は是非読み進めてください。

TitanFXはスキャルピングトレードにオススメできる理由

スキャルピングをする上で必須となる条件は2つです。

  1. スプレッドが狭いこと
  2. 約定力が高いこと

1番に挙げたスプレッドは売値と買値との差ですので、早いサイクルでトレードを繰り返すスキャルピングにおいてはスプレッドの狭さは一番に挙げるべき条件です。

TitanFXのスプレッドは海外FX業者の中でも狭いです。

スキャルピングトレードを繰り返す度に取引コストの差が広がっていきます。

ECN口座のスプレッドの狭さ比較
会社名 TitanFX Axiory XM
EUR/USDのスプレッド 0.1pips 0.2pips 0.4pips
10回トレードした場合の差 0 1pips 3pips
50回トレードした場合の差 0 5pips 15pips
100回トレードした場合の差 0 10pips 30pips

※2020年1月度 MT4口座で3社のスプレッドを比較
注)スプレッド幅は時間や状況で変化します

スキャルピングトレードする際に2番目に挙げた条件の約定力の高さですが、いかにスプレッドが狭くても、リクオート(約定エラー)やオフクオート(約定拒否)そしてスリッページ(注文価格と約定価格の差)の発生頻度が高い場合、スプレッドの狭さのメリットはなくなります。

TitanFXは通信インフラにコストをかけ、約定力が高いことが特徴です。

TitanFXはウォール街から、わずか0.1ミリ秒の通信距離にある、Equinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に配置した最新サーバーへ接続しています。

ECNネットワークへの接続と、北米(米国  ニューヨーク)、アジア(日本 東京、シンガポール)に複数配置したデータセンターにより、超低レイテンシの高速接続で取引でき、特に取引量の多いトレーダーやスキャルピングトレードを意識して通信インフラを充実させています。

TitanFXはスキャルピングトレードを禁止していない

一攫千金を狙うトレーダーの多くは、大きなロットでのスキャルピングを好んで行います。

そして、10pips以下の小さな値動きで利益の確定をし、この一連の作業を日に何度も繰り返します。

しかし、FX業者はサーバー負荷の増大によるトラブル発生などを警戒し、スキャルピングを禁止しているFX会社も多く存在します。

TitanFXはスキャルピングを禁止していません、むしろ歓迎しており、セールスポイントにして公式ページでも「取引手法制限なし」としています。

特にブレード口座では、EAが高速スキャルピングを繰り返すプログラムでさえも、問題なく利用が出来ます。

TitanFXのユーザー受け入れ態勢

  • バヌアツ共和国ポートビラでの金融商品及び証券等取扱ライセンスリテールブローカー業務
  • ニュージーランドオークランドでのリクイディティ管理、カウンターパーティ管理、機関投資ブローカー業務
  • アメリカ合衆国ダラスでの24時間クライアントサポート
  • アメリカ合衆国ニューヨークでのEquinix NY4 ECN ブリッジ
  • アメリカ合衆国ボストン、プラットフォーム開発
  • インドムンバイ、 金融アナリシスデータセンター
  • 英国ロンドン、金融テクノロジーハブ

トレーダーのスキャルピングに対応できるバックボーンは十分に整えてあります。

TitanFXでスキャルピングトレードをする際の注意点

スキャルピングをする上での注意点としては、TitanFXのレバレッジ500倍を生かして、少ない資金で大きく相場を張れるのですがハイレバレッジの場合は、思惑が外れた時にレバレッジが効いているだけにロスカットも早いです。そのため、資金管理が非常に重要になります。

USD/JPY(ドル円)が100円の場合に投資金額10万円を預けて、保有枚数はどれだけ所持できるかの計算と、反対に動いた場合にどこでロスカットをされてしまうのかを表にしましたのでご覧ください。

※参考に国内FX業者と比較して書いておきます

※1ドルが100円としての計算です(計算がしやすいように)

TitanFX 国内FX業者
レバレッジ 500倍 25倍
1万通貨の

必要証拠金

2,000円

※1万通貨保有するのに2000円が必要です

4万円

※1万通貨を保有するのに4万円が必要です

10万円で

保有可能枚数

50万通貨

証拠金維持率は100%

2万通貨

証拠金維持率は125%

1円上昇101円 50万円の利益 2万円の利益

※TitanFXにて上記1ドル100円の時に1Lot=10万通貨をロングポジション保有してスキャルピングをした場合

※USD/JPY 100円 保有数1Lot=10万通貨 証拠金維持率500% スプレッド1.2pips ロスカット水準20%以下

USD/JPY 99.800円に下落 証拠金維持率 400.8% 含み損-2万円

USD/JPY 99.600円に下落 証拠金維持率 301.2% 含み損-4万円

USD/JPY 99.400円に下落 証拠金維持率 201.21% 含み損-6万円

USD/JPY 99.200円に下落 証拠金維持率 100.81% 含み損-8万円

USD/JPY 99.100円に下落 証拠金維持率 50.45% 含み損-9万円

USD/JPY 99. 050円に下落 証拠金維持率 25.24% 含み損-9.5万円

USD/JPY 99. 040円に下落 証拠金維持率 20.19% 含み損-9.6万円⇐ここでロスカット90.6pipsの下落

TitanFXでスキャルピングトレードをするならブレード口座とスタンダードどっちがオススメ?(1ロット10万通貨)

