\ リアルタイム運用成績も全て公開 /

 

 

追証なしとは…

FXで取引をする、というと利益をあげるどころか借金をしてしまう怖いイメージを持っている方も少なくありません。ですが、そんなFXの怖いイメージは「追証なし」のゼロカットシステムによってくつがえすことができるのです。

しかし、そうはいっても「追証なし」でもデメリットがあるのではないか、と不安になってしまう人もいるでしょう。そこで、この記事では「追証なし」について正しい知識を深め、うまく利用していく方法をお伝えしていきます。

FXでリスクを少なく、利益を拡大させていきたい方は必見です。なお現在、口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです。

今ならEA-BANKの会員登録と指定の口座開設のみでEAシステムを利用することができます。

EA-BANKの無料会員登録はこちらからどうぞ>>>

 

FXの取引で借金を背負うリスクを取り除いてくれる「追証なし」ですが、そもそも「追証なし」とは何なのでしょうか。
まず追証(おいしょう)とは、「追加証拠金」の略称です。

この追加証拠金はすでにご存知の方も多いかもしれませんが、FXの取引を行う上で担保となるお金のことをいいます。
この証拠金が損失などによって必要な金額よりも下回ってしまった場合、証拠金維持率を保つために追加証拠金(追証)が必要となります。

とくにFXでの取引ではレバレッジをきかせた取引をすることも多いものです。
もちろん、レバレッジをきかせて取引をすれば、利益は何倍にもなります。

しかし、損失が出てしまった場合には、この追証が何倍にもなって、結果として借金になってしまうこともあるのです。
とはいえ、ロスカットが正常に行われれば、この追証が借金にまで膨らむことはないはずです。

ですが、相場が急に変動するような場合、たとえば過去にあったリーマンショックや大震災、スイスフランショックなどの場合は決済までに時間を要することになります。
このような流れによって、ロスカットが間に合わず、追証による借金をつくってしまうことになるのです。

そのため、当たり前のことながらハイレバレッジの取引をしていればしているほど、追証のリスクは高くなります。
このようにお伝えすると、ハイレバレッジが代名詞ともいえる海外FXで取引を行うなんて、言語道断と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、海外FXなどでは、こういった追証が発生しないゼロカットシステムを採用しています。
つまり、海外FXで取引を行うということは、追証による借金に怯えることなくハイレバレッジを活用した取引を行うことができる、ということなのです。

ですから、言ってしまえば海外FXでは取引によって借金を背負うことはなく、自ら投資した金額のみの損失でまかなうことができるのです。
このような特徴をもつ海外FXの追証なしのゼロカットシステムについて、さらに詳しく説明していきましょう。

 

海外FXの追証なしのゼロカットシステムとは

海外FXといえばハイレバレッジで取引を行うイメージが定着しているかもしれませんが、普通に追証が発生するとなると、リスクを恐れて誰も海外FXで取引をしなくなってしまうでしょう。
ですが、先ほどもお伝えしたように海外FXでは追証なしのゼロカットシステムを採用している業者がほとんどなのです。

そのため、海外FXでは追証なしで安心してFXの取引を行うことができるということになります。
つまり、海外FXで採用されているゼロカットシステムとは、証拠金以外の損失をゼロにしてくれ、本来であれば借金となる部分をFX業者が負担してくれる仕組みのことなのです。

ですから、追証分が1,000,000円になろうが、1,000,000,000円になろうが追証なしで、借金部分をトレーダーが負担することはありません。
しかし、そのような追証なしのゼロカットシステムを採用しているということは、「海外FX業者の方は大丈夫なのか?倒産しないのか?」と思われるかもしれません。

これについては、もちろん海外FX業者の方でも対策をとっています。
具体的には、本来追証となる金額分が大きく膨らまないように口座残高などによってレバレッジに規制をかける方法をとっているのです。

また、それでも海外FX業者が倒産してしまうリスクはゼロではなく、実際に海外FX業者が倒産してしまった事例も過去にはあります。
ですが、その場合でも預けている口座資金がトレーダーの手元に戻らない、といったことはありません。

