GemForexのロスカット水準と証拠金維持率を分かりやすく解説

今回はFX初心者の方に向けて、GemForexのロスカット水準と証拠金維持率を詳しく解説していきます。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定以下になったときにFX会社によって強制的に決済される仕組みのことで、これは投資家を必要以上の損失から守るために導入されている制度です。

証拠金維持率とは、ポジションを保有する際に必要な証拠金に対する口座残高の割合のことで、この証拠金維持率が高いほどロスカットがされにくいということになります。

つまり、必要証拠金に対して投資資金が多ければ多いほど、証拠金維持率に余裕ができるということです。

証拠金維持率の計算式
証拠金維持率=証拠金/必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)×100

それではGemForexのロスカット水準などの基本的な知識を解説したうえで、ロスカットされないための考え方をご紹介します。

ロスカットとマージンコールについて

GemForexのロスカット水準は20%、海外FXでは一般的なロスカット水準となりますが、国内FX会社と比較した場合、かなり低い水準となります。

ロスカット
外為オンライン 20%~100%
ゴールデンウェイ・ジャパン 50%
JFX 100%
SBI証券 30%

また、マージンコールは50%の設定となります。

GemForexのロスカット水準とマージンコール

ロスカット水準 20%
マージンコール 50%

マージンコールとは、ロスカット水準が近づいていることを知らせる警告のことです。

マージンコールを受けた場合は証拠金維持率をあげるために資金を追加するか、ポジションを決済することでロスカットを回避するという選択肢を取ることもできます。

証拠金維持率を事例を交えて分かりやすく解説

それでは、証拠金維持率とロスカット水準について具体例と共に解説していきたいと思います。

まずは、GemForexでドル円を買った場合の必要証拠金とロスカット水準を見てみましょう。

110円/ドル 1lot(10万通貨)の取引に必要な証拠金=11,000 円

GemForexは最大レバレッジが1000倍と、元々レバレッジが高い海外FXのなかでもトップクラスにレバレッジが高いので、必要証拠金がかなり少なくて済みます。

まずは証拠金維持率100%となる投資資金11,000円、1lot(10万通貨)、レバレッジ1000倍でロングした場合、どれくらいでロスカットされるかを見てみましょう。

証拠金11,000円で110円/ドル 1lot(10万通貨)でロングの場合

ロスカットレート:109.912円/ドル
最大損失:8,800 円

つまり、仮にスプレッドが0pipsだと仮定して、エントリーから8.8pips下がってしまうとロスカットされて-8,800円となり、口座残高が2,200円しか残らない計算です。

8.8pipsくらいはすぐに動くので、すぐにロスカットされてしまう可能性も高く、非常に厳しい条件だといえます。

次に、先ほどの10倍の資金量、証拠金維持率1000%となる110,000円で1lot買った場合のロスカット水準を見てみます。

証拠金110,000円で110円/ドル 1lot(10万通貨)をロング

ロスカットレート:108.922円/ドル
最大損失:107,800円

107.8 pipsでロスカットされるため、先ほどよりもかなり余裕が出てきました。

このように証拠金維持率が上がるほど(必要証拠金に対して投資資金が多くなるほど)、含み損に耐えられる範囲が広がり、取引に余裕を持たせることができます。

尚、相場のボラティリティが高まってて注文が間に合わない場合には、20%を下回ったタイミングでロスカットされることもあります。

その場合、口座残高がマイナスになる場合もありますが、追証は発生しません。

何故追証が発生しないかというと、GemForexはゼロカットシステムを採用しているからです。

ゼロカットシステムとは、口座残高を超えるマイナスはFX会社が負担する仕組みのことで、これにより投資家個人が多額の追証を負うリスクがありません。

ゼロカットがあることにより安心して取引を行うことができます。

ゼロカットが適用されない規約違反の事例

規約違反を犯す取引を行った場合、ゼロカットが適用されない場合があります。

主な規約違反となるのが両建て行為です。

両建てとはドル円の買いと同時に売りを入れて、同時に両方の取引を行う行為のことです。

これにより、損益を相殺することができることが主なメリットとなります。

この両建て行為についてですが、GemForexでは複数の口座間もしくは複数の業者間で行う両建て行為を固く禁止しています。(一つの口座内で行う両建て行為についてはOKです。)

なぜ上記のような取引が禁止されているかといえば、両建て行為を意図的に行うことでゼロカットシステムを不正利用することが可能となるからです。

例えば、相場が大きく動くタイミング(雇用統計時など)を狙って、Aの口座で買い、Bの口座では売りを入れておけば、ゼロカットで損失が限定された条件で大きな利益を狙うことが可能となります。

