IronFXの評判まとめ!出金拒否の真実は?メリット・デメリットを解説!

IronFXは海外FX業者の中でも良い噂・悪い噂問わず耳にすることが多い業者です。
しかし、実際のところironfxの評判はどうなのでしょうか?

この記事では、IronFXの出金拒否の真実についてや、IronFXを利用する上でのメリット・デメリットなどを詳しくお伝えしていきます。
そのため、「IronFXを利用してみたいけれど、評判が気になる!」という方は、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

なお現在、FXの口座開設をお考えの方には、EA-BANK経由で口座開設をするのがおすすめです。
今ならEA-BANKのEAシステムを利用することができますので、ぜひこの機会にこちらから口座開設をしてみてくださいね。

ironfxの基本情報

IronFX(アイアンエフエックス)は2010年に運営が開始されており、早くも運営歴は10年に達するところで海外FX業者としては中堅レベルのブローカーであるといえます。
また、豊富なボーナスやスプレッドの狭さ、スワップポイントの高さなど整った取引環境でトレードできることがironfxの売りとなっています。

しかし、このように一見して基本スペックの高さを感じられるIronFXですが、これまで顧客の信頼獲得にはなかなか苦戦を強いられてきています。
というのも、IronFXではこれまでに幾度となく海外FX業者として無くてはならない「顧客からの信頼」を裏切るともいえる行為を繰り返してきたためです。

その結果として、残念ながらIronFXはそのハイスペックな環境の割には、世界中のトレーダーからの評判はあまりよくありません。
もちろん、そのIronFXの評判を知らない人にとっては、「ボーナスやスプレッド、スワップポイントなども素晴らしい業者だ!」と思われることでしょう。

しかし、IronFXの評判を知っている人からすれば、「なるべく近寄りたくないFX業者」であると判断されています。
まさに、IronFXは「知っている人は知っている、海外FX業者の問題児」ともいえるでしょう。

そんなIronFXの評判について、IronFXが過去に起こしてきた数々の事件も合わせて詳しくお伝えしていきます。

ironfxの過去と評判

IronFXの評判について、結論から先にお伝えすると「評判があまり良くなく、あまりおすすめできない」というのが答えになります。
IronFXの評判を知るためには、IronFXが過去にどのような事件を起こし、それによって世界中のトレーダーたちがどのような思いをしてきたのかということを知ることが一番です。

ironfxが過去に行なった日本人の信頼を裏切る行為

IronFXはかつて、そのハイスペックなトレード環境から日本でも人気を博していた海外FX業者の一つでした。
しかし、ある事件をきっかけに日本人からの信頼が失墜してしまいました。

そのIronFXが起こした事件とは、2014年にいきなり日本からの撤退を発表したことです。
なぜIronFXがいきなり日本から撤退をしようとしたのかというと、それは金融庁からの許可を取得するためでした。

しかし、そのために現在進行形で取引をしていた日本人トレーダーを切る形になってしまったのです。
そのため、IronFXを利用していた日本人トレーダーたちは、新規の口座開設や追加の口座開設を行えないのはもちろんのこと、

  • ポジションの強制決済
  • 含み損から損失が確定
  • ボーナスの利用停止
  • 口座の使用停止

など開いた口がふさがらないような結末を迎えなければなりませんでした。

また、出金手続きもまともにしてもらえない、サポート対応もしてもらえないといったトレーダーも続出してしました。
結果として、このようなIronFXの突然の仕打ちに対して、日本人トレーダーたちは泣き寝入りするしか、ほかに方法はなかったのです。

その後結局、多くの日本人トレーダーを犠牲にして所得しようとした日本の金融庁の許可もironfxは取得できませんでした。
しかし、問題はそこで終わりません。

なんとIronFXは「日本人トレーダー締め出し」のわずか一年後に、また懲りもせずに日本人トレーダー受け入れを発表したのです。
このように日本人トレーダーの信頼を平然と裏切り、その上また平気な顔をして営業を再開したIronFXは「あまりにも身勝手すぎる」と評判になっています。