なぜならそれは、各海外FX業者はトレーダーから預かっている資金を分別管理や信託保全などによって安全に守っているからなのです。
そのため、海外FXでは追証なしはもちろんのこと、資金管理などの面でも安心して取引を行うことができます。

 

海外FXの追証なしのゼロカットシステムの施行方法と例外

アイキャッチ画像を設定

海外FXの追証なしのゼロカットシステムは、取引で損失を被り口座残高がマイナスになった場合に追加入金を行うことによって施行されます。
しかし、例外としてボーナスがある場合は、先にボーナスが消滅するためゼロカットが行われないことになります。

また、含み益を生じたポジションの場合も同様に、ゼロカットは行われませんので注意しましょう。
そのほか、複数の口座で両建てを行なっていたり、業者間の口座であっても両建てを行なう行為は禁止されているため、ゼロカットは行われません。

ゼロカットの対象外とならないよう、これらの事項には細心の注意を払うようにしましょう。

 

追証なしのおすすめの海外FX業者

海外FX業者では、先にお伝えしたようにほとんどの場合は追証なしのゼロカットシステムを採用しています。
しかし、だからといってどんな海外FX業者を選んでも良いのか、というと実はそうではありません。

というのも、過去の事例として追証なし・ゼロカットシステム採用を謳っている海外FX業者であっても、例外的に追証を求める業者もあったからです。
ですから、追証なし・ゼロカットシステムを採用していると言っているから、というだけでは残念ながら安心して利用することはできず、むしろ危険な行為であるともいえます。

つまり、過去にそのようなルール違反ともいえる行為を行なっていないかを確認して、利用する海外FX業者を決めていく必要があります。
ここで「信頼できる海外FX業者がわからない…」という方のために、追証なしのゼロカットシステムを採用しつつ、なおかつ信頼性の高い海外FX業者をご紹介していきましょう。

具体的におすすめの海外FX業者としては、

  • TitanFX
  • axiory
  • Tradeview
  • landfx
  • hotforex
  • XM

これらが挙げられますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、ここまで海外FX業者の追証なしのゼロカットシステムについて知識を深めてくると、ある疑問が浮かんでくるかもしれません。
それは、なぜ海外FX業者は(対策は取っているものの少なからずある)倒産のリスクを背負ってまで、トレーダーのリスクをかぶってくれるのか?ということです。

これはもちろん、ただのお人好しでやっていることではありません。
つまり、海外FX業者が成り立つ仕組みに基づいて行われている施策なのです。

というのも、海外FXではトレーダーが取引ごとに支払ってくれる手数料が利益の対象となります。
ですから、追証が怖くてなかなか海外FXで取引してもらえない…といった状況が、海外FX業者にとっては一番の痛手となります。

そのため、海外FXの取引で弊害となる追証を「なし」にして、少しでも積極的にトレーダーに取引してもらいたい、というのが海外FX業者の本音なのです。
このような背景のもと、海外FX業者では追証なしのゼロカットシステムを採用することで、トレーダーに取引することをリスクと感じさせないよう工夫しています。

いうなれば、海外FX業者ではトレーダーの利益を拡大させて、さらに取引回数を増やしてもらうことを目指しています。
それによって、業者自身にも取引手数料として利益が回ってくるというwin-winの関係を目指してしている、ということになるでしょう。

先にお伝えしたように、海外FXの特徴でもあるハイレバレッジは、魅力でもありながら時に怖い面も持ち合わせています。
だからこそ、こういった追証なしのゼロカットシステムを採用することで、海外FX業者はトレーダーがストレスなく取引に利用できる環境をつくっているのです。

しかし一方で、国内FX業者ではゼロカットシステムを採用しておらず、追証を請求する姿勢を取っています。
これはなぜなのか、次に詳しくお伝えしていきましょう。

 

国内FXはなぜ“追証なし”ではないのか

国内FX業者では、なぜ海外FX業者のように「追証なし」のゼロカットシステムを導入しないのでしょうか。
海外FX業者のように国内FX業者も追証なしのゼロカットシステムを採用すれば、トレーダーも安心して取引できるでしょう。