そのような取引が発覚した場合、追証が発生することはありませんが、少なくとも利益は没収、最悪の場合は口座凍結となるので注意してください。

ロスカットされないための考え方

それでは、ロスカットされないための考え方をご紹介していきます。

低いレバレッジでの運用

ロスカットされないためにまず大事なポイントとして、証拠金維持率ギリギリとなるような取引をやめて、低lotで取引することが重要です。

実行レバレッジを下げることで、証拠金維持率をあげることができ、同時にロスカットのリスクを下げることができます。

実行レバレッジの考え方

実行レバレッジとは、最大レバレッジに対して実際どれくらいの割合でレバレッジを使用してるかという考え方になります。

例えば、前述したようにGemForexでは1000倍のレバレッジが可能なので、110円/ドルを1lot取引するのに11,000円で取引することができます。

しかし、これはあくまで最大レバレッジ1000倍をフル活用した場合の話で、先ほども述べたように8.8pips逆方向に動いただけでロスカットされてしまうのであまり良い取引方法とはいえません。

それでは仮に、これを実行レバレッジ10倍で取引した場合はどうでしょうか?

資金1,100,000円で1lot取引した場合、実行レバレッジは10倍となり、GemForexの場合、約1078pipsの含み損に耐えられるくらいの余裕が出てきます。

これが、実行レバレッジを低いレバレッジの状態で取引する考え方です。

これであれば、ハイレバレッジの低い必要証拠金というメリットを存分に生かしながら、尚且つロスカットされにくい取引を行うことができるのです。

最大レバレッジを活用する考え方

最大レバレッジが高いほど少ない証拠金で大きな取引ができます。

そして、最大レバレッジが高いほど証拠金維持率が高くなりますので、同じ取引量でもレバレッジが高いほどロスカットされにくいということに繋がります。

ロスカットされないことに重点を置いた場合、重要となる考え方が後者の考え方です。

国内FX業者とGemForexを比較してみると、最大レバレッジによる違いがわかります。

同じ100万円を使って、110円/ドルを1lot(10万通貨)買った場合、証拠金維持率が100%を割るレートは以下の通りになります。

GemForex(レバレッジ1000倍)=100.11円 (989 pips)
国内FX(レバレッジ25倍)=104.4円 (560 pips)

※FX証拠金シミュレーターにて計算

http://fxsoft.x0.com/fxsimu/

このように、同じ取引でもレバレッジが高いGemForexのほうが、より証拠金維持率に余裕があることがわかります。

これが、最大レバレッジが高いほどロスカットされにくい理由の一つです。

逆指値を入れる

ロスカットされないようにするには逆指値注文(損切注文)をしっかり入れておくということも大事です。

逆指値注文を入れておくことでロスカットされる前に損失を確定することができ、損失が必要以上に膨らむリスクを防ぐことができます。

資金を追加する

資金を追加する(追証を入れる)と証拠金維持率を直接あげることができるためロスカットはされにくくはなりますが、あまりオススメはしません。

海外FXは追証がないことが大きなメリットなので、追証を入れるのはこのメリットをなくすことと同じです。

含み損が拡大してマージンコールが発生している場合は、資金を追加して延命処置するよりも、ポジションを整理して一旦立て直すほうが大事といえるでしょう。

ロスカットという視点で見た時のGemForexの魅力

GemForexは最大レバレッジが海外FXのなかでもかなり高く、ロスカット水準も以前は50%の時期もありましたが、現在は20%となっています。ロスカットされにくい海外FX会社といえます。

また、ゼロカットもあるので、万が一の場合も追証を負う可能性がないので安心です。

「最大レバレッジ1000倍」「ロスカット水準20%」はロスカットリスクの面から考えても、大きな武器となるでしょう。

まとめ

GemForexは最大レバレッジが高くロスカット水準も最低基準となっているので、他社よりもロスカットのリスクがかなり低い会社となっています。

ですが、最大レバレッジを使って取引していては、すぐにロスカットされてしまいます。

ロスカットを避けるために重要となるのが、「実行レバレッジを低くする」、「逆指値をちゃんと入れる」という2つのポイントです。

実行レバレッジを低くするには必要証拠金に対して投資資金を多めに投入する、もしくは投資資金に対して少ないlot数で取引するといったアプローチが有効です。

また、逆指値を入れておくことで損失を限定し、必要以上に損失が膨らんでしまうリスク(ロスカットされるリスク)を防ぐことができます。

GemForexのレバレッジの高さを生かしながら、これらのポイントをしっかり実行してロスカット対策を行いましょう。