Artemis

 

  EA名 Artemis
作者 Angel
通貨ペア ドル円(USDJPY)
時間軸 5分足(M5)
取引スタイル スキャル・デイトレード
最大ポジション数 7ポジション
バックテスト期間 13年1ヶ月
両建て/ナンピン/マーチン なし/なし/なし

 

バックテスト(クリックで詳細確認)

 

EA説明

☆★特徴★☆
ドル円5分足、トレンドフォロー型のEAで押し目や戻りを狙います。
某有名EA販売サイトで1年以上、私自身も2年間海外口座で運用しており、2年連続プラスの成績を収めている実績のあるEAです。
2018年は11月末現在で1053pips獲得しております。
 
リアル口座の成績です↓
 
 

☆★パラメータ値★☆

MAGIC1~8
 マジックナンバーです。

▶Lots_A、Lots_B、Lots_C (初期値:0.1)
 各ロジックのロット数です。
 
▶StopLoss (初期値:0)
 ストップロス値です。
 0を入力するとストップロス値は設定されません。
 初期値は0ですのでご注意ください。私は150と設定し運用しています。
 
▶TakeProfit (初期値:0)
 テイクプロフィット値です。
 0を入力するとテイクプロフィットは設定されません。
  
▶Slippage (初期値:50)
 設定したpips以上の発注のズレが発生した場合は発注を見送ります。
 レイテンシ(遅延時間)が大きい環境ではスリッページが大きくなりますので、
 ここの値を小さくしすぎると環境によって発注や決済が行われなくなります。
 (週末決済機能等にも影響を与えます。)
 値を小さくする場合はそのことを理解したうえで設定してください。

▶Max_Spread (初期値:50)
 スプレッドフィルターです。
 設定したpips以上のスプレッドが開いた場合は発注を見送ります。
 ここの値を小さくしすぎるとブローカーによって発注が行われなくなります。
 値を小さくする場合はそのことを理解したうえで設定してください。

▶MM (初期値:false)
 trueで複利モードとなります。
  
▶Risk (初期値:2)
 ”Risk”のパラメータで複利のロット調整が可能です。
 計算式は以下のようになります。

 Lots = 口座残高× (Risk ÷ 100) ÷ BaseLots ÷ (sl ÷ 100)
 BaseLotsはご使用のブローカーの最小通貨単位となります。
 1000通貨単位であれば100,000が入ります。

 ”Risk”の単位は%となっており、これは口座残高に対する1ポジションあたりの最大損失の大きさとなります。
 例えば口座残高が50万円の場合で、Risk値を5%とした場合は1ポジションあたりの最大損失は25,000円となります。
 ここで最小通貨単位が1000で”StopLoss1″が100pipsに設定されている場合は、ロットの大きさが0.25となります。
 複数ポジションを持つタイプのEAの為、資金不足にご注意願います。

▶MaxLots (初期値:1.0)
 複利機能をご使用の際に活用して下さい。
 ここで設定したロットより大きな設定値にはなりません。

▶ExitTime (初期値:22:50)
 週末決済を行う時間です。
 曜日は金曜日固定となっています。
 時間はブローカーの時間となります。
 ※時間はMT4に表示されている時間となります。
 各ブローカーによって取引可能時間に違いがあるようですので、取引可能時間内に設定していただくようお願いします。
 ※注意 環境によっては上手く動作しないこともありますので、確実に週末持ち越しをさせたくない場合は手動決済や、
 自動売買OFFを行なって下さい。

▶TradeEnd (初期値:22:30)
 週末取引停止時間です。
 曜日は金曜日固定となっています。
 金曜日の設定時間以降は条件が揃っても取引が発生しません。
 週末持ち越しポジションを発生させたくない場合は、ここの時間を”ExitTime”より前の時間にして下さい。
 ※時間はMT4に表示されている時間となります。

 週末持ち超しなし、雇用統計の15分前に週末決済してしまいたい場合は以下に設定していただければ良いです。
  GMT+3(冬時間+2)の場合
  ExitTime → 15:15 (冬 16:15)
  TradeEnd → 15:00 (冬 16:00)

▶MaxPositionCount  (初期値:7)
 ポジションの上限を設定できます。

▶Entry_Level(初期値:4)
 エントリーの感度を設定できます。
 数が少ないほうが感度が良くなります。

▶Exit_Level(初期値:5)
 決済の感度を設定できます。
 数が少ないほうが感度が良くなります。(決済が早くなる)

▶Buy_only、Sell_onry (初期値:true)
 買いのみ、売りのみの設定が出来ます。

▶Active_mode (初期値:true)
 ここをfalseにすると取引頻度は下がりますが低ドローダウンのモードになります。
 お好みでご選択ください。

▶Entry_A、Entry_B、Entry_C(初期値:true)
 各ロジックの有効無効を設定できます。

▶COMMENT
 好きなコメントをご記入し管理するのにお使いください。
 デフォルトはEA名が入っております。

 

 

EA開発者に問合せ

※お問い合わせフォームから送信いただけない場合はinfo@ea-bank.comへお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

 

カテゴリー: EA