Navy01_USDJPY

 

EA名 Navy01_USDJPY
作者 raditz
通貨ペア ドル円(USDJPY)
時間軸 5分足(M5)
取引スタイル デイトレ~スイング
最大ポジション数 片側1ポジション
バックテスト期間  10年9カ月
両建て/ナンピン/マーチン なし/なし/なし

 

バックテスト(クリックで詳細確認)

 

EA説明

[Navy01_USDJPY]は、USDJPY5分足専用のデイトレ~スイングタイプのEAで
ダウ理論をロジック化した押目買い、戻り売りの手法となっています。

ダウ理論には6つの基本法則がありますが、
このEA開発にあたり、特に重要視したのが、
「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」
です。

つまり、
高値と安値が切り上がっている限り上昇トレンドで、
高値と安値が切り下がっている限り下降トレンドで、
それが崩れた時がトレンド転換シグナルになります。

この理論を直近のローソク足の並びに着目して開発したのが
[Navy01_USDJPY]になります。

パラメーターの説明

・MAGIC:マジックナンバー(初期値:19752501)
 他のEAと被らない数値を設定してください

・MM_Work:複利機能のon/off(初期値:false)
 複利機能を使う場合はtrueにしてください

・MM_Risk:リスク許容度(初期値:10.0%)
 最大レバレッジの何%でのロット数とするか

・Lots:ロット数(初期値:0.1)
 単利設定の場合はここで設定したロット数になります

・Leverage:複利機能使用時の設定レバレッジ(初期値:25.0)
 証拠金に対して実際に売買できる倍率

・Slippage:許容するスリッページ(初期値:2PIPS)
 これ以上滑ったらエントリーしません

・stime:エントリー開始時間(初期値:0)
・etime:エントリー終了時間(初期値:22)
 stimeとetimeの間の時間帯でエントリーします。

本EAは、必ず冬時間GMT+2、夏時間GMT+3のブローカーでご使用ください。
上記のstimeとetimeはサーバー時間です。

[MM_Work]がfalseだと、[Lots]のロット数でエントリーされます。
[MM_Work]がtrueだと、余剰証拠金額と[MM_Risk]と[Leverage]からロット数が計算されます。

具体的には、
ロット数=レバレッジ*余剰証拠金/100000/口座通貨での価格*(リスク許容度/100)
となります。

参考例
レバレッジ=25(初期値)、リスク許容度=10.0%(初期値)、
余剰証拠金=50万円、USDJPY価格=110円、円口座なら、
25*500000/100000/110*(10/100)=0.11ロットでエントリーされます。

EAの挙動について

・最大ポジション数は1であり、週末に持ち越す事もあります。

・ポジションメイク時にリミットとストップを設定しますが、
 決済に関しては、そのどちらかへ到着するか、もしくは、
 ドテンして反対ポジションを持つことになります。

・ポジション保有期間は短いと数時間で、
 長いと3~4日ポジションをキープするケースもあります。

以上です。

 

 

EA開発者に問合せ

※お問い合わせフォームから送信いただけない場合はinfo@ea-bank.comへお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

カテゴリー: EA