そしてさらに、国内FXを利用するトレーダーも増えるに違いありません。
しかし、国内FX業者が「追証なし」としない理由は、実は日本の法律が関係しています。

つまり、簡単に言ってしまえば、法律によってトレーダーの損失を補填させないように取り決められているため、国内FX業者では「追証なし」とすることができないのです。

ですから、残念ながら国内FXで取引をして損失を被り、口座残高がマイナスとなれば追証が発生し、借金を背負うことになります。
ちなみに、国内FXの場合は海外FXのようにハイレバレッジではなく、レバレッジは25倍となっています。

しかし、それでもやはり追証が発生する場合は大きな金額となってしまうことが多いものです。
また、ロスカットはあるものの、先にお伝えしたように正常に作動するとは限りません。

それに、土日にポジションを持ち越ししてしまった場合は含み損が増えても対処することができないため、追証のリスクも高くなります。
そのため、国内FXで取引をするということは追証のリスクと常に戦わなければいけないということになります。

一方で、海外FXの場合は、日本の法律では管理できない範疇であるため、問題なく「追証なし」にすることができるのです。

 

海外FXの追証なしのゼロカットシステムのメリット

ここで改めて、海外FXの追証なしのゼロカットシステムのメリットをおさらいしてみましょう。
まず、当然のことながら海外FXで取引を行うトレーダーは、口座に入金した金額以上の損失・借金を背負うリスクは皆無です。

この効果がもたらすメリットはかなり大きいものといえるでしょう。
それによって、資金を失う危険がないだけでなく、海外FX特有のレバレッジをきかせた取引を積極的に行うことができるというのも大きな意味があります。

だからこそ、海外FXでは大きな利益を獲得することができるのです。
そのほか、これは意外なメリットかもしれませんが、追証なしとわかっていることで精神的にも落ち着いて取引に臨むことができます。

常に大金を失うリスクと隣り合わせの状態では、どんな敏腕トレーダーであっても疲弊してしまい、冷静な判断を欠いてしまうことになるでしょう。
しかし、たとえ損失が出ても「追証なし」という免罪符があれば、それだけで損失につながりそうな場面で冷静になって踏みとどまることができます。

そして、その結果としてチャンスのときには思いきった判断に好転させることも可能なのです。
このように、海外FXの追証なしのゼロカットシステムによるメリットは計り知れません。

しかし一方で、追証なしによるデメリットは存在しないのか?ということも気になるポイントではないでしょうか。
そこで次に、追証なしのデメリットについて包み隠さずお伝えしていきましょう。

 

海外FXの追証なしのゼロカットシステムのデメリット

ここまで海外FXの追証なしのゼロカットシステムのメリットはもちろんのこと、なぜその仕組みが成り立つのかも詳しくお伝えしてきました。
しかし、そんな無敵にも思える追証なしにもデメリットは多少なりとも存在します。

まず、追証なしのデメリットとして挙げられるのが、先にもお伝えしたようにレバレッジが規制されることがある、ということです。
これは、追証のリスクを海外FX業者が肩代わりする代わりに、追証になる可能性を少しでも下げる目的があります。

ですが、これはすべての海外FX業者でレバレッジが規制されてしまうわけではありません。
たとえば、TitanFXやTradeview、Bigbossなどではレバレッジの制限なく、ハイレバレッジそのままで取引をすることができます。

しかし、このほかにも追証なしのデメリットは存在します。
それは、追証なしの代償として海外FXでは国内FXよりもスプレッドが広く設定されているということです。

これはレバレッジの規制同様に、トレーダーに対して無理な取引をなるべく行わないように意図があります。
また、海外FX業者がトレーダーの代わりに追証のリスクを持つ分、少し手数料を高めに設定している、という意味合いもあります。

ですが、この海外FXのスプレッドを、レバレッジが仇となって何十倍、何百倍にも膨れ上がる追証に備えた“保険料”であるととらえることもできるでしょう。
そのように考えると、海外FXのスプレッドはやはりそこまで高い手数料ではない、といえるのではないでしょうか。

 

