MT4を無料でダウンロードする手順と「できない」場合の対処法まとめ【XM/Tradeview/TitanFX】

MT4は数多くのFX業者でダウンロードできますが、こちらの記事ではダウンロードできずに困っている方向けにダウンロードする手順とうまくいかない場合の対処法をまとめています。

「トレードしたいけどMT4のダウンロードの仕方がわからない!」

「MT4をダウンロードしたいけど海外サイトばかりで不安!」

という事でお悩みの方は是非読み進めてください。

MT4(メタトレーダー4)をダウンロードする方法

XMTradingの場合

まずXMTradingのホームページ(https://www.xmtrading.com/jp/)にアクセスします。

下記画像の「プラットフォームダウンロードセンター」をクリックしてください。

左側のMT4から、お使いのPCにあったものをクリックしてください。

ダウンロードをクリックするとMT4のダウンロードが開始されます。

Tradeviewの場合

TradeviewのMT4をダウンロードする場合、無料デモ口座開設が必要となります。

まずTradeviewのホームページ(https://www.tradeviewforex.com/ja/)にアクセスします。

「無料デモ口座」をクリックし、名前、メールアドレス、レバレッジ(デモ口座なのでどれを選んでも問題ありません)、通貨(こちらもデモ口座のため特に問題はありませんが、USDもしくはJPYをお勧めします)を入力します。

登録したメールアドレスにダウンロードリンクがありますのでページに進むとダウンロードすることができます。

TitanFXの場合

TitanFXのMT4をダウンロードする場合、無料デモ口座開設が必要となります。

まずTitanFXのホームページ(https://jp.titanfx.com/)にアクセスします。

口座開設をクリックし、名前、メールアドレス、電話番号、居住国を入力します。

登録したメールアドレスにダウンロードリンクが届きますので、ページに進むとダウンロードすることができます。

FXDDの場合

まずFXDDのホームページ(https://www.fxddtrading.com/bm/jp)にアクセスします。

メニューバーの「トレーディング」→「取引プラットフォーム」→「Metatrader4」をクリック。

画像のような画面が表示されますので「MetaTrader 4詳細」をクリック。

「各種インストーラーはこちら」をクリック。

画像のようなページが表示されますので、お使いのPCにあったものを選択してダウンロードすることができます。

MT4をダウンロードすることができない場合の対処法

「ダウンロード方法は分かったけど肝心のMT4がダウンロードできない!」「ダウンロードしてもエラーが出てしまう!」そんな方へ向けてダウンロードできない原因をまとめてみました。

メタクォーツ社からダウンロードする場合

MT4はFX業者の公式サイト上でダウンロードすることはできますが、本来はメタクォーツ社が提供しているものです。

「わざわざFX業者ではなくてメタクォーツ社からダウンロードすればいいのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、現在メタクォーツ社のホームページからMT4をダウンロードすることができなくなっています。

なぜならMT4をダウンロードしてもMT5がダウンロードされてしまうからです。

というのも現在メタクォーツ社ではMT5を推奨しているためMT5が勝手にダウンロードされてしまいます。

チャートを見るという点に関してはMT4、MT5どちらでも問題ないのですが、「自分でインジケータを作りたい」「勝てるサインツールが欲しい」という方は、今現在でも世界でMT4が主流で使われていますのでMT4をオススメします。

ですのでMT4をダウンロードするときはFX業者のサイトからダウンロードされることを推奨します。

IntenetExplorerのセキュリティ設定に問題がある

ダウンロード時に「現在のセキュリティ設定では、このファイルをダウンロードできません」と表示されてしまう場合は、InternetExplorerのセキュリティ設定に原因がある可能性があります。

「インターネットオプション」→「セキュリティ」→「レベルのカスタマイズ」→「セキュリティ設定」と進み、ファイルのダウンロードを有効にすることが対処法になります。

それでも解決できない場合はGooglechromeやFireFoxなどのブラウザからダウンロードしてみることをオススメします。

セキュリティソフトに問題がある

MT4をダウンロードはできたものの、いざ起動しようと思ったらエラーが出てしまう!口座申請にすらたどり着けない!アンインストールして再度インストールしてもエラーが出てしまうという方は、お使いのPCに入っているセキュリティソフトに原因がある場合があります。

マカフィーなどのセキュリティソフトには「リアルタイムスキャン」という機能があるのですがそれが有効になってしまっているとMT4をダウンロード、インストールができない状況になってしまうことがあります。

ですので、ダウンロードやインストール前にはマカフィーなどのセキュリティソフトの設定から「リアルタイムスキャン」を無効にしておくことをオススメします。

※ダウンロード、インストールが終了した後は必ず「リアルタイムスキャン」を有効に戻すようにしてください。そのままPCを使ってしまうとウイルスが入ってしまう恐れがあります。

Macでのダウンロード、インストール時の注意事項

Macをお使いの方でMT4をダウンロード、インストールする場合、インストール時に「開発元が未確認のため開けません」と表示されてしまうことがあります。この場合、セキュリティの設定を変更する必要があります。

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」から「“○○”は開発元を確認できないため開けませんでした」の隣にある「このまま開く」をクリックすると開くことができます。(“○○”←には、MT4ではなく、お使いのFX業者の名前が入ります。例:XMからMT4をダウンロードした場合→“XM”は開発元を確認できないため開けませんでした。)

また、「セキュリティとプライバシー」から「変更するには鍵をクリックします。」を選択しMacのパスワードを入力します。そこから「すべてのアプリケーションを許可」を選択していただいても、MT4を開くことができます。

まとめ

MT4をダウンロードする方法とできない場合の対処法をまとめました。

MT4は手順通りに従えば簡単にダウンロード、インストールができます。

MT4は世界で最も多く使われているチャートソフトですし、インジケータも豊富で自動売買もできてしまう優れものです。日本のチャートソフトと比べ物にならないくらい便利です。