Cirius_a_GBPCHF

Cirius_a_GBPCHF EAを無料ダウンロード

   
EA名 Cirius_a_GBPCHF
作者 stagazerMG
通貨ペア GBPCHF
時間軸 5分足(M5)
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 片側3ポジション
バックテスト期間 2008.01.01 - 2020.12.31
両建て/ナンピン/マーチン なし/なし/なし
 

トレード成績(フォワード)

バックテスト(クリックで詳細確認)

 

EA説明

〇 本EAの概要及び開発コンセプト

本EAは、「高勝率」「高取引回数」「逆張り型」のいわゆる「時間制御型スキャルEA」となります。

その特徴として、本EAは、これからFXの自動売買を始めようと考えている方々、「果たして本当に勝てるのだろうか」と考えるいわば初級者様の不安の払拭に応えつつ、併せて、既にポートフォリオ運用で少なからざる結果を出されているような経験浅からぬ中上級者様にも役立てて頂けるような「汎用性」のある仕様とするべく開発しました。

次に、具体的な取引概要ですが、世界中の多数の資産運用者が参加し、年中24時間開かれている外国為替市場において、相対的に取引量が少なくなることから生じる「異常値」が観測できる「日本時間の朝方」(加えて、ピンポイントで異常値を観測できる時間枠も加味)に狙いを定め、買い売りの方向を「ローソク足の指し示す方向」で見極め、エントリーのタイミングを待ちます。

「買い」であれば「売られ過ぎ」の、あるいは「売り」であれば「買われ過ぎ」のサインを指し示す「オシレーター系指標」のトリガーをもってエントリーし、「ローソク足の指し示す方向」に沿って、数十分から最大一日程度のポジションを保有します。

過去約13年間の検証期間の分析を踏まえ、ドローダウンを可能な限り抑えつつ利益を確保するとの観点から開発者が最適と考えた、「ローソク足の指し示す方向」の反対側に置いた「固定のストップ」で不測の事態に備えつつ、欲張りすぎない「固定の利益確定」を行い、着実に利益を積み上げていきます。

本EAの開発に際しては、その「基本思想」として、「過剰最適化の徹底した排除」との観点から、トリガーとなるテクニカル指標を「厳選」、加えて、損切りが何度も続くことで心折れることを防ぐ「心理的ストレスの軽減」の観点から、「約85%以上の高勝率」を実現しています。

外国為替市場が、現在のようなインターネットを介した「高速の電子商取引形態」として世界的な普及が常態化してきた「2008年以降の約13年間」の資産曲線は「多きな凹みのない右肩上がり」となっており、当該期間中における年毎の利益も大きく損なわれることがないよう「年次利益のバランス」にも配慮しています。

さて、本EAの開発者である私こと「stargazerMG」は、この度、本EAを、「stargazer series」として上梓する運びとなりました。開発者は個々のEAの開発を始めるに際し、自身がこれから手掛けるEAをどういうEAにしたいか「擬人化したキャラクター」を思い描いてコンセプトメイクすることから始めます。

本EAが冠する「Cirius」は、凍てつく寒さの真冬の原野、見上げた夜空の「冬の大三角形」で一番光り輝く青白き星、猟師であるオリオンの番犬とされる「Cirius」が、運用者様のポートフォリオを守る「忠実な番犬」たらんとの想いを込めて開発したものです。このEAを末永く傍らに置いて頂ければ開発者としては望外の幸せです。

〇 パラメータの説明と初期値

MagicNumber = 10201020(初期値)
同じMT4の中で複数のEAを使用される場合は、他のEAと被らないように各々相違する数値を入力して下さい。

Lots = 0.15(初期値)
初期値は、0.15ロットとなっておりますが、運用者様ご自身の取れるリスクに応じて数値を入力して下さい。

Maxposition = 3(初期値)
エントリー可能時間内において、サインが複数回発生した場合に、最大で3ポジションを取ることとなります。こちらも上記のロット数と同様に、運用者様ご自身の取れるリスクに応じて数値を入力して下さい。

GMT = +2(初期値)
運用者様がお使いのFX会社のGMTに合わせて入力して下さい。
GMT = +2 のFX会社であれば「2」、GMT = +9 のFX会社であれば「9」、GMT = 0 のFX会社であれば「0」をそれぞれ入力して下さい。

Summertime = 1(初期値)
運用者様がお使いのFX会社のSummertime設定に合わせて入力して下さい。
米国式は「1」、英国式は「2」、Summertime設定のないFX会社であれば「0」をそれぞれ入力して下さい。

Max enable spread pips = 70(初期値)
本EAを稼働させる通貨ペアのGBPCHFのエントリー時のスプレッドを3.5pipsとして開発しており、許容するスプレッドの開きを、その倍の7.0pipsとしています。
運用者様ご自身がお使いになるFX会社の日本時間早朝時のスプレッドの開き具合を勘案し調整されて下さい。

※ 最後に
本EAは、FX自動売買の初心者様にも使用して頂きたく、運用者様ご自身に判断を委ねて入力しなければならない可変パラメータを必要最小限に限定しています。

要すれば、全ては13年間に及ぶ長期の「バックテスト結果」に基づき、開発者が将来的にも有効であろうと判断し設定したパラメータは、上記以外は原則的に可変させないこととしています。

したがって、本EAが、将来の相場環境に対して「調整の要あり」と開発者が判断した場合は、然るべき時期に随時バージョンアップ版をリリースさせて頂きます。

なお、開発者のツイッター(https://twitter.com/blue20544)において、EA-BANK様において現在も審査中のEAも含め構築した「stargazer series」の「自己資金」による「ポートフォリオ運用」日々のトレード結果を詳らかに公開しておりますので、運用者様のトレードの御参考にして頂けると幸いです。
<!–★

 

★–>

 

 

EA開発者に問合せ

 
カテゴリー: EA