海外FXの追証なしのゼロカットシステムを利用して利益をアップさせよう

お伝えしてきたように、追証なしにもデメリットが多少なりとも存在します。
しかし、海外FXの追証なしのゼロカットシステムには、それ以上のリターンがあることは言うまでもありません。

なぜなら、海外FXの取引では自ら投資した金額以上に借金を背負うリスクはないからです。
ですから、FXの取引で利益を拡大させたい方は、ぜひ海外FXの追証なしを利用していくのがおすすめといえるでしょう。

なお現在、口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです。

今ならEA-BANKの会員登録と指定の口座開設のみでEAシステムを利用することができます。

 

 

\ リアルタイム運用成績も全て公開 /

かんたん3ステップで、80個以上のEAが全て無料!

  • STEP1

    無料会員登録

    無料会員登録
     

    EA-BANKは、会員登録が無料です。
  • STEP2

    FX口座開設&入金

    FX口座開設&入金
     

    EA-BANK経由でFX口座を開設し、10万円または1,000ドルを入金。
  • STEP3

    FX口座番号の申請でEAをダウンロードし放題!

    FX口座番号の申請で
    EAをダウンロードし放題!

    マイページからFX口座番号を申請し、認証が完了すると、口座認証完了のメールが届きます。

 

EA-BANKとは

 

 

EA-BANKなら、自動売買ソフトEAが無料

自動売買ソフトは1本あたり数万~数十万円の物もあります。そのため、EA投資を始める前に初期費用が必要となります。その費用を資金に回すことができれば…、EA-BANKはその想いを実現します。

EA-BANKでは、登録されているすべてのEAを全て無料でご利用可能です。複数のEAを稼働させたポートフォリオを組むことも無料でできます。

  • 厳しい審査基準で選び抜かれたEA

    EA業界は玉石混淆です。優れたEAもあれば、バックテストの見栄えを良くしただけの使えないEAもあります。そのため、本物のEAであるかどうかを判断することはEA投資の上でのキーポイントと言えます。しかし、EAにはたくさんの数字や指標があり、評価がとても難しいのが現実です。また、EAを評価するためにはそのEAを購入しなければならないため、更にハードルが高まります。

    そこで、EA-BANKは利用者様に代わってEAを厳しく公平に審査しております。そして、弊社独自の審査基準をクリアしたEAのみをラインナップしております。

  • EA-BANKでしか手に入らないEA

    EA-BANKには市場に出回っていない良質なEAが数多く揃っております。それは、EA-BANKにご賛同いただき、EA-BANKにしか出品されないことを表明されているEA作者様による投資手法をプログラム化したものです。

    スキャルピング、デイトレ、スイング、ナンピン、ピラミッディング…。EA-BANKでしか手に入らないEAを、是非、その目で確認してみて下さい。

  • フェアな報酬制度

    昨今の投資業界は、マーケティング先行で煽り文句ばかりが先行し投資の本質から外れた物ばかりが売れてしまっています。その弊害として、本当に素晴らしいEAが評価されない状態になってしまっています。

    EA-BANKはそんなEA業界を本気で変えていきたいと考えています。EAは成績でこそ評価されるべきです。余分な情報や煽り文句は必要ありません。

    EA-BANKではどのEAもすべて同じ条件の下で公平に評価され、それはEA作者様に対する報酬に直結します。EAフォワード成績が良ければ多くの報酬が支払われ、成績が悪ければ報酬は支払われません。

    EA作者様にマーケティング力は不要。大切な時間は、EA開発のためだけに充てて下さい。EA-BANKは優秀なEAを探求し続けています。

  • お手持ちのEAも使用可能

    もちろん、利用者様が現在お持ちのEAも並行してご利用いただけます。

    通常の手続きでFX口座開設をした場合、EAは手元にある1個しか使えません。一方、EA-BANKを経由してFX口座開設をした場合、お手持ちのEAに加え80個以上のEAを追加で使う事が出来ます。

    EA-BANKが、あなたにとってベストな投資環境を手に入れるキッカケになれば幸いです。

 

 

\ リアルタイム運用成績も全て公開 /