GemForexのノースプレッド口座での自動売買(EA、ミラートレード)はNG、デメリットとメリットを解説!

GemForexは、低スプレッド・最大1000倍レバレッジで人気のFX業者です。口座タイプのうち、ノースプレッド口座は名前通りスプレッドが特に狭い仕様になります。しかし、スプレッドが狭い=最適な口座とは限りません。

口座毎に仕様が違うため、取引も変わります。GemForexでのノースプレッド口座は裁量トレードを考えている方にオススメです。その理由とメリット&デメリットを分かりやすく解説します。

ノースプレッド口座とオールインワン口座との違い

口座タイプ ノースプレッド口座
オールインワン口座
初回入金額 100円 30万円
自動売買(EA) なし あり
最低スプレッド 0.0pips 1.5pips

上記の表の通りノースプレッド口座とオールインワン口座の違いは3つです。

  • 初回入金額
  • 自動売買
  • 最低スプレッド

これらが、実際の取引にどう影響するかは「メリット・デメリット」として後述します。
一方でオールインワン口座との共通点は多いです。


【ノースプレッド口座とオールインワン口座の共通点】

証拠金通貨 ドル・日本円
最小lot 0.01lot
最大lot 30lot
最大レバレッジ 1000倍
取引手数料 無料
両建て あり

上記の仕様は、GemForexの全口座共通です。
(※期間限定のレバレッジ5000倍口座は除く)

ノースプレッド口座のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 最低スプレッド0.0pips
  • 取引手数料が「無料」
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 自動売買(EA)が出来ない・ミラートレードが使えない
  • ボーナスキャンペーン対象外
  • 初回入金が30万円

ノースプレッド口座のメリット・デメリットをまとめると「裁量トレーダーにとって低コスト特化の口座」です。

ノースプレッド口座のメリットは「低コスト特化」

ノースプレッド口座は、低コスト化が最大のメリットです。

その理由は、最低0.0pipsからのスプレッドを実現するECN方式の口座で「取引手数料無料」だからです。
例えば他社のノースプレッド口座(ECN)では取引手数料が発生します。

同じECN方式(直接取引によって低スプレッドになる方式)を採用していながら、取引手数料を無料化しているのは高評価です。さらに、他社であればレバレッジ制限される場合が多いですがGemForexではオールインワン口座と同じ「最大レバレッジ1000倍」と据え置きになります。

ノースプレッド口座のデメリット「裁量トレーダー向け」

ノースプレッド口座のデメリットは「裁量トレーダー向け」の仕様である事になります。

なぜなら、ノースプレッド口座では自動売買(EA)が使えないからです。
また、初回入金額が30万円と高めに設定されているので中級者以上の裁量トレーダー向けと言えます。
※GemForexが提供する「ミラートレード」もノースプレッド口座では使えません。

  • 自動売買(EA)で運用したい
  • FX初心者・少額資金

上記に当てはまる場合は、オールインワン口座でもスプレッドは十分狭いためオススメです。

ノースプレッド口座の平均スプレッド

■ポイント

  • 相場次第でスプレッドは「最小0.0pips」
  • ノースプレッド口座は平均スプレッドも狭い
  • スキャルピングも出来る

【ノースプレッド口座 スプレッド一覧】

通貨ペア 平均スプレッド 最小スプレッド
USD/JPY 0.3pips
最小0.0pips
EUR/USD 0.3pips
CHF/JPY 1.5pips
AUD/CAD 2.4pips
AUD/JPY 0.6pips
AUD/NZD 1.9pips
AUD/USD 0.3pips
AUD/CHF 1.4pips
CAD/JPY 1.2pips
EUR/AUD 1.5pips
EUR/CAD 2.0pips
EUR/CHF 0.7pips
EUR/GBP 0.3pips
EUR/JPY 0.5pips
EUR/NZD 3.1pips
EUR/ZAR 68.3pips
GBP/AUD 3.1pips
XAG/USD 2.0pips
GBP/JPY 1.0pips
GBP/USD 1.3pips
GBP/NZD 2.9pips
GBP/CAD 2.4pips
NZD/JPY 1.2pips
NZD/USD 1.1pips
USD/CAD 0.8pips
USD/CHF 0.3pips
USD/CNH 17.3pips
USD/HKD 13.3pips
USD/SGD 3.2pips
USD/TRY 20.3pips
USD/MXN 53.3pips
USD/ZAR 15.0pips
ZAR/JPY 2.2pips
XAU/USD 2.1pips
XAG/USD 2.0pips

