GemForexでスキャルピングにより凍結しないための注意点とノースプレッド口座がオススメな理由

GemForexは、スキャルピングを許可している、スプレッド幅の狭い海外FX業社です。スキャルピングがメインのトレーダーならば、気になる業者の一つに上がっているのではないでしょうか。

ただ魅力的なGemForexですが、スキャルピングで取引をする際に、注意をしなければいけない内容もあります。凍結をするのだけは避けたいところです。

そこで今回の記事では、GemForexでスキャルピングをする際の注意点と禁止事項について、わかりやすくまとめました。ノースプレッド口座がオススメな理由と合わせて確認してください。

GemForexはスキャルピングを認めている

GemForexはガイドラインでスキャルピングを認めています。スキャルピングを禁止している業者もありますが、GemForexならば取引を行えます。ただし、利用にあたっては、注意点と禁止事項がありますので、事前に確認をしておきましょう。

GemForexでスキャルピングをする際の注意点や禁止事項

まずは、GemForexでスキャルピングをする際の注意点について解説をします。

1.両建てできないケースがある(オールインワン口座、ノースプレッド口座、両口座に適用)

GemForexは、両建てを認めている業者です。しかし、認められているのは、同一口座内での両建てのみ、次のような両建ては禁止されています。

  • GemForex内の別の口座を利用した両建て
  • 別業者の口座を利用した両建て

上記の両建てを利用したスキャルピングは、利用ができません。また、スキャルピングに限らず、このような両建てを、GemForexでは認めていません。これは「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」どちらにも共通している注意点です。GemForexで両建てをするときは、同一口座内のみにしてください。

2.スキャルピングEA自体の停止(オールインワン口座のみ適用)

オールインワン口座に関しては、スキャルピングを多用するEA(自動売買)にも注意が必要です。スキャルピングを多用するEAを多くのトレーダーが利用すると、それだけサーバー側に不可がかかります(注文数が増えるため)。負荷がかかると、他のトレーダーに迷惑がかかることもあることから、急遽停止措置を執行することもあるようです。

設定していたスキャルピングEAが、いつの間にか停止していたということも考えられます。利用をする場合は注意をしましょう。ノースプレッド口座では、EAの利用はできませんので関係はありません。

1.事前連絡なしの大口lot取引(ノースプレッド口座のみ適用)

GemForexでスキャルピングをする際は、サーバーに影響がでるような大量注文をしてはいけません。

  • 短期間(5分が目安)による、往復合計10lot以上の連続取引

オールインワン口座でスキャルピングをする際は、特に事前連絡を求めていません。ただし、上記のような利用により、サーバーの執行能力に支障が出ると認められると、取引が停止される場合があります。

ノースプレッド口座の場合、上記取引量のスキャルピングを行う可能性がある際には、必ず事前連絡をし、許可を取る必要があります。許可を得ずに取引を継続すると、予告なく取引中止となるかもしれません。

両口座ともに、サーバーに影響がでるほどの取引量は、利用規約第12条10項「第三者のプライバシーを侵害する行為」に抵触する可能性があります。もし該当すると認められた場合、利益に関してのみ出金ができなくなることもあるため、取引量には十分注意をしてください。入金した元本のみの返金になってしまいます。

また入金ボーナスや、初回口座開設で得たボーナスで利用していた場合で利益がでたとしても元本処理がされません。さらには、禁止行為を行ったとみなされた場合、それに対する異議申し立ても認められていないようです。ただ、要は禁止された行為をしなければ問題ないのです。サーバーに影響をもたらすような取引量は、相当の資金がなければ、できるものではありません。そこまで強く意識をする必要はありませんが、オールインワン口座を利用するときは、事前連絡が必要ということだけは、忘れずに覚えておいてください。

2.相場が急変するときだけを狙った取引(オールインワン口座、ノースプレッド口座、両口座に適用)

GemForexでは、強い影響をもたらす経済指標や、月に1度あるアメリカの雇用統計だけを狙った取引を禁止しています。

もちろん、このときに取引をしてはいけないわけではありません。このときだけを狙った取引を禁止しています。スキャルピングをする際は、大きな急変を利用することもありますが、その時だけで取引を行うことのないよう注意してください。

GemForexでは、特に相場が急変したときのみを狙った取引について、詳しく回数などの記載はしておりません。相場の急変だけで稼いだ場合も、出金依頼をキャンセルされることがあります。

3.スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙う(ノースプレッド口座のみ適用)

