XMの口座タイプごとのメリットとデメリットと選び方まとめ

3タイプの比較 3タイプのメリットとデメリット

現在、XMTradingで開設できる口座には、スタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座の3タイプが存在します。

今回は、「XMTradingを利用するのは初めてで口座の違いがよくわからない」といった方に向けて、XMTradingで開設できる口座をそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

まず、XMTradingの基本の口座となるのがスタンダード口座、少額資金向けの口座がマイクロ口座、手数料が発生するもののスプレッドが狭く約定力が最も高いのがZERO口座となっています。

口座のタイプ毎にメリットとデメリットがありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

XMTradingのスタンダード口座の特徴

XMTradingではスタンダード口座が基本の口座となります。

スタンダード口座の1ロット辺りの取引数量は10万通貨なので、1pips辺り約1000円の損益が発生するイメージです。

スタンダード口座では0.01ロット(1000通貨)~50ロット(500万通貨)の取引が可能です。

スタンダード口座ではレバレッジを最大888倍まで利用することが可能となっているので、海外FXのメリットを十分に生かした取引が行える口座といえるでしょう。

XMTradingのスタンダード口座のメリット

・0.01ロット~50ロットまで取引可能なので、初心者・上級者といったトレーダーの種類を問わず利用することができる
・レバレッジが最大888倍利用できる
・ボーナスが獲得できる
・1ロット辺りの取引数量が大きい分、他の口座と比べXMP(取引ボーナス)が溜まりやすい

XMTradingは国内FXと比べると1ロット辺りの取引数量が10万通貨と高めに設定されています。

ですが、0.01ロット(1000通貨)からの取引が可能なので、低ロットでの取引を行いたい場合でも大丈夫です。

スタンダード口座は、幅広いトレーダーに対応している口座といえるでしょう。

XMTradingのスタンダード口座のデメリット

・国内FXと比べると1ロット辺りの取引数量が大きめ
・スプレッドがやや広い

スタンダード口座は特にデメリットがありませんが、あえて挙げるとすればスプレッドがやや広いという点があります。

また、1ロット辺りの取引数量が10万通貨なので、海外FXでの取引に慣れてない方は間違わないように注意してください。

XMTradingのマイクロ口座の特徴

マイクロ口座は、少額資金での取引を行いたい人やFX初心者の人に最も向いている口座です。

マイクロ口座の1ロット辺りの取引数量は1,000通貨と、スタンダード口座の取引数量の100分の1となっており、1ロットで取引した場合の1pips辺りの損益は約10円と少額取引が可能です。

更に取引可能ロット数は他の口座と比べ、MT4では0.01ロット(10通貨)~100ロット(10万通貨)、MT5では0.1ロット(100通貨)~100ロット(10万通貨)の取引が可能と、最も幅広く対応しており、最低取引量は10通貨からと業界トップクラスの少額投資が可能となっています。

XMTradingの最低入金額は500円ですが、マイクロ口座なら十分取引を行うことが可能なので、XMTradingが初めての方でも取引が始めやすい口座といえます。

XMTradingのマイクロ口座のメリット

・業界トップクラスの少額投資が可能
・FX初心者の人でも取引がしやすい
・0.01ロット~100ロットと取引可能なロット数の幅が広い
・レバレッジが最大888倍利用できる
・ボーナスが獲得できる

マイクロ口座は10通貨からの取引と国内外のFX業者のなかでもかなりの少額トレードが可能となっています。

なので、FX初心者の方でも取引がしやすく、FX取引の練習もしやすいです。

また、スタンダード口座同様、レバレッジ888倍の利用とボーナスが獲得できます。

XMTradingのマイクロ口座のデメリット

・取引数量の上限が10万通貨なので、資金量や取引数量が多い方には不向き
・スプレッドがやや広い

マイクロ口座は1ロット辺りの取引数量が少なく、少額投資向けであるので、ある程度資金があって大きめの取引がしたい方には向いていません。

本格的に投資を行いたい場合は、スタンダード口座をおススメします。

また、スタンダード口座同様、ZERO口座と比べるとスプレッドがやや広くなっています。

XMTradingのZERO口座の特徴

ZERO口座は主要通貨の平均スプレッドが1pips以内と狭く、約定力も特に優れている口座となります。

ZERO口座では0.01ロット(1000通貨)~50ロット(500万通貨)の取引が可能です。

最大レバレッジは500倍、最低入金額は1万円となっています。

ZERO口座の注意点として、スプレッドが狭い分取引毎に取引手数料が発生します。

また、ZERO口座ではXMTradingの各ボーナスを受け取ることができません。

XMTradingのZERO口座のメリット

・スプレッドが狭い
・約定力が高い
・ECN口座なので取引の透明性が極めて高い

ZERO口座は、株取引と同じく市場参加者同士の注文をインターバンク上で直接マッチングさせるECN方式を採用しているので、スプレッドが狭く約定力が更に高くなっています。

XMTradingが採用しているNDD方式の注文方法は元々取引の透明性が高いですが、ECN口座(ZERO口座)は業者がトレーダーの注文をカバーしないため、取引の公平性がより保たれています。

海外FXに対して不信感がある方でも、XMTradingのZERO口座であれば安心して取引が行えるでしょう。

XMTradingのZERO口座のデメリット

・レバレッジが低い
・取引手数料が発生する
・各ボーナスの受け取り対象外となっている

ZERO口座はスタンダード口座・マイクロ口座と比べるとレバレッジが500倍と、低めに設定されており、最低入金量も1万円となっています。

また、スプレッドが狭い代わりに取引毎に取引手数料が発生する仕組みです。

そしてZERO口座は、XMTradingの大きな魅力の一つである入金ボーナスやXMPといったボーナスの対象外となっているので注意してください。

どの口座タイプを選ぶべきか?

