モーニングレポート 2022.11.30

米国債利回りの上昇を背景に、ドル底堅い
為替相場では、ドルインデックスが小幅に上昇。米国債利回りの上昇などを眺めてドルに対する買い意欲が強まる展開となっています。ただ、積極的に買い進む勢いはなく、上値の重い展開となっています。現状ユーロ/ドルは1.03ドル台前半、ポンド/ドルは1.19ドル台半ばでそれぞれ推移しています。円は買われやすい地合いとなっています。米株が上値の重い展開となったことでドル/円が軟調地合いとなり、クロス円も売り圧力がくすぶる展開となっています。一方、オセアニア通貨は底堅い動きが展開されています。現状ドル/円は138円台半ばから後半、ユーロ/円は143円台前半、ポンド/円は165円台後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2022.11.29

米株軟調で、円買い優勢
為替相場では、ドルインデックスが上昇。ユーロなどに対する買いの動きが強まり、下落する場面もありましたが、米国の金融引き締めに対する思惑からドルに対する買いの動きが強まる展開となっています。目先はユーロ/ドルは1.03ドル台半ば、ポンド/ドルは下げ幅を拡大して1.20ドルを割り込み、1.19ドル台半ばでの推移となっています。円は買い優勢の流れとなりました。ドルインデックスの上昇を受けてドル/円は下げ幅を縮小しましたが、マイナス圏での推移となっています。米株安を眺めて円に対する買い戻しの動きが強まっています。一方、クロス円はポンド/円が2円超の下落となるなど下げ幅を拡大しての推移となっています。オセアニア通貨も対円で1円を超える下げとなるなどクロス円が大きく下げています。ドル/円は138円台後半で、ユーロ/円は143円台半ばで、ポンド/円は166円台前半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2022.11.28

様子ムードの中、やや円安基調
為替相場 – 様子ムードの中、やや円安基調為替相場では、ドルインデックスが小幅に下落しています。株式市場などが感謝祭翌日のために短縮取引となる中で様子見ムードが強まり、106を挟んでの動きが展開されました。欧州時間帯からドル買いの流れが強まりましたが、NY時間帯に入り修正の動きが入り、結局106を割り込んでの引けとなりました。ユーロ/ドルは1.04ドル台前半、ポンド/ドルは1.20ドル台後半でそれぞれ引けています。






モーニングレポート 2022.11.25

様子見ムードの中、円買い優勢
為替相場では、ドルインデックスが上値の重い展開となりました。米国が祝日となったことで様子見ムードとなる中、金融政策に対する思惑からユーロやポンドがやや買い優勢となりました。ただ、大きな動きにはなっておらず、ユーロ/ドルは1.04ドル台前半、ポンド/ドルは1.21ドル台前半でそれぞれ推移しています。円は大きく変われる展開となりました。ドル/円が1円超の下落となっていることを背景に、クロス円も上値を抑えられています。米国の金融引き締めに対する警戒感が和らぐ中で円売りの流れに修正が入る展開となっています。現状ドル/円は138円台半ば、ユーロ/円は144円台前半、ポンド/円は167円台後半でそれぞれ推移しています。






モーニングレポート 2022.11.24

米金利の先細り感強まり、ダウ急落
為替相場では、ドルインデックスが大幅下落。金融引き締めに対する警戒感が後退したことなどを受けてドルに対する売り圧力が強まり、ドルインデックスは106を挟んでの水準まで売り込まれています。ユーロ/ドルは1.04ドルを挟んでの動きとなっており、ポンド/ドルも1.20ドルを回復して1.20ドル台半ばまで上値を拡大しています。円はまちまちでの推移となっています。ドルインデックスの大幅下落を眺めてドル/円が140円を割り込み、139円台半ばまで下落する流れとなっています。ドル/円の軟調地合いを眺めてユーロ/円がつれ安となり、145円を挟んでの動きとなっています。一方、ポンド/円は168円台を回復しての動きとなるなどしっかりとした動きが展開されています。






モーニングレポート 2022.11.23

米国債利回りの低下で、ドル売り優先
為替相場では、ドルインデックスが下落。米国債利回りが大きく低下する中でドル売り圧力が強まる展開となっています。ドルインデックスは107を意識しての動きとなっており、上値の重い展開が継続しています。ユーロ/ドルは1.03ドルを回復、ポンド/ドルも一時1.19ドルを回復し、目先は1.18ドル台後半での推移となっています。ドルは対主要通貨で売られやすい地合いとなっています。円はやや買われやすい地合い。ドルインデックスの下落を受けてドル/円が141円台前半まで押し込まれており、クロス円も小幅に下落する展開となっています。ただ、クロス円は前営業日終値を挟んでの動きが展開されており、方向感は見えにくい状況となっています。現状ユーロ/円は145円台半ば、ポンド/円は167円台後半で、それぞれ推移しています。






モーニングレポート 2022.11.22

材料難の中、円安傾向再来
為替相場では、ドルインデックスが上昇。米国の利上げ継続に対する思惑から、ドルに対する買い意欲が強まる展開となっています。ただ、インフレに対する警戒感が和らぐ中で市場の見方も割れる状況であり、積極的にドルが買い進まれる展開とはなっていません。現状ユーロ/ドルは1.02ドル台前半から半ばで、ポンド/ドルは1.18ドル台前半でそれぞれ推移しています。円は軟調地合いで推移。ドルインデックスの上昇を眺めてドル/円が1円以上の上げとなり、クロス円もつれ高となっています。ドル/円は142円台を回復する動きであり、大幅上昇となっています。ユーロ/円はやや上値を抑えられているものの、145円台半ばでの推移となっています。また、ポンド/円は1円超の上昇となり168円を意識しての動きとなっています。






モーニングレポート 2022.11.21

ドル買い円買いで、クロス円はまちまち
為替相場では、ドルインデックスがプラス圏での引けとなりました。ポンドに対する買い戻しの動きが強まる一方で、金融当局者のタカ派的な発言を受けた債券利回りの上昇などを背景にドルに対する買いの動きが強まる展開となり、ドルインデックスは107を挟んでの動きが展開されました。ユーロ/ドルは1.03ドル台前半、ポンド/ドルは1.18ドル台後半でそれぞれ引けました。円は小幅まちまちでの引けとなりました。ドルインデックスの上昇を受けてドル/円は堅調地合いを維持しており、140円台前半から半ばでの引けとなっています。また、クロス円はユーロ/円が下落して145円台を割り込む一方、ポンド/円は166円台後半での推移となるなどしっかりとした動きが展開されました。全体的には様子見ムードであり、小幅まちまちでの引けとなりました。






モーニングレポート 2022.11.18

FF金利7%の可能性を睨み、ドル上昇
為替相場では、ドルインデックスが上昇。米国債利回りが大きく上昇する展開となったことでドルに対する買いの動きが強まる状況となっています。ブラード・セントルイス連銀総裁はFF金利に関して、7%の可能性にも言及しており、市場には警戒感が高まる状況となっています。こうした動きを受けて、ユーロ/ドルは1.03ドル台半ば、ポンド/ドルは1.18ドル台半ばまで下落しました。円は売られやすい地合いとなっています。ドルに対する買い意欲が強まる中でドル/円が140円台を回復しており、クロス円の下値を支えました。豪ドル/円が小幅に下落していますが、全体的には円に対する調整売りの流れが意識される展開となっています。現状ドル/円は140円台前半、ユーロ/円は145円台前半、ポンド/円は166円台前半でそれぞれ推移しています。