後ほど詳しく説明をしますが、ノースプレッド口座は、スプレッド幅が非常に狭いという特徴を持っています。そのノースプレッド口座で、0.0pipsのタイミングを意図的に狙った取引は禁止です。スキャルピングをするときは、どうしても狭いpipsを狙いたくなりますが、そのタイミングのみを狙っていてはいけません。平均的な取引をするようにしましょう。

またGemForexでは、0.0pipsを狙った取引と同様、提供されているサービスやシステムの盲点をついた悪質な取引を当然ながら禁止しています。スキャルピングに限らず、取引をするときは正々堂々と行うようにしましょう。

Gemforexでスキャルピングをするならノースプレッド口座がオススメ

スキャルピングで取引をするのならば、ノースプレッド口座が断然オススメです。取引量が増えることから、スプレッド幅が狭い方が、稼げる金額が増えるのは当然と言えます。まずは、オールインワン口座とノースプレッド口座の違いから確認をしていきましょう。

オールインワン口座 ノースプレッド口座 相違点
基本通過 USD/JPY USD/JPY 相違なし
lot数 0.01lot~ 0.01lot~ 相違なし
初期預託金 100円($1~) 300,000円($3,000~) ノースプレッドは初回入金が300,000円以上必要
レバレッジ 1000倍 1000倍 相違なし
主要通貨のスプレッド 1.5pips~ 0.0pips~ ノースプレッドはスキャルピングに圧倒的有利
手数料 無料 無料 相違なし
予約注文 指値、逆指値 指値、逆指値 相違なし
チケット単位のlot制限 30lot 30lot 相違なし
ヘッジ可否 可能 可能 相違なし
EA・ミラートレード 可能 不可 ノースプレッドは利用できない
ボーナス あり なし ノースプレッドはボーナスなし

上記の通りですが、ノースプレッド口座の方は初回入金額を多額に用意する必要があります。そのため、オールインワン口座は初心者よりの口座、ノースプレッド口座はFXに慣れてきた人が利用する口座と考える方が多いです。

ノースプレッド口座は、ボーナスを利用することも、EAを利用することもできない口座となっています。ただし、スキャルピングに最も重要な、魅力的なスプレッド幅を持っています。次の表は、スプレッド幅を比較した表です。

オールインワン口座 ノースプレッド口座 スプレッド幅の差
EUR/USD 1.5 0.3 1.2
USD/JPY 1.5 0.3 1.2
GBP/USD 2.2 1.3 0.7
USD/CHF 1.9 0.3 1.6
AUD/USD 1.5 0.3 1.2
USD/CAD 2.0 0.8 1.2
NZD/USD 1.8 1.1 0.7

一目瞭然です。スプレッド幅が違いすぎます。Gemforexでスキャルピングをする場合は、ノースプレッド口座がオススメです。

ただし、最初の入金額が300,000円必要となります。スキャルピングをする場合は、ノースプレッド口座をオススメしますが、FXを始めて間もない人ならば、お手軽に利用できるオールインワン口座の方がいいかもしれません。オールインワン口座で300,000円稼いでからノースプレッド口座を開設することもできます。Gemforexでは、4つまで口座を開設できますので、自分のレベルに合わせた口座を利用するようにしましょう。

ただ、スキャルピングをする場合は、圧倒的にノースプレッド口座が有利なのは間違いありません。

まとめ

Gemforexでは、スキャルピングを許可しています。ただし、スキャルピングをするのならば、以下の点に注意をしてください。

  • 禁止された方法で両建てをしない
  • スキャルピングEAを利用する場合は注意をする
  • ノースプレッド口座で大口lotのスキャルピングをするときは、事前連絡を行う
  • 取引量に気を付ける
  • 相場の急変のみを狙わない
  • 0.0pipsを意図的に狙わない
  • 取引規定に禁止された取引を行わない

Gemforexでスキャルピングをするのならば、以上の点に注意して、ノースプレッド口座で行うことをオススメします。

ただし、スキャルピングにはノースプレッド口座がお得ですが、FX初心者には、ボーナスが付いているオールインワン口座も魅力的です。

自分の取引に合った口座を選択するようにしましょう。スキャルピングでの取引は、ある程度の経験が必要です。まずは、オールインワン口座で資金をためてみてはいかがでしょうか。Gemforexのボーナスを利用すれば、その目標も夢ではありません。Gemforexは、どちらの口座も魅力的です。