もちろん、このようなIronFXの過去を知らずに、これから海外FXを始めようと考えている人をターゲットとして狙っていることは間違いありません。
当たり前ですが、良心的で顧客に寄り添うように、親身に対応してくれる海外FX業者もたくさんあります。

そのような中で、IronFXを選んでしまうことは不幸以外の何物でもない、と断言できるでしょう。
ですから、過去にIronFXの被害に遭わなかった方でも、過去から学ぶことができる教訓をこれからに活かしていくことが大切です。

まずは信頼できる、評判の良い海外FX業者を選ぶことが先決ですので、くれぐれもIronFXのハイスペックな取引環境だけに心を奪われることのないようにしましょう。
そのように口を酸っぱくして言える理由としては、IronFXの「顧客の信頼裏切り行為」は、何も日本だけに限って行われていることではないからなのです。

次に、中国で起こったIronFXに対する暴動についてお伝えしていきます。

ironfxの悪評は中国でも問題に

IronFXでは、日本人トレーダーの事実上の締め出しを行う以前にも、中国で問題を起こしています。
具体的には、2013年頃から中国人トレーダーに対して、出金拒否を中心に被害総額で30億円以上もの出金トラブルを起こしました。

その結果として、IronFXの中国オフィスには多くの中国人トレーダーが集結し、暴動が起こっています。
しかし、IronFXでは暴動が起こった理由を「中傷的なもの」であるとして簡単に片付け、中国人トレーダーからの信頼を裏切りました。

また、それだけではなくIronFXでは中国オフィスや本社の中国人スタッフ1,000人近くを解雇しています。
このように、IronFXでは大元の原因でもある出金トラブルから目を背け、顧客と真摯に対話しようとしない姿勢が世界中から非難が集まっています。

また、驚くべきことにIronFXの問題行動は、そのほかの国でも行われていました。

ironfxの問題行動はそのほかの国でも

実は、中国でIronFXに対する暴動が起こっている時期に、ヨーロッパや中東でも同様の出金トラブルが起こっていることから、いくつかの国では銀行がIronFXへ警告を与える事態に陥っています。
また、こちらも同時期にコロンビアではIronFXが許可を得ずに営業をしていたとして、IronFXに対して処分が下されています。

このほか、IronFXの出金トラブルを巡って、多くの裁判が行われています。
このように、IronFXは日本だけではなく世界中で問題行動を起こし、その結果として大きなトラブルを起こしています。

言うまでもなく、顧客に対して真摯な対応をしているFX業者であれば、よほどのことがない限りこのような事態には至りません。
ですから、先にお伝えしたようにIronFXは海外FX業者の中でもハイスペックな取引環境を置いているものの、その実態はあまり信頼できるようなものではないといえるでしょう。

次に、このようなIronFXの評判を作り出した、IronFXの出金拒否の真実についてお伝えしていきます。

ironfxの出金拒否の真実

IronFXはここまでお伝えしてきたように、世界中で多くの出金トラブルを抱えています。
また、IronFXの出金拒否の実態としては、「ForexPeaceArmy」という世界中のFX業者の口コミサイトを確認することでも認識できます。

その理由としては、「ForexPeaceArmy」ではIronFXは詐欺業者(SCAM認定)とされているためです。
「ForexPeaceArmy」ではIronFXは詐欺業者として認定されている原因は、もちろんIronFXによる出金拒否に対する口コミが多数あるからであり、まさしく世界中のトレーダーがIronFXの被害に遭っていることが分かります。

しかし、口コミサイトで詐欺業者として認定されている、というとそこまで大きな確証はないのでは、と思われるかもしれません。
ですが、「ForexPeaceArmy」で詐欺業者として認定されることは、実は簡単に行われるものではなく、実際に認定されている業者はそう多くはありません。

つまり、出金拒否などの報告がとても多いことから評判が著しく良くないなどの理由がない限り、このような詐欺認定は行われないのです。
また、「ForexPeaceArmy」では、IronFXで出金拒否の被害に遭った多くのトレーダーが、