平均スプレッドの総評

GemForexでは、平均スプレッドがかなり狭くなっています。
スプレッドが狭い仕様で、自社で平均スプレッドを公表している事から信頼性も高評価です。

取引手数料が必要ない上、このスプレッドを提供しているのはGemForexのみと言えます。
海外FX業者でこの水準のスプレッドなら、レバレッジ1000倍も使える事も踏まえると国内FX業者と差はほとんどありません。

スキャルピングは特に制限なし

Q スキャルピングは認めていますか?
A はい、特に制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、メッセージ数を減らしていただくようお願い申し上げることがございます。また、場合によっては利用規約、ガイドラインに沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え頂いた方が無難です。

引用:【GemForex公式Q&A】https://gforex.asia/faq.php

GemForexでは、「スキャルピング可能です」と公式で認められています。

しかし、一部の取引方法では「取引回数の制限」「口座凍結」の対象となる仕様です。

  • サーバーに負荷がでる程の高頻度取引
  • 自動売買を使用した取引
  • 複数口座の両建て「アービトラージ」

根本的に、自動売買がノーススプレッド口座では禁止されているので「制限対象になる高頻度取引」となる可能性は低いです。
しかし、具体的にどのぐらいの期間で何回の取引をすると制限があるのかは決まっていません。

複数口座を使った両建てに関しては、GemForexの各口座及び他社においても禁止されているので注意しましょう。
発覚した場合は、無期限の利用停止となる可能性が極めて高いです。

ノースプレッド口座の注意点

■注意点

  • 自動売買(EA、ミラートレード)はNG
  • ボーナスやキャンペーンは対象外

GemForexのノースプレッド口座では、上記の注意点があります。

自動売買禁止の規約に注意

オールインワン口座との、大きな違いとして「自動売買(EA、ミラートレード)」が禁止されていますので注意しましょう。
なぜなら、規約上は禁止でもMT4の仕様によって意図せず自動売買を使ってしまう可能性があるからです。

MT4は、拡張性の高さから世界標準の取引ツールとして愛用されています。
インターネット上でダウンロードする事で、気軽に新しい機能を追加できる仕様です。

なかには、自動売買機能を応用して「一括決済」「予約注文」といった機能に互換させている場合があります。
これを使う場合、厳密には自動売買でなくともMT4上では自動売買としてログが残りますので気を付けましょう。

本人の意図を問わず、自動売買を利用していると判断された場合はノースプレッド口座の規約違反になる可能性があります。
※インジケーターは問題ありません。

ボーナスキャンペーンの対象外

GemForexでは、「新規口座開設キャンペーン」や「入金ボーナス」と言ったお得なキャンペーンを不定期で開催しています。

しかし、毎回のキャンペーンで共通して対象となる口座は「オールインワン口座のみ」です。
つまり、ノースプレッド口座ではボーナス付与が受けられません。

また、新規口座開設キャンペーンでは初回でオールインワン口座を開設する条件があります。
後から追加口座として、オールインワン口座を開設してもボーナス対象外です。

GemForexの口座を作る場合は「先にオールインワン口座を開設→追加でノースプレッド口座を開設」といった流れが最もお得です。

約定力とロスカット基準について

  • 約定率99.78%!
  • 証拠金維持率20%以下で強制ロスカット

GemForexでは、口座を問わず「約定率99.78%」を実現しています。
約定率は、約定スピードや約定力など他の言葉がありますが全て同じ意味の「注文がしっかり通るFX業者の能力」を指します。

基本的には、100%に近いほど正確に注文を通すFX業者と評価できます。
GemForexは約定率が高く、公式では0.7秒以内に注文が約定すると公表しています。

また、ロスカット基準についても「証拠金20%以下」と極論、資金が尽きるギリギリまでフル活用できると言えます。
GemForexでは、全口座最大レバレッジ1000倍を採用しながら、ロスカット基準まで共通です。

レバレッジが高い口座やスプレッドが狭い口座は、何か制限を設けるのが一般的ですがGemForexのノースプレッド口座にはありません。

まとめ

  • ノースプレッド口座はスプレッドが狭い
  • 自動売買(EA・ミラートレード)をしたい場合はオールインワン口座
  • ボーナスキャンペーン以外の制限は変わらない

ノースプレッド口座がオススメなのは、最大レバレッジ1000倍と狭いスプレッドを生かして「裁量トレードをしたい」といった方です。

やはり、GemForexのノースプレッド口座は「取引手数料無料で最小0pipsのスプレッド」が最大の魅力と言えます。
他のFX業者では実現していない内容だからこそ、そのメリットが大きいです

一方で、自動売買非対応といったルールもあるので「自動売買で効率よく運用したい」といった方はオールインワン口座一択です。トレード目的別にGemForexの口座は選びましょう。