モーニングレポート 2022.413

インフレに対する警戒から、様子見強まる
為替相場では、ドルインデックスが堅調地合い。ドルインデックスが100を突破しての動きとなっており、ドルは底堅い動きが展開されています。ただ、インフレに対する思惑が後退したことなどを受けて米国債利回りの上値が抑えられており、ドルの上値も抑えられました。ドルはオセアニア通貨などに対して売られる流れとなる一方、欧州通貨に対しては買われやすい地合いとなっています。ユーロ/ドルは1.08ドル台前半、ポンド/ドルは1.30ドルを挟んでの推移となっています。一方、円はまちまちでの推移。ドル/円は大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まる展開となっています。朝方は米消費者物価指数を眺めてドル売り圧力が強まり、125円を割り込む動きとなりました。しかし、その後は持ち直し基調を強め、目先は125円台前半から中盤での推移となっています。ユーロ/円やポンド/円はやや上値が重く、ポンド/円は163円を挟んでの動きが展開されています。






モーニングレポート 2022.412

ドル底堅く、円独歩安基調継続
為替相場では、ドルインデックスが底堅い動き。米長期債利回りの上昇などを背景にドルに対する買い意欲が根強く、堅調地合いを維持しています。ただ、米国の消費者物価指数の発表を控えていることで、結果を見極めたいとの思惑からも、全体的にはやや方向感の見えにくい展開となっています。ユーロ/ドルやポンド/ドルは大きな動きにはなっていません。一方、円は全体的に軟調地合い。ドル/円が125円を突破して上値を拡大する展開となったことなどを眺めてクロス円も上昇基調となっており、円は対主要通貨で独歩安基調となっています。ドル/円は一時125円台後半まで上昇しており、買い優勢の流れが継続しています。目先は調整の動きが入っていますが、125円台前半から中盤での動きであり、下値の堅い展開となっています。






モーニングレポート 2022.411

日銀の金融政策の弱さから、円安継続
為替相場では、ドルインデックスが小幅に上昇。米国債利回りの上昇などと背景に、ドルは底堅い動きが展開され、ドルインデックスは一時100を超える動きとなりました。しかし、ここまでの上昇に対する調整の動きに上値が抑えられ、上げ幅を縮小しての引けとなりました。ドルは対ポンドでは買い意欲が強まったものの、その他の通貨に対しては全体的に小動きで、方向感の見えにくい様子見ムードとなりました。一方、円は全体的に軟調地合い。ポンドに対する売り圧力が強まる中でポンド/円は下落しましたが、ドル/円は底堅い動きから124円を突破しての動きとなり、ユーロ/円も135円台での推移となっています。ポンド/円は162円を割り込んでの推移となりましたが、日銀の金融政策に対する思惑から円売りの流れが継続しており、円安基調が維持されやすい局面となりました。






モーニングレポート 2022.4.8

様子見ムードも、円安再燃か
為替相場では、ドルインデックスが続伸。米長期債利回りの上昇や、利上げに対する思惑などから底堅い動きが継続されています。ただ、ここまでの上昇に対する調整の動きなどもあり、積極的に買い進まれる動きにはなっていません。ECBの金融引き締めに対する思惑から一時ユーロ/ドルが持ち直す動きとなりましたが、NY時間に入り上値を抑えられる展開となっています。結局ユーロ/ドルは1.09ドル割れの水準で推移しています。また、ポンドに対する買い戻しの動きもみられ、ポンド/ドルは小幅に上昇し、1.30ドル台後半での推移となっています。円はまちまちでの推移。ドル/円が124円を意識しての動きとなるなど、底堅い動きが展開されていますが、クロス円はオセアニア通貨が軟調となるなどまちまちとなっています。全体的には大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まっています。ただ、米株が押し戻したことで円に対する売りが意識されやすい状況となっています。






モーニングレポート 2022.4.7

米早期利上げ期待からドル上昇
為替相場では、ドルインデックスが上昇。米長期債利回りの上昇や、利上げに対する思惑などから底堅い動きとなっています。朝方はFOMC議事要旨発表を控えて前営業日終値を意識した動きとなっていましたが、発表後はドル買い圧力が強まる流れとなっています。ユーロ/ドルは1.09ドルを割り込む動きとなっており、下値を拡大しています。ポンド/ドルなども大きな動きにはなっていないものの、上値が抑えられています。円はまちまちでの推移。ドル/円が123円台後半まで上昇したことなどを受けてユーロ/円なども底堅い動きとなりましたが、商品価格が原油を中心に大幅下落となる中でオセアニア通貨などが軟調地合いとなっており、豪ドル/円などが上値を抑えられました。全体的にはやや方向感の見えにくい展開となっています。






モーニングレポート 2022.4.6

ドル堅調、円独歩安
為替相場では、ドルインデックスが上昇。米国債利回りの大幅上昇を背景に、ドルに対する買い意欲が強まる展開となっています。ユーロ/ドルは1.09ドル割れ寸前まで押し込まれており、ポンド/ドルなども1.31ドルを割り込み、1.30ドル台後半での推移となっています。ドルインデックスは99台半ばでの推移となっており、堅調地合いが継続する流れとなっています。一方、円は軟調地合い。ドル/円が123円台を回復し、123円台半ばまで上げ幅を拡大したことで、クロス円も上昇基調を強める展開となっています。ユーロ/ドルの軟調地合いを眺めてユーロ/円は伸びを欠きましたが、豪ドル/円などは1円以上の上昇となっています。日銀の金融政策に対する思惑から、円に対する売り圧力は根強く、主要通貨に対して独歩安となっています。






モーニングレポート 2022.4.5

ドルインデックスは上昇も、様子見ムード
為替相場では、ドルインデックスが上昇。ユーロに対する売り圧力が強まったことで、ドルが反射的に上昇する形となっています。ただ、全体的には大きな動きにはなっておらず、ポンド/ドルなどは1.31ドルを回復するなど、小幅に上昇しての推移となっています。ユーロ/ドルは1.10ドルを割り込むなど売り圧力が強まりました。一方、円は軟調地合い。日銀の長期金利上昇抑制策に対する思惑や、ドル買いの強まりなどを背景に円安基調が強まっています。米株の底堅い動きを背景としたリスク志向の動きも円売りの流れを強めました。ドル/円は122円台後半での推移となっており、クロス円も全般的に堅調地合いとなっています。ただ、ユーロに対する売りの流れが強まったことでユーロ/円は下落となっています。






モーニングレポート 2022.4.4

米雇用統計を背景に、円独歩安
為替相場では、ドルインデックスが続伸。米雇用統計は堅調との見方や、米国の金融引き締めに対する思惑から、ドル買い優勢の流れとなりました。ドルは特に対円で上昇基調を強め、対ユーロ、対ポンドでもしっかりとした動きが展開されています。ユーロ/ドルは1.10ドル台中盤、ポンド/ドルは1.31ドル台前半での推移となっています。一方、円は軟調地合い。米雇用統計を受けて米国の金融引き締めに対する思惑が強まり、日米の金利差の拡大が意識される展開からドル/円が上昇基調を強める流れとなっています。ドル/円は122円台半ばまで上昇しており、クロス円もそれにつれる形で上昇基調となりました。ユーロ/円は135円台を回復し、ポンド/円も160円台半ばまで上昇しています。円は対主要通貨で独歩安となっており、先行きに対する警戒感も強まっています。