  • 出金の手続きがずっと「処理中」となっていて、いまだに出金対応をしてもらえていない
  • IronFXは詐欺業者だ
  • 大切な資金を無駄にしたくなければ、IronFXに入金するべきではない
  • IronFXの口座に資金を預けている場合は、悪いことは言わないから、いますぐ利用を停止することをおすすめする

などの口コミをしています。
ですから、とどのつまりはIronFXで出金拒否に遭っている被害者はとても多く、このような被害を避けたければIronFXは利用すべきではない、ということがいえるでしょう。

ここまでIronFXが過去に世界中を巻き込んできたトラブルや、それに対する評判などをお伝えしてきました。
次に、IronFXという海外FX業者を利用する上でのメリットとデメリットを整理してお伝えしていきましょう。

ironfxのメリット

IronFXの取引環境はハイスペックである、とお伝えしてきましたが、具体的にはIronFXを利用する上でのメリットには以下のようなものがあります。

  • IronFXでは、最大のレバレッジが1,000倍とハイレバレッジで取引することができる
  • スプレッドもほかの海外FX業者に比べて狭く設定されている
  • IronFXのスワップポイントも、ほかの海外FX業者に比べて高設定である
  • IronFXでは追証なしのゼロカットシステムを採用している
  • IronFXではMT4を利用できる
  • ボーナスも豪華である
  • 日本語によるサポートが充実している

このように、IronFXは利用する上で非常に取引環境が整えられていることがポイントとなっています。
ですから、これらの点だけ見れば、「いますぐIronFXで口座開設したい!」と思われる方も少なくないでしょう。

しかし、やはりIronFXについてはデメリットにもしっかり目を向けるべきです。
そんなIronFXのデメリットについて、今一度確認していきましょう。

ironfxのデメリット

IronFXの最大のデメリットは、やはりこれまで世界中で起こしてきたトラブルの数々からトレーダーからの信頼が薄く、評判が良くないことが挙げられます。
いくら取引環境が整えられていたとしても、結局のところ出金できないのでは意味がありません。

出金できない事態に陥ると、せっかく得た利益を出金できないのはもちろんのことですが、「出金できない」「騙されてしまった」といったストレスからかなりのダメージを受けてしまいます。
また、「いつ出金できるのだろう」といった不安から精神衛生面、安心して取引することができないのが1番のデメリットといえるでしょう。

しかし、IronFXでは過去の悪い評判を断ち切るためか、厳しいといわれているイギリスでライセンスを取得するなど、評判回復のために努力をしているようです。
とはいえ、過去の問題行動がそれによってリセットされることはありません。

つまり、IronFXが厳しいイギリスでライセンスを取得したからといって、もう二度と出金トラブルを起こさないという証明にはならないのです。
そのため、ご自身が出金トラブルの被害に遭わないためには、IronFXを利用するのは避けた方が良いといえるでしょう。

そして、そのほかにもIronFXでは、意外かもしれませんが入金や出金時に徴収される手数料が高くつくこともデメリットとして挙げられます。
たとえば、入金時に国内銀行送金を利用すると、手数料が980円かかります。

また、出金時に同じく国内銀行送金を利用すると、かかる手数料は1,980円です。
このほか、IronFXではビットコインも入金や出金時に利用することができますが、その際にも出金ごとに手数料が300円ほどかかりますので注意しましょう。

ironfxの評判まとめ

IronFXの評判や過去の事例、メリットやデメリットなどについてお伝えしてきました。
しかしその中でも、IronFXの評価を決めるのは信頼性です。

なんどもお伝えしているように、いくらIronFXで利益を上げたとしても不当な言いがかりをつけられて出金できないのではまるで意味がありません。
幸いにして、海外FX業者にはIronFXよりもスペックが高く、さらに信頼できる業者がたくさんあります。

たとえばではありますが、海外FX業者の中でもtitanfxやtradeviewといった業者であれば、IronFXのような出金トラブルもなくおすすめです。
なお、FXの口座開設をお考えの方には、EA-BANKのEAを利用することがおすすめです。

現在、EA-BANK経由で口座開設を行いますと、EA-BANKのEAを効果的に使うことができます。
口座開設を考えている方は、ぜひこちらから口座開設を行いましょう。