EuroMaster_EABANK

 

EA名 EuroMaster_EABANK
作者 MiraiInvestment
通貨ペア ユーロドル(EURUSD)
時間軸 15分足(M15)
取引スタイル スキャル/デイトレード
最大ポジション数 片側2ポジション
バックテスト期間  14年10カ月
両建て/ナンピン/マーチン なし/なし/なし

バックテスト(クリックで詳細確認)

 

EA説明

このEAはEURUSD15分足で稼動するEAです。日本時間早朝から朝方に逆張りでエントリーするスキャルピングからデイトレードよりのEAで、保有時間もおおよそ数分で終了するものから、十数時間ポジションを保有する場合があります。スキャルピングよりもどちらかと言うとデイトレードの特色を有しています。頻繁に利確、損切を行うEAでは有りませんので、利確はTP決済が多い仕様となります。そのためTP、時間決済になるまで時間は比較的長くポジションを保有いたします。しかし、朝方の優位性のあるポイントでエントリーするEAですので、中長期的にはユーザー様の資産形成に十分役立つ働きをしてくれると期待しております。稼動は月曜日~木曜日、金曜日はノーエントリーデイとさせて頂いております。

ロジックについては2種類のロジックで稼動させており、ショートポジションのみ更に優位性のあるポイントで第二のロジックが稼動し2ポジ目のエントリーが行われます。特に欧州通貨の特性上ショートポジションが優位になる事、また朝スキャの特性上ロールオーバーの時間帯を超えることが多く、スワップの逆ザヤの確率を最大限低下させる事を目的として、ショートポジションを多く取るように設定しております。
その他このEAは、ポジションを持ってから14時間15分経過後に強制決済が入る使用となっております。理由としては、このEAはスキャルピングからややデイトレード気味のポジショニングとなっておりますので、エントリー時の優位性の保持期間がスイングEAに比べ概ね短いと判断されます。エントリー時の優位性は時間とともに低下する傾向がありますので、半日以上経過したポジションのその後の方向については殆どギャンブルとなってしまいますので、このEAでは決済する事で無用なSLを回避する仕様となっております。

このEAの特徴として、始値でエントリーしTP/SLで勝敗が決まりますので、成果がスプレッドに依存します。バックテスト上はスプレッドを1.5pipsに設定しておりますが、スプレッドが低い業者様であればより勝率やPFが高くパフォーマンスもその分向上します。

TPとSLの設定についてですが、

1ポジ目(ロング):TP9pips/SL90pips(デフォルト)
1ポジ目(ショート):TP13pips/SL60pips(デフォルト)

2ポジ目(ショート):TP13pips/SL60pips(デフォルト)

が適用されております。そのため、9pips~26pipsの利益を追求する反面、SLの場合は最大120pipsの損失となりますので、Lot設定についてはできればデフォルト以下にて運用下さい。また、ロジックの特性を最大限に生かせるTP/SL値を採用しておりますがお好みに応じて変更も可能です。

◇2種類の決済ロジック
logicclose
なお、デフォルト設定ではlogicclosetrueにしておりますので、ポジション保有中、反転サインをEAが感知したときは決済ロジックが動作し、ポジションを決済します。そのため、SLまで行かずに損切となるケースが多く有ります。もちろんlogicclosefalseにすることで、途中利確や損切決済を行わない設定も可能です。

時間決済モード(Time_Exit)
また、もう一つの決済方法として時間決済モードを用意いたしております。このEAは朝方のレンジを逆張りでエントリーするロジックのため、時として逆行することがあります。そのまま反転し利確すればよいのですが、長時間保有することで、相場の方向性が変わるなど、優位性が消失してしまうことがありますので、一定時間で決済してしまうことが可能です。デフォルトではTime_Exittrue、チャートの本数は57本分(14時間15分)に設定されております。この機能を使用しない場合には、Time_Exitfalseに設定ください。

◇複利設定について
複利で運用したい方のために、このEAは複利機能が搭載されています。
EAの設定画面で、MMの項目をtrueeMMmodeの選択、Risk(%)を入力頂くことで複利運用になります。
MMmodebalance、Equityの選択となっており、
balance選択時:SL時の損失が口座残高のRisk(%)
Equity選択時:SL時の損失が剰余証拠金残高のRisk(%)
の設定でロットサイジングを行います。
複利運用はリスクを伴いますので、必ずバックテストで確認し、適切なレバレッジで動かしてください。

◇その他主な仕様(週末ポジション決済:WeekendClose/年末年始取引停止filter:YearEndfilter)
WeekendClose
trueにして頂くことで、金曜日のポジションがある場合に、サーバー時間22:00にポジションを決済いたします。WeekendCloseが不要な場合は、falseにして頂くことで週末決済を行わないように出来ます。こちらはお好みにて ”true”および“false”の選択を頂けます。また、Close時間の設定も時間単位で可能となっております。なお、デフォルトではtrue、決済時間:22に設定しております。Time_Exittrueに設定いただいている場合は不要となりますが、Time_Exitfalseに設定いただいている場合には、持ち越し防止の機能が必要な場合がありますので、決済機能を用意させて頂きました。こちらもお好みに応じてご使用ください。

YearEndfilter
trueにして頂くことで、年末年始の取引制限をいたします。年末年始はクリスマスも絡み、流動性も薄いため、思わぬ方向に相場が進んでしまう事が多いです。そのため、年末年始の取引を行わない設定を用意しました。デフォルトでは、YearEndfiltertrue、動作終了を12/22、翌年動作開始を1/4とさせて頂いています。こちらもお好みにて設定ください。

◇各パラメータについての説明

設定項目 デフォルト値 説  明
MagicNumber1 196608041 1ポジ目のマジックナンバー
MagicNumber2 196618042 2ポジ目のマジックナンバー
Lots 0.14 ポジションののロットサイズ
StopLossLong 90 1ポジ目のLongポジションのSL幅
TakeProfitLong 9 1ポジ目のLongポジションのTP幅
StopLossShort 70 1ポジ目のShortポジションのSL幅
TakeProfitShort 13 1ポジ目のShortポジションのTP幅
StopLossadd 70 2ポジ目のSL幅
TakeProfitadd 13 2ポジ目のTP幅
Slippage 5 発注時の許容Slippageの値
COMMENT EuroMaster_EABANK_V1.3.3 発注時のCOMMENTです
Max_Spread 2.5 発注時の許容スプレッドの値です。
※使用ブローカーに合わせて設定してください。
MM false ロットを複利で設定する場合の設定項目
Mmmode balance リスクの計算を、口座残高(balance)で行うか剰余証拠金残高(Equity)で行うかの選択
Risk 5 SL時の損失額を%で設定
Logic_Close true ポジション保有中反転サインが出たとき決済を行う。
Time_Exit true 時間決済のON/Offボタンです。
Exit_Time 57 Time_ExitがTrueの状態で、エントリーしてから決済までのローソク足の本数を設定します。1本あたり15分です。
WeekendClose true 金曜日にポジションが残っていた場合、サーバー時間決済いたします。
WeekendCloseTime 22 週末金曜日のClose時間(サーバー時間)
YearEndfilter true 年末年始の取引の制限をいたします。
YearEndDay 22 年末の取引終了日(12月)
YearStartDay 4 年始の取引開始日(1月)

このEAのリアル運用データについては、下記にて公開させて頂いております。
http://www.myfxbook.com/members/MiraiInvestment/euromaster/357597

 

 

 

 

 

EA開発者に問合せ

※お問い合わせフォームから送信いただけない場合はinfo@ea-bank.comへお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


カテゴリー: EA