それではXMTradingを始めて利用する方に向けて、どの口座タイプを選ぶべきか解説したいと思います。

まず、口座の初回開設時に選ぶべき口座タイプは、スタンダード口座かマイクロ口座です。

理由としては、XMTradingで初めて口座開設をした場合3000円のボーナスを獲得することができますが、ZERO口座では口座開設ボーナスを受け取ることができないからです。

口座は複数開設できますので、ZERO口座を利用したい方であっても、まずはスタンダード口座もしくはマイクロ口座の開設をお勧めします。

次に、ご自身の投資歴や投資資金の金額によって、スタンダード口座かマイクロ口座を選択します。

投資初心者の方や、投資資金1万円以下でFX投資をコツコツしたいという方には、小ロットでの取引が可能なマイクロ口座が向いています。

ある程度FX投資の経験がある方や、投資資金が10万円以上である場合には、スタンダード口座での取引がおススメです。

スタンダード口座とマイクロ口座は1ロット辺りの取引数量以外、レバレッジやスプレッドなどは基本的に同じとなっています。

なので、どの口座タイプを選べばいいか迷われている場合は、少額投資ならマイクロ口座、本格的な投資ならスタンダード口座、と考えていただければいいと思います

ZERO口座の場合、レバレッジの制限やボーナスの獲得ができないというデメリットがありますが、その分スプレッドが狭く、ECN口座の特徴である約定力の高さを兼ね備えています。

また、取引手数料を含めても、トータルでの取引コストは他の口座タイプと比べるとZERO口座のほうがややお得となっているので、より本格的なトレード環境を求めている上級者にはZERO口座の利用をおススメします。

尚、すべての口座タイプにはゼロカットが採用されているので、追証(借金)の発生がありません。

自己資金を超えて損失が発生しないので、ハイレバレッジの取引でも安心です。

最後に両建て行為についてですが、同じ口座内での両建ては可能です。

しかし、別々の口座を使った両建て行為は禁止されているので、この点に注意してください。

XMTradingの口座は複数開設できる

最初にどの口座タイプを選んだ場合であっても、別の口座タイプを新たに開設することができます。

別の口座を開設するには、まずXMTradingの会員ページから「追加口座を開設する」をクリックしてください。

次に、取引口座詳細欄に取引プラットフォームや口座タイプなどを選択し、パスワード(大文字を含む英数字)を入力後、利用規約の同意にチェックを入れて「リアル口座開設」を押して送信、身分証等の提出不要で即座に口座開設が完了します。

XMTradingでは無料で最大8口までの口座開設が可能なので、口座を使い分けたい方には追加口座の開設をおススメします。

また、一度開設した口座であっても、会員ページよりすぐに解約することができます。

口座の解約は会員ページの「マイアカウントの概要」より「オプション」をクリック、「オプション」画面の一番下にある「口座を解約する」から口座を解約してください。

スタンダード口座がオススメな理由

さて、ここまでXMTradingで提供されている3タイプの口座の解説をしてきましたが、3タイプのなかで最もおススメの口座といえるのがスタンダード口座です。

スタンダード口座は1000通貨から500万通貨の取引が可能なので、少額投資を含めて様々なトレーダーに対応している口座といえます。

ZERO口座と比べて、レバレッジも最大888倍利用することができるので、業界最高水準のレバレッジを提供しているXMTradingの強みを十分に発揮することができます。

スタンダード口座はSTP方式という一般的にはECN口座よりも約定力が低いとされている口座ですが、XMTradingの場合はどの口座タイプであっても約定拒否なしという特徴があります。

XMTradingは“全取引の99.35%が1秒以下で執行”という大きな強みがあるので、例えSTP口座であっても約定力の高さは保証されています。

なので、レバレッジ差を除くとZERO口座を使うメリットはあまりないともいえます。

また、スタンダード口座のレバレッジは、ドル円やユーロドルといったメイン通貨ペアであれば1.5pips~3pips程度なので、NDD方式を採用している海外FXのなかでもそこまでスプレッドが広いわけではありません。

海外FXが初めてという方も、すでに他の海外FXを利用しているという方にも、XMTradingのスタンダード口座はかなり優秀なので是非一度利用することをおススメします。

まとめ

今回は人気海外FX業者XMTradingが提供している3タイプの口座を紹介させていただきました。

XMTradingでは様々なタイプのトレーダーが利用できるスタンダード口座、FX初心者や少額でコツコツ取引したい人に向けたマイクロ口座、取引コストを抑えたいという上級者におススメのZERO口座が用意されています。

初めてXMTradingを利用する方には、豪華なボーナスが獲得できるスタンダード口座かマイクロ口座の開設がおススメです。

スタンダード口座とマイクロ口座のどっちがいいかわからない場合は、まずは最もおススメのスタンダード口座を開設し、後から別の口座を追加で開設するという選択肢もあります。

今回ご紹介したすべての口座はゼロカットが採用されているので追証の発生はありません。

そして、最大レバレッジ888倍(ZERO口座除く)から1倍まで自分で選択することも可能です。

また、XMTradingではすべての口座でMT4かMT5のどちらかを選択できるので、より高機能な取引プラットフォームのMT5を使いたいという方はMT5用の口座を開設してみてください。

MT5口座はMT4よりも様々な時間足での分析が可能になるうえ、MT4に比べると更に動作速度も速くなっています。

XMTradingなら別口座の開設は無料、口座間の資金移動も会員ページからすぐに行えるので、今回の記事で他の口座タイプに興味を持たれた方は是非追加口座を開設してみてくださいね。