TitanFXの口座タイプは2種類用意されています

  • スタンダード口座:手数料無料のNDD方式のSTP口座で、透明性の高いFXができます。
  • ブレード口座:わずかな手数料で取引所取引のより透明性が高くスプレッドが極狭いECN方式でトレードが出来ます。
スタンダード口座 ブレード口座
取引手数料無料 取引手数料$3.5(1Lot=10万通貨)
機関グレードSTPスプレッド ECNスプレッド0.0 pips/0.0銭~
Zero Pointテクノロジー Zero Pointテクノロジー
ワンクリック取引 ワンクリック取引
70+ 通貨ペア/コモディティ/CFD 70+ 通貨ペア/コモディティ/CFD
24時間セキュア入金 24時間セキュア入金
初回最小入金額$200 初回最小入金額$200
最小取引量 0.01ロット 最小取引量 0.01ロット
最大レバレッジ 500:1 最大レバレッジ 500:1
一般トレーダー/裁量トレーダー向き 上級トレーダー/EAトレーダー向き
取引手法制限なし 取引手法制限なし
ゼロカットシステム ゼロカットシステム
リクイディティ(流動性) ECNネットワーク

 

  • スプレッド平均の比較(公式数値)
TitanFXの主要FX通貨ペアスプレッド一覧
取引通貨ペア スタンダード口座/平均スプレッド ブレード口座/平均スプレッド
EUR/USD 1.2 pips 0.2 pips
GBP/USD 1.57 pips 0.57 pips
AUD/USD 1.52 pips 0.52 pips
USD/JPY 1.33 pips 0.33 pips
USD/CHF 1.92 pips 0.92 pips
AUD/JPY 2.12 pips 1.12 pips
CHF/JPY 2.31 pips 1.31 pips
EUR/JPY 1.74 pips 0.74 pips
GBP/JPY 2.45 pips 1.45 pips

EUR/USD:0.2pipsとUSD/JPY:0.33pipsは特筆すべき狭さです。

スキャルピングをする場合、スタンダード口座とブレード口座どちらがオススメか解説

スタンダード口座手数料0円とブレード口座手数料1Lot=3.5ドルの違いを表でご覧ください。

※1ドル100円の場合のUSD/JPYを1万通貨(0.1Lot)所持した設定です

USD/JPY=100円 スタンダード口座 ブレード口座
取引手数料 1万通貨 0円 35円
スプレッド 1.33Ppips 0.33pips
スプレッドを日本円に変換 133円 33円
合計金額(スプレッド+手数料) 133 35円+33円=68
BLADE口座の方が手数料は少なくて済みます

トレードは往復で取引が完了し、スキャルピングですと1日に何度もトレードをしますので、手数料は少ない方が良いです。

FXの取引方式(インターバンクへの接続方式)

DD方式とNDD方式

国内業者はDD方式でTitanFXはNDD方式です。

DD方式

ディーリング・デスク方式の略でトレーダー(顧客)の出した注文を、FX業者のディーラーがカバーをするかどうかを決めます、相対取引と言います。

DD方式での顧客からの注文の扱い方は4タイプに分かれます。

  • 直接インターバンクに流す
  • 他のトレーダーの注文と相殺する
  • 反対注文を行う
  • 注文を呑む(インターバンクへ流さず、完全なFX業者対顧客の関係⇒顧客の利益はFX業者の損失又はその逆の関係)

良い点はFX業者提供のレートになる為、顧客へのサービスとしてスプレッドを極端に狭く設定が出来ます。

悪い点はトレーダーにとって有利なレートで注文を出した場合に約定拒否やリクオート、更にスリッページなども起きる可能性があることです。そして、有事の際に乗じてスプレッドを故意に開いてストップ狩りをすることも業者側はできてしまうことです。

NDD方式

ノーディーリング・デスク方式の略で簡単に言いますとインターバンク直結になる為、レート操作は出来ない仕組みです。特にECN方式は取引所取引となり透明性がより高く、スプレッドも極端に狭いです。STP方式は手数料がかかりませんが、ECN方式はスプレッドが狭い反面、一般的に取引手数料を徴収します。

TitanFXでスキャルピングトレードでは取引手数料に注意

スキャルピングをするには、スタンダード口座とブレード口座ではブレード口座の方が手数料は安く済むと書きましたが、ブレード口座は少ないとはいえ、取引手数料が取引ごとにかかる点は注意が必要です。

スキャルピングは取引回数が多くなりますので、後で取引履歴を確認した際に往復でかかることを忘れてしまい、手数料の多さに驚く結果が待っています。事前にシミュレーションをしてからトレードに臨まれることをオススメします。

まとめ

スキャルピングトレードをする場合、TitanFXを利用する事はオススメです。

スキャルピングの取引方法は売買回数が多くなりますので、スプレッド、手数料は大変重要な要素です。

TitanFXのブレード口座はECN方式のため取引方法は透明性が高く、リクオートやスリッページも発生し辛い約定力の高さで、取引手数料はかかりますがスプレッドが大変狭いので、スキャルピングをするのに最適な環境が整えられている海外FX業者だと考えます。